アイスバイン


『肉が食べたい・・・。に、肉を・・・・。』と言うので、肉を食べてきました。ホントはブラジルのシュラスコ屋さんに行くつもりだったのですが、店の前まで行って、サイドメニューを見たらあんまりレパートリーがないので、『うーーーん。』と言うことになり、そこは止めて、ドイツ料理の『フランツクラブ』に行ってアイスバインを喰らうことにしました。全く意外なんですが、この『フランツクラブ』、私は結構使うのに今まで拙ブログの記事に挙げたことがなかったようです。御茶ノ水の『フランチェスカーナ』の姉妹店で、ここはいつ来てもよく繁盛してます。ドイツ料理は結構好きで、ここ以外にでもちょくちょく行くのですが、実はアイスバインを食べたのは初めて。出てきてびっくり。まるでギャートルズのマンモスの肉のようではありませんかっ! マッシュポテトとザワークラウトがたっぷりと添えられていて、このマッシュポテトはクリーミーで美味しかったです。ザワークラウトはここのは単品でもよくオーダーするんですが、あまり酸っぱくなく、発酵食品にありがちなクセがなくて、他の店のが苦手な人でも大丈夫だと思います。肉を喰らった後には骨が残る・・・・。余すところなく削ぎ落として、コラーゲンもたっぷり。粒マスタードをちびちび着けながら、ぺろっと美味しくいただきました。『肉、喰ったぜ!』そんな満足感で満たされました。



久しぶりに彼女と会って、色々話をしてたんですが、話の流れの中でずばっと聞かれたのが、『さなえさんは今どんな写真を撮ってるんですか? どんなのを撮りたいんですか?』と。そう単刀直入に聞かれると、いつもしどろもどろになる自分がいます。(どんな写真を撮ってるかって・・・・、それはこっちが聞きたいわ。私の写真って、一体どんな感じ?)と、心の中で思う。『ス、スナップとか街で撮るのも好きだし、旅行に行って写真撮るのも好きだなぁ・・・。』と何ともありきたりの答えしか浮かばない。未だ自分のスタンスに陶酔しきれていないところがあるし、『そうねぇ、どんな、ねぇ・・・。』と歯切れの悪い反芻を頭の中で繰り返すのみで・・・。この事に限らず、どうも私は単刀直入でシンプルな質問に弱いようです。と言うか、その手の子供のような『何で?』とか『どんな?』とか言う間口の広いんだか狭いんだか困惑させられる質問に一言で即答する事が苦手なようです。これは何故だ? それは偏に、即答するような答えがないから熱中するって事なんでしょうか。もしくは、全然物事が地に足が着いてないって事なんでしょうかね。あれこれ色々と多角度、多局面からくどくどと語るより、ずばりっ、一言で表現できる、そんな力強さも時には必要なのかも知れませんねー。肉を食べてそう思いました。



28283
[PR]
by sanaegogo | 2010-02-14 00:00 | お店@銀座 丸の内


<< 高橋大輔 銅メダル獲得記念 William Kentrid... >>