白州の森で 夏の休日 ―その2―


よその家の子供ですが、はしゃいでる様子が可愛かったので。
楽しそうな夏休み。 宿題の絵日記に描くんでしょうね!



あっという間の白州滞在の今日は最終日。 山の清々しい空気と緑の盛りを満喫して、今日の夕方には休日と日常を繋ぐ中央道で帰ります。日常、と言えば、今回痛切に自分の日常を反省したことがありました。 3日目の朝、ぐっすりと良い眠りを得て鳥の声ならぬ子供たちのはしゃぎ声で自然と目が覚めました。 歳の離れた上の兄弟がいるせいか、子供の頃から夜更かしで、それは今でも変わらずその生活サイクルな私は、休日に目覚ましなしで8時台に目が覚めること自体、とっても充実感というか自分を誉めてあげたいような気分になっていたのですが、身支度を整えて階下に降りていくと子供たちの「遅いよーっ!!」のブーイングの声。 朝早く目覚め既に朝の散歩とひと暴れを済ませていた子供たちは、お腹が空いてたまらなかったようなのですが、私の起きるのを待っていた(のかな?)ようで、相対的自堕落ぶりに叱られてしまいました。自分の中に絶対的自律はあったのですが・・・・。 思えば有紀ちゃんもびしょ濡れおじさんも人の親になり、激務に明け暮れていた頃も知っているし(おじさんは今でも少しそうみたいですが)、私もそうだったし、連日遅くまで飲み明かすような生活の頃もあったのを知っています。でも、今では朝の陽ざしが似合う素敵な大人に変貌していて、相変わらず予定のない休日は午前中いっぱい眠り1週間の疲れをとるような私の今の生活をちょっと恥ずかしくも思いました。 そして有紀ちゃんが用意してくれた朝食を食べながら何だかんだと話していると、9時にワタシの携帯が鳴り・・・。 「早苗さん、まさか目覚まし?」 有紀ちゃんはどうしてこう鋭いのでしょうか。 その通り! しかも出かけた日にセットした目覚ましなので、休みの日のセット時間にしてはかなり早い時間。 「えっ?」(しどろもどろ) 「土曜日の朝に鳴るようにセットしたままで。ほら、車運転するからしっかり寝ないと・・・・」と何故か言い訳。 自分の生活ぶりを少し反省し、私も朝の陽ざしを浴びられるようにならないとなぁ、とここ数年では珍しく生活態度について真摯に考えました。 有紀ちゃんのお手製の人参のポタージュは、ちょっぴりしょげた私の気持ちに甘―く沁みわたっていきました。
しかし、あまり深刻にならないのも私の良い特徴である事も間違いありません。朝ごはんを済ませて、いざっ!、川遊びに向かいます!!






尾白川の清流。 上流には砂防堰が出来ていて川の流れは大分穏やかです。 遠くに雲を抱いて見えているのは、位置関係からすると甲斐駒ヶ岳、かな? 山の天気は変わりやすいと言うけれど、ここはこんなに晴れているのに、山にはあんなに雲があります。 またひと雨来るんでしょうかね。






水はこんなにも澄んでいます。 何もない砂地のようですが、これでも川の流れの淀みです。物凄く透明なので、まるで水面ではないように見えます。 細かく黒いつぶつぶはオタマジャクシ。 ものすごい数のオタマジャクシが生まれていました。 これがみんな蛙になるのかと思うと、ちょっと想像できない感じではないですか?





尾白川は、本当に「清流」というに相応しいほど澄みわたっていました。陽の光に水面がキラキラと輝き、景色を川面に映し出すような曇りが全くないので、陽の光は水流の動きがあるところでは反射しますが、ほとんどの光は川底まで到達してそこにある小石や砂を表情豊かに見せてくれています。 猫の眼のように表情を変える水の流れは本当に飽きることなく、何枚も何枚もその輝く様子を捉えておきたくなります。















e0168781_2415122.jpg


川の流れる音や、マイナスイオンにたっぷりと癒されて、そろそろ帰る時間が近づいてきました。 お昼をどこかで食べて家路に着く時間です。今日は本当によく晴れて、楽しい夏休み日和でした。もう少しいたいなぁ、と名残惜しさを残しつつ、尾白川を後にしました。



さて、お昼を食べようと立ち寄ったカレー屋さん(結局ここはランチの時間が終了していて入れなかったのですが・・・・)の横の野原で見た何ともメルヘンチックな光景。 きのこの森。 青々とした下草の野原にキノコがいかにもキノコらしく、にょきにょきとたくさん生えてました。 こんなの見たの初めて! 赤いトンガリ帽子を被った小人が居ても全く不思議じゃない光景です。















結局お昼は甲州街道の近くの台ヶ原宿にある古民家を改装したお食事処で食べて、子供たちは川遊びの疲れで少しお眠りモード。食事を終えて、いよいよ帰宅です。 暗くなる前に家に着きたいな、と思って3時頃に台ケ原宿を出発。都内へ帰る車ほど渋滞ポイントはなかったけれどやっぱり3連休最終日の中央道は少しのろのろ運転で、結局家に着いたのは夜の8時頃でした。





暮れ始める山並みを眺めながら。車のブレーキランプが示す通り、走行中ではなくて、渋滞でちょっと止まってた時です。

久しぶりのロングドライブ。 久しぶりの山間の空気。 久しぶりのBBQ。久しぶりの川遊び。そして、久しぶりの有紀ちゃんとの再会。 どれもこれも楽しかったです。 今年はいい夏になりそうです。

68352
[PR]
by sanaegogo | 2014-07-21 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)


<< バルテュス 最後の写真 ―密室の対話 白州の森で 夏の休日 ―その1― >>