タグ:植田正治 ( 3 ) タグの人気記事
あの時代(とき)のホリゾント ― 菊池武夫×田口淑子 Special Talk




2016.04.16 Sat - 05.22 Sun
あの時代(とき)のホリゾント
植田正治のファッション写真展
Exhibition of UEDA Shoji’s Fashion Photographs Those Screens, Those Times
http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2016/0416_3617.php
Facebook Post: https://www.facebook.com/sanaegogo/posts/10207715580145935







植田正治の写真の中でもファッション写真をフィーチャーした写真展です。植田正治の写真家としての年譜を辿ってみると、
1932年: 東京へ行きオリエンタル写真学校に入学、3ヶ月間通う。鳥取に帰郷し自宅で植田写真場を開業。
1939年: 「少女四態」を発表。
1946年: 戦後第1作「童」が朝日写真展覧会特選に入選
1947年: 写真グループ「銀龍社」に参加
1948年: 「小狐登場」発表。
1949年: 「パパとママと子供たち」2作を発表。
1949年頃: 砂丘シリーズのひとつ「本を持つボク」発表。
1950年: 「ボクのわたしのお母さん」発表。
1950年: 「妻のいる砂丘風景(III)」発表。
1955年: 代表作「童暦」のシリーズ撮影を開始。(~1970年)
1958年: ニューヨーク近代美術館でのエドワード・スタイケンによる企画展に「雪の面」を出品
1975年: 九州産業大学芸術学部写真学科に 教授待遇で就任 (~1994年)
1978年: アルル・フォト・フェスティバルに招待される。作品数点がフランス国立図書館のコレクションに入る
1979年: 島根大学教育学部非常勤講師就任(~1983年)
1983年: 最愛の妻を亡くし、同年、広告業界のアートディレクターであった次男、充氏の提案により、砂丘を背景にファッションブランドTAKEO KIKUCHIのカタログを撮影。

・・・・こうして振り返ると改めて、海外でも「UEDA-CHO」として高い評価を得た後、最晩年にファッション・フォトグラファーとして新しい展開を見せていた事を知ることが出来ます。きっかけは最愛の奥様の死。 まるで無気力になってしまい、何か月もカメラを手にしない日々が続いたそうです。しかし、世界的写真家が、身内の縁というものがあったにせよ、ファッション誌のために写真を撮り下ろすなんて、なんとも贅沢な時代だったのですね。そこに加担した人たちのエネルギーというか、パワフルさというか、雑誌にはそんな力があったのでしょうね。



この写真展では、転機を迎え、ファッション界で再び息を吹き返し、イキイキと砂丘で撮影を再開した後の植田正治さんと関わりがあった方々をゲストに招いてのトークショーが企画されていますが、何といっても菊池武夫氏でしょう。 私自身も数年前、鳥取砂丘と植田正治美術館を旅した時に購入した思い出深い写真集である〈TAKEO KIKUCHI AUTUMN AND WINTER COLLECTION '83 - '84〉からここまで、何かが繋がっていたと思うと、勝手に感慨深い思いがこみあげてきます。



菊池武夫さんは、タケ先生と呼ばれていて、とても素敵な方でした。お話を進める元ハイファッション編集長の田口淑子さん。85年にトップモデルだった小林麻美をモデルに鳥取砂丘で撮影が行われた時のエピソードを色々とお話してくれました。その時の紙面には、詩人の清水哲男さんがテキストを書いたそうです。もうこれはモード誌の域を完全に超えていますね。お茶目でいたずら心があった植田正治さんのくすっと微笑んでしまう様なエピソード、昔家族をモデルに砂丘で写真を撮っていた頃のように、何かおもちゃを持ってくるようクルーやスタッフに指示を出して、田口さんが持参したLP盤のレコードを空に向かって投げて撮影したことなど、当時の貴重な記録写真を交えてお話してくださいました。そして、私はとても、この、田口さんが「おもちゃとしても楽しく、植田正治の写真にフィットするようなモダンでシンプルで、それでいて何か温かみがあるものを。」と一生懸命考えてLP盤を選んだ、というくだりにひとしきり感激してしまったのです・・・。 空に投げられた何枚ものLP盤は、植田正治さんの「砂丘モード」の世界観にとてもよくフィットしていました。



タケ先生は植田正治さんご本人というよりは、ご子息のアートディレクターの充さんとのご関係が深かったようで、充さんを通した植田正治さんという人物像をお話してくださいました。 充さんがいかにお父様を愛していたか、父の仕事の環境を整え、思う存分好きな写真を撮れる場を創りだす事にプロとしての厳しい目を向けられていたか、いかに深い愛情で繋がっていた親子だったのかを知ることが出来ます。 中盤からは、植田先生の最後のお弟子さんの瀬尾浩司さんも加わり、植田先生と充さんのプロとしての厳しい仕事ぶりのエピソードをユーモアを交えて。 登場したどの方も、愛情に溢れていて、それは偏に植田正治さんの自分を取り巻く人への愛情深さが連鎖し、増幅していたのでしょうね。



