タグ:川内倫子 ( 6 ) タグの人気記事
川内倫子 Let's sing a song our bodies know




川内倫子「Let's sing a song our bodies know」展
期間:2015年11月21日(土) ~ 12月13日(日)
会場:グッチ新宿 3階イベントスペース
http://www.gucci.com/jp/worldofgucci/articles/worldofgucci/articles/new-exhibit-at-shinjuku-fragship-by-rinko-kawauchi#1


川内倫子さんの作品展を観に行くのはとても久しぶりです。 今回は、新しく就任したグッチのクリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・コンセプトとして掲げる「とらえどころのない境界を表現する」というものに倫子さんが自分自身の作品作りが目指すものとの共感を覚え実現しました。倫子さんの創りだすイメージ(画像)はソフトフォーカスでじんわりと光の中に滲んでいるような印象を受けるのですが、照明を全て落として半ば暗闇となった会場の中にじんわりと浮かび上がるそれらのイメージは、大きさも様々なモニターとして会場内に点在し、心の中のどこかの空間にぽつぽつと現れた記憶の断片であるかのようでした。 幼い頃の記憶のようでもあるし、イメージの中の少女は自分自身で、夢の中で自分が自分自身の姿を見ている時のあの感覚のようなもののような気もします。主観であるのか、客観であるのか、不思議な混濁を覚えます。




光と共に浮かび上がった真っ暗な空間でのインスタレーションは、倫子さんの表現世界にとてもフィットしていました。 倫子さんの光は 眩しい光ではなく 灯火のように 湿度を持った温かみがあります。出来る事なら、断片のように散りばめられたイメージをひとつひとつ繋ぎ合わせ、ストーリーのようにも見せて欲しかったようにも思います。 誰かの見た記憶の中の風景なのか、はたまた心象風景なのか、誰の記憶なのか、そこにまたひとつの曖昧な境界が生み出されると思うし、それはまさに、とらえどころのない境界なのだと思います。




空間に浸っているうちにすんなりとその世界に自分が入り込んでいく、倫子さんの作品独特の浸透感を味わえる、そんな雰囲気に満ちていました。

≪会場風景≫




Facebook Post:
https://www.facebook.com/sanaegogo/posts/10206697673978917
https://www.facebook.com/sanaegogo/videos/10206697688699285/


76921
[PR]
by sanaegogo | 2015-12-06 00:00 | art | Comments(0)
Crystallize


吉岡徳仁の「Crystallize」を観て、吉岡徳仁の世界を堪能。 その後、ミュージアムショップに行って、「Crystallize」の図録をみていたら、その時に初めて知りました。今回の図録、川内倫子さんが撮りおろしたものだったんですねー。
吉岡徳仁の作品の硬度のあるクリスタルや結晶を素材に、川内倫子がふわっとした柔らかな表現で撮る。それは、吉岡徳仁の作品でもあり、川内倫子の作品でもある贅沢な図録です。2人のともすると相反するそのマチエール(というか何というか・・・・)の融合、もしくは化学反応が眩いばかりです。 どちらも光と透明感があり、時にはほの白く、時には虹色にきらきらと、そしてじんわりと輝いています。
きっとお互いの作品にお互いがインスパイアされているんでしょうね。 認め合った作家同士のジャンルを越えた仕事という感じがとても素敵です。


Phpto: Rinko Kawauchi

≪Swan Lake≫
白鳥の湖を聞きながら、白い展示室の中で 結晶はだんだんと成長していきます。




Phpto: Rinko Kawauchi

≪ROSE≫
結晶に取り込まれ、自身も結晶になっていきそうな薔薇
かすかに確認できる色彩は 「永遠」に臨む薔薇の最期のかすかな声のようです。





≪ROSE≫
周りを取り巻いているのは、無数の白いストローで創られた≪Tornado≫。





≪Spider’s Thread≫
白い結晶は雪のように冷たくも見えるし、どことなく温かみも感じます。




Phpto: Rinko Kawauchi

≪Rainbow Church≫
クリスタルのプリズムから柔らかく溢れ出る虹の光。





≪Rainbow Church≫




Phpto: Rinko Kawauchi

≪Rainbow Chair≫
虹色の光玉。 なんて素敵・・・・。姿を変えた虹の形です。





≪Rainbow Chair≫





≪VENUS≫
パリで開催されたMaison&Objetで開催された個展でのRose。
ショパンの練習曲ハ短調作品10-12 「革命のエチュード」、「幻想即興曲」、「バラード1番」による結晶絵画





