<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
鳥の旅 ―Birds' Journey―
e0168781_2204094.jpg



この夏(正確に言えば2014年の夏ですが)、ある女性写真家の方の「写真集をつくる」、というワークショップに参加しました。これで足かけ3年目の3回目になります。 今回制作した写真集のタイトルは、『鳥の旅』。昨年が『惑星探査』なので、私にはどうもこういう空間移動的なものが心地よいみたいです。
今回は、どこかで撮影してきたものをまとめるというのではなく、Self-found Photo と勝手に呼んでますが、これまでの自分のアーカイブの中から写真を掘り出してみようという試みです。 それは忘れかけていた昔の写真の再発見でもあるし、文字通り、自分自身をも探ってみる、というのに繋がるのかも知れません。 自分史を辿るものでもあるし、自分自身の再発見、気づきだったのかも知れません。 そうして拙くも膨大な過去のライブラリーの中から写真を選び、再編成し、ただ雰囲気で並べるのではなく、空間も時間も縦横無尽に行き来するような漠然としたストーリーを与えたかったのです。 作者の意図に誘導していくようなストーリーではなく、見る人がその人のその時の思考である種の体験を共有できるような、そんな感じです。 本はいくつかのシークエンスで構成されていて、時間もばらばら、場所もばらばらで、古い写真では2003年のものもあります。 時系列を曖昧にしたのは、私のちょっとした悪戯心で、どの写真もその撮影した時の事を覚えています。 旅の思い出も満載なので、どうしても思い入れがありそんな1枚、1枚を落としていくのが忍びなくもありましたが、鳥の次の訪問地を選んで並べていくのは楽しい作業でした。 鳥のいくつかは沖縄に住むバハマ時代の友人が撮影したものです。

出来上がった写真集はとびらや奥付を合わせて95ページにもなってしまったのですが、その中でいくつかシークエンスをご紹介します。本は長編綴じの縦開き。鳥の飛んでいる空間とその風景は同じ空間なのか否か。 鳥は俯瞰して眼下に広がる風景を見ているのではなく、どこか全く別の次元で羽ばたいているのかも知れません。鳥は何処かの知らない次元を旅していて、そこは繋がっていて、風景だけが点在している。 こうしてみるとそんな風にも見えてきますね。



石垣島、沖縄 (2003)



バレン高原、アイルランド (2013)



バレン高原、 アイルランド (2013)



与那国島、 沖縄 (2004)








バレン高原、 アイルランド (2013)



モハーの断崖、 アイルランド (2013)



モハーの断崖、 アイルランド (2013)



モハーの断崖、 アイルランド (2013)








沖縄南部 斎場御嶽近くの海 (2009)



鎌倉 稲村ケ崎近く (2013)



吉佐美 大浜、 下田 (2009)



横須賀の海 (2009)




実は、この本をつくるにあたり、頭の中でイメージしていた情景があったのですが、それを頭の中から取り出して表現するのにはムービーの方がよいのは解っていたのです。 なので、順番が逆になってしまいましたが、写真集では顕せないもうひとつの『鳥の旅』です。どちらがよりよいとかではなく、それぞれに どちらの世界でも 鳥は確かに旅を続けています。


鳥の旅 ― Birds’ Journey
(スライドショウのムービー こちらでご覧ください!!)





71432
[PR]
by sanaegogo | 2014-12-31 00:00 | activity | Comments(0)
養老渓谷で紅葉狩り The Flavor of Autumn
ネットの情報では12月初旬まで見頃が続くというので、房総半島の真ん中にある養老渓谷に紅葉を観に行って来ましたよ。 養老渓谷は春に市原アートミックスに出かけてその存在を知りました。 小湊鉄道の終点の駅で、その周辺に流れる養老川によって形成された渓谷が続いて、それに沿っていくつかのハイキングコースを楽しむことが出来ます。 この日はDrive & Hikingという事で、現地千葉までは車で行くことにしました。私の住む茅ヶ崎からは首都高で東京湾をぐるりと回っていく方法と、横浜から川崎に出てアクアラインでずどんっと突入する方法があるのですが、我々は横須賀からフェリーに乗って金谷港から千葉に入るコースを選択。往年のデートコースですよね! 超久々のフェリーの旅も同時に楽しんできました。それでも 金谷港から結構走って2時間くらい。目的地は養老渓谷の景勝地のひとつ、粟又の滝です。
駐車場に車を停めて、水月寺の方から遊歩道を歩く事2時間超。渓流沿いの景観を楽しみながら粟又の滝を目指します。 残念ながら今年は紅葉は殆ど終わってしまっていて、(その前の週に結構な雨が降った事によるみたいです。) 、楓の木に着いている紅葉の葉は息も絶え絶え、という感じだったのですが、その代わり、渓流の水面に写ったり浮かんで流れていく紅葉を楽しむことが出来ました。 私の好きな世界です。 それはそれで、私にとっては心洗われる表情豊かな情景ばかりでした。



田舎の道を進んで行くと養老川沿いに突き当り、滝めぐりの遊歩道に降りて行く事ができます。
渓流の水はとても澄んでいて、周りの木々の色づいた色彩や空の青が映り込んでます。





この週に土砂降りの雨の日があって、まだ赤くなっていない楓の葉もたくさん落ちてしまっていました。
でもそれはそれで。 足許にはカラフルな絨毯が広がって眼を楽しませてくれます。





流れの淀みには流れて来た楓の葉溜まりが出来ていて、沈んでいる葉、水面に浮かんでいる葉が重なり合い、美しいレイヤーを見せてくれます。



e0168781_051111.jpg

自然の配色が創りだす 色鮮やかでカラフルな色彩。
まるで自然で作為的なものは何もない、純然たる華やかさ、です。





時には、自然はまるで印象派の画家のようです。
期せずしてモネのような仕上がり。





こんな風に紅く色づいた葉が折り重なっているようなところもありました。





滝めぐりの遊歩道の終点、粟又の滝です。
滝の姿も素晴らしかったのですが、やはり水面に写る風景の素晴らしさに眼が奪われてしまいます。



養老渓谷には他にも色々とハイキングコースがあって、小湊鉄道の養老渓谷駅を起点にもう少し山深いコースなども楽しめるようです。 養老八景という景勝ポイントが用意されているので、ぐるっと回ってみるのも楽しいかと思います。 養老渓谷駅にある観光案内所の方がとても親切に教えてくれるので、まずはここに立ち寄ってみるのがおススメです。



http://www.youroukeikoku.com/sys/wp-content/themes/yorokeikoku/download/img/keikoku.pdf



朝早く家を出て来たつもりだったのに、思いのほか金谷港から距離があった事と、思いのほかゆっくりと渓流を散策してしまったので、駐車場に戻って来た時にはすっかり陽も暮れようとしてました。 名物という自然薯のとろろ蕎麦を食べて金谷港に戻った時にはすっかり夜。 フェリーに乗り込んでデッキに出ると、遥か彼方には横須賀の街の灯が・・・・。とても寒く空気が澄んでいたので、灯りが綺麗に見えました。別の方向では羽田空港に着陸する態勢に入った飛行機のテールランプも。 昼間の情景とは対照的なモノクロームの世界ですが、これもこの小旅行の思い出深い記念の1枚になりました。






71339
[PR]
by sanaegogo | 2014-12-07 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)