念願のBBクリームを購入


『最近ブツ撮りが多いな・・・・。』と言うのも、お出かけをしていないからかも知れないな。
と言うツブヤキはさて置いて、念願のBBクリームを購入しました。念願、と言っても既に世の中にはかなりの勢いで出回っているので、愛用の方も多いはず。遅ればせながら、ついにワタシも、です。別の用事で買い物に行ってみて、ぶらぶらと色々と見てたら、コスメのコーナーにズラリと揃っていたBBクリーム。恥ずかしながら、“BBクリーム”と言う名称が、固有名詞の商品名ではなく、“コンシーラー”とか“ファンデーション”のように製品を表した一般名称だったと言うのは、知らなかった。色んな会社から出てるんですね、BBクリーム。何しろ、これ1本で日焼け止めからベース、そしてファンデーションにもなっちゃうと言うんだから、ズボラな私にぴったりである。あ、でも、自身の名誉のために言うと、ズボラと言うよりは、ちょっとそこまでくらいの用事でフルメイクまでいかないまでもファンデーションを塗って肌に負担をかけるのがあまり好きではないのだ。なので、スーパーに買い物に行くくらいだったら、これでOK、(勿論、コンビニはスッピンでも行っちゃう。) と思うと、使ってみるのが楽しみである。(スーパーとコンビニの差は滞留時間か?)
幸いな事(?)に、我家の家系は年齢の割にはシワが出にくいようで、(母や叔母、近いところでは姉を見てると判る。)、リンクルケアよりは戦うべきはシミである。実はもともと色白で皮膚が薄く、焼いてはいけない質なのに、子供の頃から夏は海で遊び、4年間も南の島で暮らし、帰ってきて30代を過ぎてもなお、毎年沖縄や下田の海に出かけ、学生の頃は冬は雪山。お陰でシミだらけの結果に。(自分の行動の結果に責任は持つとしても)これは隠さねばなるまい。でも本当に隠すとなるとかなり厚塗りになってしまい、うっすらでも良いのでナチュラルにカバーできる、そんな感じを求めてた訳です。因みに肩や背中はその結果、まるで“蝦夷鹿”のよう。(このまま行くと“キリン”になる!)
生憎まだ、その『ちょっとそこまで』的なシチュエーションに遭遇せず、未だ使用してないのだけど、非常に楽しみである。

因みに、BBクリームの両脇を固めるプレゼンターは、朝隈俊男の『犬の生活』シリーズ。
“悪そうな”ブルテリアのおふた方です。
(“悪そうな”はあくまでもワタシの主観で付け足しました。)


22365
[PR]
by sanaegogo | 2009-07-01 00:00 | つぶやき | Comments(0)


<< neoteny japan (... 佐藤可士和の『革新的アーティス... >>