≪VENUS≫




62241
[PR]
by sanaegogo | 2013-11-24 00:00 | art | Comments(0)
memorandum for my first portfolio
10月31日に川内倫子ワークショップ修了生による写真集の展示が終了しました。足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。 完全に自分自身の備忘録のためですが、自作のブックの中で、自分として気に入っているページをここに残しておこうかと思います。 写真集を青山ブックセンターまで引き取りに行った際、テキストを記したボードも記念にいただいて来ようかと思ったんですが、そんな感じでもなかったので、(多分、撤収の時に既に破棄してしまったんでしょうね。)、それもここに残しておく事にします。



最初の見開きのページで、紆余曲折を経て、このページが自分としても最も好きになったのは、作業を通しての変化かな。雪のページは今年の2月に金沢に雪景色の写真を撮りに行ったもの。






右は東京カセドラル教会で、左は鎌倉で撮影したもの。 当初はこの鎌倉の池で何気なく写した1枚を中心に構成しようと思っていたのですが、色々と構成を練っているうちに、これはこれで好きなんだけど、どうもこれじゃないかな、と思い始め。写真を撮った時の自分を捨てて、編集するときは編集者の眼になる。とても難しい事ですが、そんなプロセスを経て心境の変化が起こったという、ある意味、意味のある節目になった1枚。






最初の見開きと同じくらい『ハマッたな。』と自分なりに感じたページ。 カラーは庭に咲いているもので、夜に撮りました。 右側は丸の内のお堀のリフレクションを写したもの。 カラーの雄蕊と漣に打ち震える水面。倫子さんはじめ何人かの人に『何処となくエロティック』と評されたものです。






雲間から生まれ出るように光を放つ月と枯れ逝く花のコントラスト。花の写真はもう以前に撮ったものですが、自称『枯れ専』。どうしてもこの1枚を入れたくなってしまい、選んだもの。





e0168781_2212869.jpgこの写真は、倫子さんのワークショップに通っている間に写した青山通り。もっともっと抽象風景にシフトして、との言葉が耳に残って撮影した雨上がりの風景。(風景と呼べるのか?) 自分としてはこの1枚もなかなか気に入っていて、気持ちがすかっとしたものだったんだけど、これと抱き合わせる写真がなかなか決められず、巻末に置いてしまった。けどそれが果たしてよかったのか、よくなかったのか。 もしかしたら、『編集者の眼』にはなりきれていなかったのかも知れない。

この写真集にはストーリーと言うものは特にありません。 観る人の気持ちの中にすっと入り込めるようなものを創りたくて、そして、自分の観ているある種のセカイをただ羅列したくて創りました。 なので、逆に言えば、人の心に何かひっかかるものを残す、気持ちをざわつかせると言う意味においては、すんなりし過ぎていて味気ないのかも知れません。でも、これはこれで。この時の成行きだった、と今は感じています。 自分が意図するものをつくる。 自分が意図しないものになっていく。 作為のない編集者の眼。編集者としてつくりあげる最終形。まるで禅問答のようです。



『・・・・ノ、セカイ』(仮)


私はソレに視線を遣る
皆はナニをみている?


僕はソレをみている
ソレは皆と同じかは解らないけど


貴方は僕に言った
「ソレはドコにあるの?」


私はソレを探している
ドコかにあるソレを知っているのは
僕だけかも知れないけど


皆はソレをみているけど
ソレは皆とは同じものではないのかも知れない


ソレは私の中にあって
皆の中にもソレはある
ソレがナニかは 誰も知らない


53385
[PR]
by sanaegogo | 2012-10-31 00:00 | activity | Comments(0)
倫子さんの講評会
e0168781_23233294.jpg


