2009年 沖縄 ―Day1―
今日から沖縄です! いつもはGWに行っているのだけど、流石に休みもたっぷり取れてしまうこの状況で流石にGWの超高い時期に無収入の状態での旅行は憚られ、ちょっとひと心地ついたこの時期に、ふらっと一人、行くことに決めました。その後、その噂を聞きつけたmachineheadが参戦し、Fridaが参戦し、現地集合現地解散、フライトも泊まるホテルもバラバラと、なんともfuzzyな、かつ、いい感じの訪沖になりました。(なので、蘭桂坊女主人には、2日にわたり空港を3往復もさせてしまうハメになり、ホントにありがとうございました!)
今回の旅の感じ(コンセプト)は、ローカルに塗れる旅。 明日はアタルが合流の前哨戦。 先ずは先乗りしたワタシタチで再会の祝杯を!と言うことで、蘭桂坊のご近所さん、竜宮通りで中山さんがやってる小桜に腰を落ち着ける事に。



やっぱ、島らっきょうでしょう。 この旅で何回いただく事が出来るかなぁ。



ここは国際通りに近いから、観光客の人も多いみたいだったけど、リピーターの人もいるようでした。一緒に呑んでた方々は地元のサラリーマンの人たちかな? 中山さんが奥さんに厨房を任せて座り込んで話しに混ざってましたねぇ。



その後、何処をどう行ったか、あまり記憶が既にないのだが、Living(と言う名前だったと思う)と言う不思議なバーに。赤い光に包まれた不思議な空間。



そのバーの窓から見える、那覇の街灯り。

最後は、これも何処をどう行ったのか、もはや全く記憶にないのだが、Romaと言うバーで。写真も全くない状態で・・・・・。お店のお客さん、26歳(だったかな?)の不動産ディーラーの宮城さんと仕事はしてないけど為替で上手いことやってる横浜から移り住んでるアワノさんと盛り上がって、Romaのバーテンダー君が最近習い始めたと言うピアノを披露してくれた。始めて1年も経ってないって?うそでしょう・・・・。 Fridaも何曲か披露。 この時既に、真弓さん(蘭桂坊女主人)は、『あたし、もう駄目。帰る。』と言って席を立ってしまっていて、全然知らない地元の常連さんと私たち、結局2時くらいまでずっと呑んでました。 “地元に塗れる”の言葉の通りになっちゃって。でも最初から少し飛ばしすぎたような気がしないでもないかも。結局私たちが店を出る時、宮城さんは潰れて寝てました。宮城さんは明日も仕事、私たちは旅行中。何だか申し訳ないですねぇ。

思えば、2008年は退職前で、この年もGWは何か落ち着かず沖縄には来れなかったので、それ以来なんだよね。 実は、何度も来ている私ですが、南部を廻った事がない。 なので、今回は真弓さんに南部の方に連れて行ってもらう事をお願いしていて、翌日がとても楽しみ。 あとは、イチデジデビュー後の始めての沖縄。たっぷりの光の中で、『偶然の1枚』が撮れるかなぁ・・・・・、と。

2007年の旅の様子は、こちらからどうぞ。

2007 Day1

2007 Day2

2007 Day3

2007 Day4

25443
[PR]
by sanaegogo | 2009-11-24 00:00 | traveling in Japan


<< 2009年 沖縄 ―Day2― This is it >>