Sigekuniya55-ベーカリーのキビナゴパン


今日、今はオフィスで今は背中合わせに座っているAngela姐さんにお土産をいただいた。武蔵境にある『Sigekuniya55-ベーカリー』のキビナゴパン。眼光鋭いキビナゴがものすごい存在感を放っていて、これはもうフィリングの域を超えている。(だいいち、“fill”どころか、飛び出しちゃってるし・・・・。) 飛び出したキビナゴと暫しにらめっこ。これはどこからいただけばいいのかしら。やっぱり頭からでしょう。
パンは齧るとさくっと、そして噛むともちっとしていて、でもって溢れるキビナゴのフレイバー。バターの風味と相まって、不思議な美味しさです。パンの仄かな甘みと魚本来の塩気がとっても相性がいい感じ。姐さんは『アンチョビよりも好きかも~。』としきりに呟いていた。シャープなキビナゴにコロッとした丸いクロワッサンがとってもユーモラスね。

21731
[PR]
by sanaegogo | 2009-05-28 00:00 | つぶやき


<< 横浜での仕事も終わり・・・・ Mamas and Papas... >>