今月31日まで青山ブックセンターで写真集の展示をしていただいてますが、この日は川内倫子さん自らが来店されて、修了生それぞれが制作した写真集をひとつひとつ丁寧にみていただき、そして講評をしていただきました。
『19時から川内さんが来店されます。教室もとっておきます。滞在時間に限りがあるので、訊きたい事とかはまとめてきてください。』とABCのご担当から連絡をいただいていて、19時少し前に現地に到着すると、すでに倫子さんは展示してあるテーブルの前で写真集を1冊手に取り、じっと内容を観ていました。 1冊1冊進むにつれてだんだん皆さんが到着してきて、いつしか展示してあるテーブルの周りは人だかりに。(って、全員関係者なんですけどね。) 結局教室には移動せずにここでやっちゃいましょう、と言う事になったのですが、即決即断。こんなところからも倫子さんの男気溢れるところがみてとれます。
さて、講評ですが、詳細なコメントのひとつひとつをここで取り上げるのは控えますが、ワークショップの時からの一貫した感想なのですが、倫子さんの写真やその構成に対してコメントする時の歯切れの良さと即攻性、でしょうか。『どうすればいいんだろう・・・。』と悩んでいるコメントもありましたが、悩んでいる時でさえ歯切れがよく潔い感じ。(笑) 感性で制作を進めていっているようでいて、それをきちんと説明する言葉も持っている。そして、あやふやなところや迷いがない。短い限られた時間の中で、淀みなくアウトプットが出来るのは流石、と思い、あれが制作者に求められるプレゼンテーション力なのかな、などと思ったりしました。 そして、WSが修了してから結構時間が経つのに、色々覚えてくださっているのが、受講生にとっては嬉しい限りでした。
倫子さんは日本ではこう言ったテイストのワークショップを開くのは初めてという事です。ワタシも少しはいくつかのワークショップに参加した経験がありますが、そんな中でも、最後がきっちり締まったというか、やるだけやったというか、前回も述べましたが仄かな達成感があります。
私自身への講評はどうであったかと言うと、掴みの写真は良かったようで、『これいいよー』と興奮して言ってもらえました。 そのうちの一枚は何回目かにゲストでいらした有山達也さんが気に入ってくれた写真だったんだけど、それを見て倫子さんが、『これ有山さんが押してたやつでしょー?』と言って覚えたいたのにはビックリしました。 前半は良いのだが後半ダレてきている、と指摘された後半部分は、なるほど、ページ数を稼ぐために(とまでやっつけではなかったけど)、WSの後で足した部分だったのはビックリ! 見透かされてる・・・・。 自分だけでやってみるとこれだよ。今度は足すにしてもダレないようにしたいものです。なるほど、そう言う目で自分で見直してみると、後半には確かに前半のようなドキッとする山場がない。 前半に続いた山場を少し後半にもって行けばよかったのかも知れない。 そして、自分でもうすうす『これって、最後まで見てると飽きる人もいるかも』と漠然と感じていたところを、初見にして直ちに図星を指されてしまったわけです。 総括として『観ていると、水の音とかが自然と聞こえてきそうな、そんな世界のある仕上がりになっていると思います。』と最後には少し嬉しい言葉もいただきました。 そんな風に仕上げたかったので、この言葉はホントに宝物のようにワタシの心に仕舞い込まれた訳です。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
(写真は、講評会終わりの打ち上げに出て、帰る夜道に撮ったものでーす。本編とは全然関係ないですが・・・・。)





53165
[PR]
by sanaegogo | 2012-10-26 00:00 | activity | Comments(0)
青山ブックセンターで写真集 展示 やってます!
e0168781_2191037.jpg

今、青山ブックセンターで展示してます! (・・・・と言うか、していただいています。)

川内倫子ワークショップ修了生 写真集 展示
2012年10月14日 - 10月31日 19時
青山ブックセンター本店 ギャラリー前テーブル

自分自身今年の仕事のもっともピークの時と重なり、若干遅れての参加となりましたが、現場終了後提出を無事済ませ、今頃はきっと他の皆さんのと一緒に展示されている(はず)。写真はその編集風景でございます。
毎年1回は何らかの形で何かやるのを継続したいな、と思いつつ、諸般のスケジュール的事情もあり、今年は無理かしら? と諦めていたところ、川内倫子さんの『やるからには完結させねば!』的なある意味男気溢れるご英断の賜物で、今回青山ブックセンターと言うめちゃくちゃ立地や条件の良い場所で写真集という1冊の本の形で展示できる事になったのは、とっても幸せな事だと関係者の皆さまに感謝しております。
私の他の修了生の皆さまはみな、どこか学校などでできちんと写真や撮影技術を学ばれたみんななので、(ワタシも少しはやりましたけどね。) 、(それどころか、プロのカメラマンの方も複数混じってます。) ワークショップ参加の選考の際にポートフォリオを提出できるだけの枚数プリントがあったと言うだけで審査通過に至った感じは否めませんが、ここはPositive thinking、臆せず参加してよかったー、と思っています。 大体において、途中で、『撮影技術は2の次じゃ。 何か訴えるものがあればそれで充分。』と超素人的発想で、ある意味技術の向上を放棄(とまでは行かないが)したワタシでしたが、『ちゃんと撮れないと訴えるものも生まれて来ないよなー。』などと、他の皆さまの写真集を観て思ったりもしました。 奇をてらってなくてもイケテルよなー、などと、です。 別にワタシが奇をてらった(狙った)訳ではないのですが、真っ向から立ち向かった場合、やっぱり理屈抜きで上手い人ってのは羨ましい、と素直に思ったりしました。 倫子さんも講評中は『普通に上手い!』『ちゃんと撮れてる!』と言うような言葉を何度も口にしてましたし。
是非、お近くまで行く機会がある方は足を伸ばして、観に行っていただいて、そして感想などいただけたら拙制作者にとってはこの上ない励みになります。 あ、でも、ひとつ注文をつけるとしたら、『とてもさなぁえさんらしい写真でした。』と言うのはご勘弁を。 ワタシをご存知の方のみならず、ワタシを全然知らない人にも向けて展示をしている訳ですから、何も情報の無い第3者の観たままの印象、感想が存在する以上、『さなぁえさんらしい』と言う形容詞はある意味Good Excuse と受け留められてしまい、ちょっとへこみます。 (観に来てね、と言いつつ勝手言ってますが・・・・。)
テキストやタイトルをじっくりコトコト煮詰めて考える時間が無かったのが悔やまれますが、学生時代の『勉強してればこの試験もっと出来た!』の言い訳しかり、どんな繁忙な中でもやれる人はやるので、ここはこれ以上のコメントは自主的に控えますが、そんな訳で、仮にと思ってつけたこの拙ブログと同じタイトルを今回の写真集にも与えています。『後でゆっくり考えよう』と思って試作としてつくった本でそのまま突入してしまった訳です。なので、完全な完成形とは言えない仕上がりにはなっているものの倫子さんの力を借りつつ何とか展示するのに至った事には、仄かな達成感なども覚えたりしています。
← ここをクリック!
【川内倫子写真ワークショップ発表展示 @本店】
Facebookの青山ブックセンターのページで告知されてます。
他の皆さまのもそれぞれ秀作ぞろいでバラエティーもあります。 会期も長いので、是非お立ち寄りくださいませ。