トークの主役はあくまでも植田正治さんとご子息の充さんだったのですが、菊池武夫さんはダンディでカッコよく、とっても素敵でした。全身白の出で立ちは嫌味なところがなく、まさにお洒落な伊達男。今は廉価で買うことが出来るファスト・ファッションが主流で、ともすれば私自身もそれに流されているきらいがあるのは否めませんが、私にもかつて、服を着こなす、という事を楽しみ、自分の個性に合うブランドを選び純粋に服を着る事を楽しんでいた時代があったというのを思い出させてくれます。 高い服(もの)を買うのが豊かさではない、と最近ではよく言いますが、虚栄や見栄のためではなく、丹精込めてつくられた服を吟味して選び、その服が心底似合う様な人間性や環境を手に入れて行く事で得られる心の豊かさ、みたいなものも確かにあった時代のような気がします。(安きに流れない、といった事でしょうか。) トーク終わりに菊池武夫さんと帰りのエレベーターが一緒になり、「とても楽しいお話をありがとうございました。」と声をかけさせていただくことが出来たのも、思いがけない出来事でした。「ありがとう。」と言ってくださったタケ先生、とっても素敵でした。






この1枚は、トークの最後に「別離(わか)れの旗」のエピソードで紹介されました。 先立った最愛の奥様を慕(おも)い、砂漠の果てに向かって別れの旗を振る植田正治さんの心境なのだそうです。






77676
[PR]
by sanaegogo | 2016-04-16 00:00 | art | Comments(0)
植田正治写真美術館で大山を臨む
念願の鳥取砂丘に分け入ったその翌日、これまた念願の植田正治写真美術館まで足を延ばしました。ご存知の通り植田正治氏が砂漠劇場と称して鳥取砂丘で数々の名作を生み出していたので、ちょっとの移動で行けるものかと錯覚していたのですが、実は鳥取砂丘から美術館のある岸本という駅までは乗り換えも含めて3時間弱くらいかかるのですね。 植田正治が暮らしていた境港までは更にかかるので、家族や助手を連れて、たくさんの機材や小物を運んでの鳥取砂丘での撮影は、まさに家族旅行の小旅行さながら、子どもたちや奥さんのうきうきと楽しそうにはしゃぐ姿が想像されて、とても微笑ましくもあります。宿泊したゲストハウスから電車で行こうと思っていたのですが、ここでの夜の宴で友達になったお二人が車で境港まで行くというので、急遽便乗させてもらう事にしちゃいました。 これもこの鳥取旅行の楽しい思い出のひとつになりました。
舗装はされているけどどこまでも続く1本道をひた走り、1時間半くらいのドライブ。車窓からの田舎の景色がより一層、『遠くまで来たんだなぁ。』なんて気分を掻き立てます。そんなこんなで、ついに植田正治写真美術館に到着!です。
駐車場に車を停めて、まず見たかったのが優美な姿で佇む大山(だいせん)。中国地方の最高峰でその美しい佇まいから伯耆富士とも呼ばれ、この地方の人々に古くから愛されてきました。





植田正治自身も大山には思い入れが深く、美術館は正面の池には多くの写真家や画家のモチーフとなった「逆さ大山」を写し、各展示室からはそれぞれの大山を望むことが出来て、雄大な伯耆の自然とその景観を取り込んだ、まさに大山と渾然一体となった建築物です。1995年の開館、設計は建築家の高松伸氏です。建物の外観や自然の中での在り様については写真に収める事が出来なかったので、この度はGoogle のStreet Viewから拝借しました。本当に便利な時代になったものです。





美術館の前の道から大山を臨む。 青々とした草地(実際は畑)の彼方にまるで富士山のような大山の流麗な稜線が見て取れて美しいです。





植田正治美術館と銘打ってあるパネルと美術館。特徴的な形はどこが正面なのか俄かには判らず。 これは、1939年の作品である「少女四態」をモチーフに設計されたと言う事です。



少女四態






植田正治写真美術館のパネルと大山。 とにかく広々としています。ストリートビューの撮影の季節は定かではないのですが、きっと夏でしょうね。 私たちが訪れた日も(夏ではなかったですが)このViewのように晴れ渡っていて雲が綺麗でした。鳥取に入ってから、澄み渡った空に浮かぶ雲の変化がとても印象的です。 (あ、この車 前の画像に映り込んでいるのと同じ車ですね。 Street View こんなところが面白いです。)





