神楽坂 ル・コキヤージュ


神楽坂のル・コキヤージュ(Cafe Le Coquillage)へ。以前行こうと思って、念のために予約を入れたら満席です、と言われ入れなかったので、仕事を休んでしまったと言うGoatさんに席の確保を依頼した。待ち合わせの時間に行ってみたら、意外と空いていて、この手のお店は音が反響してガヤガヤとしていて会話がしにくい時があるのだけれど、丁度いい感じだった。 私たちは2人でワインを約2本。(「約」と言うのは、ボトルで頼んだ1本の他にグラスとカラフェで大体1本分かな、ってことで。) 『もう閉店なのでそろそろいいですか?』と言われるまで居座ってしまった。(と言っても22:30過ぎですが。)
Goatさんは、消耗してしまって、仕事を辞めてモザンビークに行くのだそうです。(と言っても2週間ほどらしい。)消耗している間、『自分探し』っぽい事をしていて、4月からは難民を受容れるNPOで働き始めるのだそうです。その関連で知ったボランティアのツアーで、遥々モザンビークまで人道支援のお手伝いに行くのだそうです。『こんな風に言っていいのか判らないんだけど、自分のした事に対して「ありがとう」と言ってもらえるのが嬉しい。』と話していました。その気持ちは何となく解る。仕事するって、ふたつのタイプがあると思うんですが、他者から誉められて認められる事にハマるタイプと、完全に自己満足を追及するタイプ。私は完全に後者なのですが、時々はふと確認したくなる気持ちは何となく解る気がする。Goatさんも今はそんな時なのならば、今しか出来ないと思ってモザンビークに行くことはきっと彼女の世界がまた変化していく兆しなんでしょう。モザンビークってでっかい自然保護区とか野生動物保護区があるところだよねぇ。以前の同僚でコンゴの象の保護区に象を守る仕事で旅立ってしまった子がいたなぁ。彼女とは年賀状のやりとりくらいだけど、『訪ねてみたら?』などと、無茶な事を言ってみたりした。Mother Africaの太陽を浴びて、リフレッシュしてきてくださいねー。
有給に数日間入ると言うので、先日West_riverさんからいただいた都現美の今やってる展覧会のチケットをあげた。もうひとつ、4月半ばまでやってる方は、Mr. DERACINEに渡ることになっている。それぞれ複数枚いただいたので、私も今週末出掛けてみるつもりです。いつもありがとうございます。(と、この場を借りてお礼。)
で、DERACINEさんからライブの告知をいただいたので、下記、宣伝しときます。ご興味のある方は行かれたし。


DERACINE SWING 春ライヴ
3月21日(日)桜木町・野毛ボーダーライン
境界を飛び越えたトラッド・ロック(笑)沖縄・アイルランド・アイヌ・嘉手苅林昌・ボブディラン・トムウェイツの合いの子みたいな。よろしくお願いします。
19:30から二部構成です。
音楽チャージ500円(+投げ銭)。かわと・松田・安田のトリオによる超絶の漫談。・・・できないので音楽をやります。
桜木町駅徒歩5分
野毛ボーダーライン http://borderline-noge.com/access.html

そして、弾き語りナイト
3月28日(日)高円寺・楽や
ソロで出演します。(出演2番目、19時半以降)
音楽チャージ1000円。普段バンドで演奏しない曲や新曲を中心に。三線、ギター、歌によるspringvilleな一夜をお届けします。
楽や http://www.hamq.jp/i.cfm?i=luckya&md=mb



29066
[PR]
by sanaegogo | 2010-03-16 00:00 | お店@神楽坂


<< 卒業シーズン ダース・ベイダー 現る >>