53007
[PR]
by sanaegogo | 2012-10-19 00:00 | activity | Comments(0)
川内倫子 ―照度 あめつち 影を見る―


川内倫子展 照度 あめつち 影を見る
Illuminance, Ametsuchi, Seeing Shadow
東京都写真美術館
2012年5月12日 ( 土 ) ~ 7月16日 ( 月・祝 )

理屈抜きに彼女の写真が好きです。 好きだし、憧れます。 それはワタシ自身の求めているスタイルの遠く突き抜けたその先のところに彼女の写真があるからだと思います。一見、『女性らしい写真』とか『女の人が好きそうな写真』とか形容されがちですが、ワタシは何となく、女性とか男性とかじゃなくて、人間と神だったら人間の撮った写真、って言うような印象です。それは中性的というのともちょっと違うんです。(上手く言えないけど)。対象には寄っているのにどこか大きく俯瞰していて、それでいてとても日常的でありながら抽象的、神と共に生きる、それが人間、みたいな感じです。(誉めすぎでしょうか。) ま、それは印象の問題で、『理屈抜き』と言ってもそこに彼女が世の中で評価される『理屈』は確かにあって、ふとそれを考えたりします。
川内倫子はきらきらとした光るものを追い求めているようです。画面は光でハレーションを起こし、神々しい光を放っています。 ハイキーで白飛びしたその写真達はとても眩く、世の中に降り注ぐ陽の光でそこに写し取られたものは存分に表現されています。それと対照的に捌かれる魚や肉辺、大きな虫の死骸を運ぶ小さな虫など、生命の連鎖もあります。断片的に並んだそれらの写真で、それを生命と死の連鎖なのだと観る人に判らせる説得力があります。ただ、断片的で脈絡のないようなイメージの羅列なのですが、そこには倫子の提示する一貫性があって、それをすらすらと解説できたらよいのでしょうけど、そのもやもやがあってこそ、彼女の写真の奥深さとその深い感性を感じる事が出来るのだと思います。断片を繋ぎ合わせて普遍を構成する、写真の画面の目に見えるその奥で繋がっている、そんな写真展です。
そう言う意味では、≪あめつち≫のシリーズは今までの倫子とは違った印象を受けた気がしましたが、多分繋がっていく方向が水平方向への広がりではなくて、ベクトルが上に向くというか、天に昇っていくような感覚を受けました。 後で本人のコメントなどを読んでみたら、確かに。それまでとは違った心境でそのシリーズは産み出されたようです。産みの苦しみ的な試行錯誤の末ではなく、流れるように漂うようにその作風は姿を変えているのですね。
もう少しじっくりと観たくなって、久しぶりに図録を購入しました。 自分自身も流れて行きたい(生きたい)その先がそこにはあるような気がして、今度の週末じっくり観るのを今は楽しみにしています。
写美のウェブサイトにインタビューが載ってました: http://syabi.com/contents/exhibition/topic-1593.html





さて、この日、たっぷり余裕を持って出かけたはずなのに、≪Iridescence≫(イリディッセンス)のヴィデオインスタレーションをつぶさに観入ってしまい時間がなくなって、その後の『よい子』達との同窓会に間に合わなくなりそうになりました。1ヶ月ぶりの『よい子のためのお食事会』は渋谷のQuatre Café (キャトル・カフェ)で。ここは中目黒にあるHuit (ユイット)の系列店で、一度行ってみたかったんですが、(渋谷にあるとは知っていたが、こんなところにあったとはっ!)、 とっても居心地の良い店で気に入ってしまいました。予約してくれた、じぇふ。Good Choice でした。どうもありがとう。



50768
[PR]
by sanaegogo | 2012-06-24 00:00 | art | Comments(0)