美術館の全貌です。なるほど。少女四態ですな。自然の風景とコントラストをなしたとても人工的な外観です。辺りには本当に何もなく、唐突にこの美術館が建っていますが、周りの景色から浮いてしまっている感じは全くありません。それが不思議です。大山を遥かに眺めている時の植田正治の穏やかで清々しい心境を表してるかのようです。広い風景は本当に気持ちいいもんですねー。

さて、中に入ると展示してあるのは、植田正治が砂丘シリーズではないもう一つの作品群『童暦』を制作するまでに至った道筋と『童暦』の作品などを紹介したものです。

展覧会名:植田正治、〈童暦〉への道
会期:2014年9月13日(土)― 11月30日(日)
http://www.japro.com/ueda/set/09.html

『童暦』は2014年の年の瀬に東京ステーションギャラリーでの展示でも観ました。昭和のおかっぱ頭と坊主狩りのレトロな風貌の少年少女から滲み出てくる不思議なモダンな感じ。「古いものが古いものとして今見ても新しい」と感じたのをよく覚えています。もうひとつ、ここならでは、でとても来て観た甲斐があったのが、映像展示室のあった200インチの大型映像システムによる映像プログラム上映と、世界最大級600mmカメラレンズによる「逆さ大山」の投影です。映像展示室そのものがカメラの内部の構造と同じになっていて、レンズを通して投影され、焦点で結ばれた像が逆さに写るという光学的な基本原理を知ることができます。まるでこの子供の理科の実験室のような雰囲気が茶目っ気たっぷりで可愛いですよね。



e0168781_1254998.jpg

美術館に行ったら、何といっても是非是非写真に収めたかったのが、このショット。展示室を繋ぐ廊下の一角に大山を正面から臨めるところがあって、そこでこんな写真が撮れるのです。ってファンならもう重々ご承知ですよね。 何という粋で茶目っ気たっぷりの演出!! この日は3連休でしたが、訪れる人はそんなに多くなく、皆さんそれとなく順番を待って、みんなが正面から撮影が出来るようにそれとなく譲り合うマナーの良さも、実に気持ちのよいものでした。窓の開口部の隅にはステッキや黒い傘が置いてあって、ちょっとした砂丘劇場っぽい演出も楽しめます。





私は黒い傘をチョイス。もうちょっとなんとかしたら良かったかな。






ゲストハウスで一緒だった2人。 偶然ここで再開しました。
実はこのお2人のポージングには、かなり演技指導、入ってます。(笑)


楽しい時は過ぎ、もう一人の旅のお供(この子もゲストハウスで昨晩一緒に呑んでたのですが・・・。) と帰りはバスで岸本の駅に向かう予定だったのですが、色々考えて境港まで行くお2人の車に図々しくも再び便乗させてもらい、途中の米子の駅で降ろしてもらう事にしちゃいました。 だって、この広大すぎる自然の中のぽつんとしたバス停は。バスを待つには心もとなかったから・・・。 知り合った面々との触れ合いも楽しかった植田正治写真美術館への旅でした。 本当にお世話になりました。 ありがとうございます!!




大山とあまりにも長閑で呑気なバス停。


12月1日から2月末日までは冬期休業に入ってしまうので、このタイミングに行けて、本当に満足です。

71768
[PR]
by sanaegogo | 2014-11-24 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
生誕100年!植田正治のつくりかた
e0168781_0403129.jpg

子狐登場
まるで絵画のような1枚。 これ、『覆い焼き』ですよね。
訳あって、吉田秋生さんという少女マンガ家の描いたある作品のストーリーを思い出させてくれる1枚です。

この写真展を観に行く前日にIZU PHOTOまで足を延ばして、増山たづ子さんの写真展を観に行っていたので、この3連休はとても気持ちが穏かで温かくなるような写真をたくさん観ることができた。 (と言っても、増山たづ子さんの写真には密やかな悲しみを打ち消そうとする静かなる葛藤のようなものもあったのだけど・・・・。) とは、余談になりましたが、東京ステーションギャラリーで『生誕100年!植田正治のつくりかた』を観てきました。

東京ステーションギャラリー
生誕100年!植田正治のつくりかた
     UEDA SHOJI 100th anniversary
2013年10月12日(土)~2014年1月5日(日)
     October 12th , 2013 - January 5th , 2014
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201310_Shoji_Ueda.html

