untitled

今日、父の初七日でした。
下田から帰ったら、信濃町まで車で迎えに行くつもりにしていたのに、本当にあっという間です。
暑い中、父のためにお焼香にいらしてくれたり、園芸好きだった父が喜びそうなお花をおくっていただいたり、本当にありがとうございました。
時々、不意にこの喪失に気付いて、はっとしてしまうことがありますが、何だか未だに信じられない気持ちでいっぱい、と言うのが正直なところです。涙にくれると言うよりはむしろ、『これが終わったら、またお見舞いにいかなきゃ・・・・。』と言う錯覚は、家族誰しもが感じていたようです。きっとゆっくりとゆっくりと、それぞれのペースで、この喪失を実感して、受け入れていくのだと思います。それが何とも我家らしく、そしてそれは、いつも穏やかで不機嫌な顔を見たことがない父の人柄が育んできたもののような気がしてます。

00000
[PR]
by sanaegogo | 2009-08-21 00:00 | Comments(14)
Commented by Angela at 2009-08-23 05:24 x
さなぁえはいつも家族の話をしてくれたよね。
いつの間にか、ずっと昔から知っているような感覚におちいってたよ。

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。
Commented by Frida at 2009-08-23 08:06 x
おこがましいかも知れませんが、
さなえさんの感覚、わかる気がしました。

My heart goes out to you and your family.
Commented by Heartblue at 2009-08-23 18:48 x
さなぁえさん
すごくわかります。その喪失感や、胸にぽっかりと穴が空いたような空虚感。きっと、それは時間が解決してくれるのでしょうね。いつか楽しい記憶だけが思い出される日が来ることを、私は信じています。
さなえさんもご家族も、お疲れが出ませんように。

お父様のご冥福を、心よりお祈りいたします。
Commented by yorinka at 2009-08-23 21:54 x
なかなか実感がわかないものだよね。
私もしばらく時間がかかった気がします。
でもつくづく兄弟がいてよかったなぁ、と思ったよ。

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。
Commented by さなぁえ at 2009-08-24 01:53 x
>Angela
この度は色々ありがとう。 私も嬉しかったし、父もとても喜んでると思います。
カイも何だか理解しているようで、とても淋しそうで、妙に甘えてきます。
まーが逝ってしまって、子犬をもらって来た時に、カイをとても気に入って選んだのは、とーさんだったんです。
Commented by さなぁえ at 2009-08-24 02:00 x
>Frida
ありがとう。
当たり前の事だけど、親はいつかは逝ってしまうんだ、と言うのを身に沁みて思いました。
でも、馬鹿みたいですが、自分にこう言う事が起こるとは思ってもみなかった、と思っていたようです。
Commented by さなぁえ at 2009-08-24 02:12 x
>Heartblueさん
ありがとうね。 遠くない将来に来る事だと知っていたし、ある程度覚悟はしてたんだけど、あまりにも状況の変化が急激で、本当に呆気にとられている感じすらしました。本当に元気だったんですよ。
茅ヶ崎に帰ることを決めたのも、とーさんの事があるからだったんだけど、結局、すれ違いで終わってしまって、それが心残りです。
Commented by さなぁえ at 2009-08-24 02:25 x
>yorinka
この度は、父へのお心遣い、ありがとう。
お盆の送り火と一緒に、すーっと天に昇って行ってしまったようでした。
思えば、みんなは既に父親を見送っていたんだよね。
兄弟がいてよかった、とホントに思います。
Commented by Charko at 2009-08-24 17:08 x
いつも穏やかだったというお父様と今の茅ヶ崎の夏の雰囲気が、さなえさん家族を悲しみと共にゆっくりとした暖かな空気に包んでいるような光景が想像できます。
お父様の御冥福をお祈りいたします。
Commented by さなぁえ at 2009-08-25 01:48 x
>Charkoさん
そんな風に言ってくれて、ありがとう。
そうだね、ピーンと張り詰めた空気ではなくて、暖かくて穏やかな時間の流れみたいなものが、家族の哀しみを覆ってくれているような気がします。
Commented by maymi at 2009-08-25 16:13 x
17日間も実家に戻っていてPC一度も触らない日々を過ごしていたのですが、その間にそんなことがあったんですね。
お父様のご冥福、心よりお祈りいたします。
きっとこれからもさなえちゃんのことを天国から見守っててくれるよ。
私はいつもそう信じてます。
Commented by さなぁえ at 2009-08-26 01:35 x
>mayumiさん
お悔みの言葉、ありがとうございます。
あまりにもプライベートなので、こちらに載せるのは迷ったんですが、やっぱりご報告だけはしておこうと・・・・・。
ご心配をおかけしてます。
まゆみさんのお父様ももう天国に旅立たれて久しいですね。
(思い出します、あの頃のこと。)
天国どころか、うちの父は、今でもその辺で見守っていてくれそうな気がしてます。
Commented by nakamura at 2009-09-01 23:30 x
ごぶさたです。
大変でしたね。
日記の随所にお父さんへの愛情が感じられ、お父さんも幸せだったんじゃないかな。
お父さんのご冥福をお祈りします。
Commented by さなぁえ at 2009-09-02 01:11 x
>nakamuraさん
お悔みありがとうございます。
父も絵を描いたり、写真を撮ったりするのが好きだったので、講習会で大きくプリントしてもらった作品を父に見せに帰って来た時のことなど思い出します。


<< ねじまき鳥クロニクル untitled >>