よい子のための写真教室 vol.2
ホンマタカシさん主宰の『よい子のための写真教室』は今回で2回目。前回の1回目は受講生の自己紹介とテキストである『たのしい写真―よい子のための写真教室』の導入部分の講義がありました。前回ホンマさん(今後はホンマ先生とします。)は、「ブログやツイッターで事細かく書かないでくださいねー。」と言ってましたが、ま、全体像のリポートと言うよりは個人的な個人の提出作品についてのやり取りの記録と考察(?)なので、ま、いっかなー、と勝手に思うことにしました。お題の内容はテキストとなっているその著作を見れば何となく判るような気もするので、これもオフレコ勝手に解禁で。第2回までの課題は、『"決定的瞬間"を撮影せよ!!』と言うもので、そのお手本となるのはもちろんかのアンリ・カルティエ=ブレッソンです。ブレッソンは1932年から1952年に撮影された写真を集成して1952年に『決定的瞬間』を出版しました。この『決定的瞬間』は、仏語英訳の"The Decisive Moment"を和訳したものなのですが、そもそもの原題(仏語)は、"Image à la sauvette"で『逃げ去る映像』の意味だそうです。(因みに、この"Image à la sauvette"をGoogle翻訳してみたら、『ちゃめっ気たっぷりの写真』と出てきました。『逃げ去る映像』も意訳なのかな?)『決定的瞬間』を何とするか。この捉え方がそれぞれだったのですが、期せずしてこの『ちゃめっ気たっぷり』と言うのがブレッソンの写真の反復と同調のリズム感、流れる情景の一瞬を面白味、楽し味を込めて切り取った愉快爽快さをよく顕している言葉だったな、と感じます。ホンマ先生になぞなぞ的に、何がブレッソンっぽいか、と問われ、色々と答えを探しましたが、自分としての答えは・・・・、「流れるように目の前を過ぎていく光景の一瞬を、おやっ!とか、あれーっとか言う絶妙の構図を一瞬にして切り取り、そこにリズムや躍動感や、止まっている対称だとしても画面自体の動的な雰囲気を醸し出そうと試みる事。例えば、8mmフィルムとかだったら、次のコマが想像できるような、期待できるような、そんなヒトコマを撮影する事。『決定的瞬間』って、"構図の妙"と"次の瞬間の展開への期待感"っていうか、そんな感じだと思ってます。ブレッソンのそれを一瞬に感じるチカラはスゴイです。感覚的なものも必要なんでしょうねー。」と言うところで落ち着き、過去のライブラリーの中からいくつか選択してこの日に臨んでみました。

まず1枚目。


電車の中で眠りに落ちて、目覚めたら自分以外全員が男性、そして乱れまくって寝ていたのです。意識するより咄嗟にカメラを出して撮影しました。あの時の反射神経は自分でも今でも驚くし感心します。ブレッソン的瞬発力です。反復などのリズム感はないですが、余りにも乱れた構図がある種の破壊的リズム感を出してます。前回課題を撮影してくるように、と言われたにも関わらずの半袖の写真は、以前のものだと言う事は一目瞭然。なので、撮影者コメントの時に、「ブレッソンのような街撮りスナップを撮りたくて、カメラを持ち歩いていた時の写真です。」と聞かれてもいないのに言い訳・・・・。でもそれは事実、本当の事なのです。ブレッソンは余りにも魁過ぎて、今となってはもうある種の年配の方々に熱狂的なファンを残すのみ、とホンマ先生は言ってましたが、ワタシ自身を振り返って考えてみれば、ワタシも今でもその街撮りスナップに傾倒・熱中している訳ではないなー、と今日改めて感じました。きっと、どんな世代の若者でも音楽(今は洋楽って言葉はあるんでしょうか。)を聴き始めた年頃の頃、その入り口は何であったにせよ、ビートルズやストーンズまで遡って、辿ってきた道筋をなぞり直すような好奇心に襲われ、そして動かされるけど、ワタシにとってのブレッソンもきっとそんな感じに近いのだと思ったりしました。
本当はこれは自分にとってはトッテオキの写真だったので、これまでこういったワークショップ系のものに提出するのは控えていたんですが、ホンマ先生だし、出し惜しみをしている場合じゃないな、と『決定的瞬間』として提出した次第です。Esquire Digital Photograph Awards の最終選考にも残った記念すべき1枚でした。残念ながらダメだったんですが、『受賞した際のコメントを用意しておいてください。』とメールをいただいて、舞い上がったもんでした・・・・。それと同時に今回これにこの1枚を提出した事によって、この頃の呪縛から解き放たれたような気も、何だかしています。


本当は出そうと思っていた写真が、以下の3枚目も含めて分散拡散型(決して嫌いではない、むしろ好き)の画面だったので、急遽これに変更しました。両足が上に上がっているのにぴたっと止まっているような、だけど画面からはみ出しそうになっちゃって、画角から飛び出してどっか行っちゃいそうになってるおじさんのポジションが面白くて、(今なら「おちゃめ」と言う表現を使おうかしら。)出しました。これも半袖丸出しで、課題遂行しなかったの、バレバレですね。


因みに、最後まで迷ったのがこの写真。原宿です。拡散画面で好きな写真です。 この写真に関する評価は終ぞ知れず・・・・・。 制限された枚数に絞り込むのは、いつもながらToughな作業です。


3枚目はこれで、ブレッソンの写真の中に、いくつかの窓からオンナの人が顔を出しているものや北京での窓の写真、それに紳士が(確か・・・)電車の窓っぽいところからこちらを見ているのがありますが、それにインスパイアされていたと思います。結構この写真も好きです。サンライズ出雲を撮影したものです。これは駅のホームにいたら偶然やってきた写真を咄嗟に撮ったものですが、チャンスがあったら、もう1度、真正面から撮影しに行ってみたいものです。

49192
[PR]
by sanaegogo | 2012-03-25 00:00 | activity


<< AIT Talk Event ... Pina/ピナ・バウシュ 踊り... >>