茅ヶ崎 SPORTIFF Cafe
茅ヶ崎の東海岸にある、Sportiff。ここらしい、独特の色使いのプリントのワンピースやパンツなどを扱っているブティックで、オフィスにはとても着ていけないようなお休みの日仕様の服ばかりだけど、私も沢山持っている。青山にも店があり、通販も始め、昔に比べてかなり手広くやってるみたいだけど、何となく、感覚的に、Sportiffの服で電車には乗れない感じ。夏に車でお出かけする時の服。私にとってはそんなイメージです。

そこがカフェもやっていて、とても久しぶりに出かけてきた。車で行くのでお酒も呑めないし、この日は映画を見に行く予定にしてたので、色々頼んでシェアすると言うよりは、一人一皿きちんとしたディナーのお料理を頼んで食べる感じ。そこで、無性に「肉」が食べたくなり、ちょっぴり悩んだ挙句に私はステーキを注文した。やっぱり人間、弱ってる時は肉である。多分体が欲していたんだと思う。「ステーキ屋さんでもない店で食べるお肉は果たして美味しいのだろうか。この辺じゃ、高座豚って言うのがブランド豚で美味しいけど、ビーフの話は聞いた事がないし。」とも思ったが、付け合せのニョッキに惹かれ、注文することに。運ばれてきたステーキはなかなか美味しそう。食べてみるとお肉も柔らかくてジューシー(在り来たりの表現ですが)でなかなか美味しかった。友達と食事に行くと色々頼んでシェア形式が多いので、こんな風に外で食べるのも何だか久しぶりな感じ。「そっちはどう?こっちは結構美味しいよー。」なんてね。

店内には家族連れのグループが誕生パーティーをやっていて、きっと近所の人の集まりなんだろうね。入れ替わり立ち代り人が入ってきて、「お誕生日おめでとー。」と言うのをやってました。子供たちは途中で飽きてしまい、店内でスーパーボールで遊び始め・・・・。何が違うかと言うと、この辺りではバーカウンターがあるこんなカフェでも子供がわーきゃー遊んでる。長閑ですねー。
さて、何の映画を観てきたかと言うと、かの「宇宙戦艦ヤマト」。お正月のやることのない暇な時期に行こうと友人と話していたけど、私が風邪をひき、夜の外出は控えていたので、今日のこの日になってしまったのだ。内容の感想はもう今更なので言わないけど、結構笑えたのが2015年の設定なのに、科学技術の粋を集めた宇宙戦艦なのに、船の修理の場面に溶接をしてたり、船がかたむくぞー、と言うときその辺の機材をベルトで固定してたり、やけにレトロな艦内でした。やっぱある程度の科学考証は必要ですね。娯楽室では「でんろく豆」みたいなおつまみでお酒呑んでました。昭和の真っ只中に表現された未来の科学をミレニアム以降に再現すると無理があるのねー、きっと。トロンとかも上映されている今となっては、今の若い人にもウケる形で映画でリメイク、と言うのは無理があって、完全にその世代の人が昔を懐かしむ映画になっちゃってました。

37836
[PR]
by sanaegogo | 2011-01-09 00:00 | お店@茅ヶ崎~伊豆 | Comments(0)


<< 東京タワー 卯年によせて・・・・ >>