タグ:アニー・リボヴィッツ ( 1 ) タグの人気記事
アニー・リーボヴィッツ 「WOMEN: New Portraits」




アニー・リーボヴィッツ
「WOMEN: New Portraits」
世界10都市巡回展
TOLOT/heuristic SHINONOME


2016年2月20日(土)~3月13日(日)
www.ubs.com/annieleibovitz-jp



「WOMEN:New Portraits」は、アニー・リーボヴィッツが15年前より制作を始めたプロジェクトで、1990年には写真集も刊行されています。女優や歌手、バレエダンサーなど、素晴らしいパフォーマンスで活躍する女性、アーティスト、政財界の重要人物、学者、実業家として名を成した女性、ビジネス・パーソンとして第一線で働く女性など、様々な分野で功績をあげた女性のポートレートを撮影したものです。その被写体にはイギリスのエリザベス女王もいるのには驚きです。 でもきっとアニーならば、エリザベス女王にも負けず劣らずのオーラを放っての撮影現場だったのでしょう。 彼女自身、物凄い存在感なのですが、不思議と威圧感みたいなものは感じないのは、モデルとなった女性が委縮することなく自然で穏やかな表情で写っているので解ります。 静かな雰囲気の中にも凛とした表情を捉えているのは、きっと、彼女が撮影しながら送っているパワーのなせる業かも知れません。こんな風に彼女の写真を観たことがなかったので、雑誌の見開きページで感じるものとは全く別の世界があり、とても良かったです。 彼女がモデルに送ったパワーを写真の中の女性たちが増幅させているのか、何だか元気をもらった気がします。
Facebook Post:
https://www.facebook.com/sanaegogo/posts/10207248592351532



会場の設えの雰囲気はちょっとニューヨークの古い倉庫を改造したスタジオのようで(Tolotももともと倉庫なのですが)、アニーの写真のちょっとクラシックなトーンにとてもよくフィットしていました。 マルチディスプレイで大きく映し出された2面の画像の前にざっとランダムに椅子が置かれていて、オーディエンスは満足いくまでそのふたつのディスプレイの前に思い思いの角度で座り、スライドショーを楽しみます。自然光が入ってきてもディスプレイに映し出されたアニーの写真の中の落ち着いた光の感じとよく馴染んで、世界10都市を巡回するこの写真展ですが、日本での開催が冬だったというのもいい感じの巡り合わせのような気がします。(アニーの写真には秋とか冬の空気が漂ってます。)



もうこれも色々な機会に口にしているので、聞き飽きたかも知れないですが、アニーは、屋外でのロケの時、映画ばりの撮影機材でセッティングをするそうなのですが、ローアングルで下から舐めるように、そして巨大扇風機でぶわーっと風を吹かせ、モデルのクラシックなドレスや長い髪をなびかせるカットが私の大好きなシチュエーションです。風が吹き抜ける荒野に凛として立つ風と共に去りぬのスカーレット・オハラだったり、嵐が丘のキャッシーの姿を彷彿とさせるのです。


私の好きなアニーは ロケーションといいカメラアングルといい まさに、こんな感じ。
これに風が吹いて 髪がなびけば 最高。



スライドショーの傍らには、通路沿いのウォールに、様々な女性のポートレートが展示されていますが、正面から撮影された女性はどの被写体も真っ直ぐにアニーが構えているであろうカメラを見据えていて、その視線が印象的です。被写体の放つ静かな光みたいなものと同時にアニーの存在感までもその写真の中に感じれるように思います。高い地位を得たビジネス・パーソンの女性が立派な執務室のデスクで微笑みを向けている写真もあって、ここに至るまでの厳しい道のりにあって、何か大切なものを失わずにいた人格の高さみたいなものを垣間見る気がします。



中にはポーズをとって全身を写したものもあるのですが、中でも素敵なのは、やはりこれ。写真展のメインビジュアルにもなっていますが、ミスティ・コープランドの1枚です。話は逸れるのですが、ミスティ・コープランドは、世界最高峰バレエ団の一つ、アメリカン・バレエ・シアター初のアフリカン系アメリカ人のプリンシパルで、その波乱万丈の生い立ちと経歴をどこかで読んだことがあって、逆境の中を時にはしなやかに、時には葛藤をもって、体系的にアフリカン系の女性には不向きだとされていたクラシック・バレエの世界で最高峰に登りつめた女性です。「美しい」というシンプルでかつ全てを包括する形容詞で表現するのに相応しい1枚だと思います。


Misty Copeland, New York City, 2015
© Annie Leibovitz from WOMEN: New Portraits

・・・と、妄想や理想、希望なども含め、好き勝手に語ってしまいましたが、漠然とですが、その実態とそんなにはかけ離れていないような気がしてます。アニーの写真にはそんな風に、その生み出される過程に想像力を掻き立てるような何かがある気がします。(3月13日まで。)




77118

[PR]
by sanaegogo | 2016-02-27 00:00 | art | Comments(0)