2013年は植田正治の生誕100周年という事で、いろいろなところで関連の写真展をやっていましたね。 結局観に行けたのはこれだけだったのですが、大満足でした。 ベタな表現ですが、植田正治という人がいかに写真を楽しんで撮っていたかがよく伝わってきたし、その写真の多く(というか殆ど全て)は、優しさに溢れ、そのミニマリズムは美しくもあり、観ていると知らず知らず引き込まれていってしまう魅力的なものに写りました。 カラーかモノクロか、とか、その是非を問うつもりはこれまでも毛頭ありませんが、植田正治の極力省略され、デザイン化された作風には、モノクロームのシンプルさがよく合っていると思います。 『汚く矛盾したものから眼を背けて、自分が幸せになれるものだけに目を向けた内向きの写真』という見方もあるのかも知れませんが、それで何がいけない?というきっぱりとしたぶれない植田正治の哲学があるような気がしました。 それどころか、決して逃げていない、挑戦とか、試みとか、そういう攻めの姿勢も貫かれていて、世の中に受け容れられないような突飛で奇抜な題材を使っている訳ではないのに、そう言う『新しさ』ではなく、家族を砂丘に並べて撮影するだけの事で、観る人に今までにない感覚を覚えさせてしまう、そんな親しみやすい『新しさ』が植田正治の写真にはあります。 それは、例えば今の時代にも通用するという斬新さではなく、その当時の斬新さの強度がとても強いと言うか、時代の流れに呼応し順応しているものでもなく、観るものを当時の感覚まで引き戻す力強さというか、吸引力というか、そんなものをもって『今観ても斬新』と思わせる不思議なタイムスリップを感じるような気がします。 子供たちのおかっぱ頭、お母さんの和服姿、男の子達の小さな学生服などが、そんな感覚を引き起こさせるひとつの要因になっているのだと思いますが、ワタシのよく言うところの、『時間軸がぐらぐらする感覚』です。 それだけ撮影された当時の画面の中に引き込まれてしまっているのでしょうね。 これは、上手く言えないのだけど、心地よくもで不思議な感覚で、私はとても好きなのです。 ギャラリーの講評では『一筋縄ではいかないこの写真家』と評していますが、まさに言いえて妙。その通りです。 シンプルでミニマルだけど複雑で多様。 昔なんだけど新しいし、その新しさが古臭くもあり、それがまた斬新。 と、ぐるぐると感覚が掻き混ぜられる気がするんです。解り易いけどその奥は深い。 単純明快だけど知り難い、まさに子供の心のような眼で写し撮られた写真の数々です。 子供達が夜ぐっすりと眠ってみる夢の世界を現しているような印象もありました。
砂丘の写真も多く展示してありましたが、それ以外の植田正治もたっぷりと知る事が出来ました。 特に晩年の昭和のモダニズム風の写真とは表情を異にした妖艶な赤い花の写真などもあり、ちょっと意外な感じもしました。 (優しいお父さんとしての顔以外の植田正治もあったのですね。) 小説家で言えば絶筆にあたる、生前最後のフィルムに撮影されていた数枚の人のいない風景写真で写真展は終わるのですが、これを観る頃には不思議と今までのイメージとは様相を異にした植田正治に出会うに至る訳です。
『前衛的』という言葉すら既にレトロな響きを持ちつつある今日この頃。 鳥取の片田舎で、日本や世界という物理的な広さよりももっと大きな世界観を自分の内面に持ち続けた大らかな作風。 時代に先がけていたその空間表現は『植田調』となり、現代の新しさとは決して混ざり合わない、同化されてしまわない、確固たる個性として、今でも斬新な光を放っていると感じられた訳です。


これを観たら、黒い傘と本を持って、鳥取砂丘へ赴かねばなるまい、と思わせるほどぞくぞくする1枚です。






まさに『砂丘スタジオ』。 お父さんのお遊びに付き合う幸せな家族の姿も存分に見ることができ、幸せな気持ちになれます。




騙し画のような構図。 俄かモデルの子供達もいい味を出しています。 ちょっとグリーンバックの前の撮影のような雰囲気も醸しているのが面白い。




私が初めて植田正治を知ったのはこの1枚。 写美の外壁に大きく飾られてます。 『砂漠に着物? なんで?』 当時、植田正治を知らなかった私の率直な感想。 でも何だか妙に気になって。 あの時からの心のざわつきは、今だから解る。 そう、『なんかいいかも。』って思っていたのです。 巨匠の作品って、その人物に関してはズブの素人にもやっぱり響くものがあるんだ。という証明のようなエピソードと思っています。




この写真、とっても好きなんです。 でも流石にこんな風に遊んでいる子供は都合よくおらず、お菓子の缶をエサになんども土手の上を走らせた、というエピソードを日曜美術館でやってました。

最後に、東京ステーションギャラリー。 東京駅建設当時の赤レンガがむき出しにされている展示室があって、ホワイトキューブが大半を占める日本の美術館にあって、海外の美術館のような雰囲気を漂わせていました。

63335
[PR]
by sanaegogo | 2013-12-23 00:00 | art | Comments(0)