<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ヴァロットン展



バルテュスのポラロイド写真の展示を観に行って、その帰りに立ち寄ったミュージアムショップでヴァロットンの作品に纏わる数々のGoodsを見て、もうすっかり観たくなってしまった、といういきさつの展覧会です。 それまで街のあちこちでポスターになっている「ボール」という作品を目にしていたのですが、それを目にするにつけ、何故か心にざわついた思いがあったような気がしていましたが、それこそがヴァロットンという人の作品の持つ魅力に他ならなかったのですね。





さて、この『ヴァロットン展』、”冷たい炎の画家”というサブテーマが付いていますが、実は個人的には少なからずこのサブタイトルの打ち出すイメージに違和感を感じていました。かなり僭越な発言ですが、炎のようにめらめらとゆらめく動的なものではなく、何かこう張りつめた弦や鉄線のようにぴーんとした静的緊張感を感じたからなのですが、この“冷たい炎”というのは、クロード・ロジェ=マルクス(美術評論家)が1955年にヴァロットンについて語った「フェリックス・ヴァロットン、あるいは氷の下の炎」から引用されたものだということです。画家を表現したキャッチフレーズ的な言い回しは著名になればなるほど、枕詞のようについて回るものですが、それが定着していなかったほど「知られざる」「知る人ぞ知る」画家だった表れのように思えます。このヴァロットン展は、日本初の回顧展で、グラン・パレ、ゴッホ美術館を巡回した後、日本で3か月にわたり大々的に開催されたもので、とても見応えがありました。出品数は小作品の版画が多い事もありますが、134点にものぼり、美しく柔らかい色彩の油彩画から、写真的で言うと黒潰れした画面構成が印象的な版画作品まで、そのバラエティーも素晴らしかったです。





まず油彩画。コントラストが少なく平坦で滑らか、対象を大きくとらえ背景を極力シンプルに表現したその人物画は、まるで雑誌のグラビアページのような印象です。 そして対象を真っ向から捉えつつも、微妙に真正面からの対峙を避けているかのようなその画家の視線があり、そこに言いようもない危うい雰囲気を漂わせています。画家はモデルやその場面に居合わせながらも、当事者になり切れないような何とも第3者的な傍観者、ただ観察している「場」から外れた者であるかのような心境を醸しています。 自分の描くその画面の中に(入って行こうとしても)入って行く事が出来ないような微妙な躊躇いが感じられます。妻や家族を顕した油彩画もそうですし、世の中の世相を描いた数々の版画作品にもそれは感じる事が出来ます。 それは、疎外感という子供じみたある意味拗ねた幼い感覚ではなく、もっと複雑で知性的であるような。 当事者意識や所属意識が持てない人。ヴァロットンにはそんな人の葛藤や苦悩を感じてしまうのは私だけではないような気がします。
思えば、こんなに画家の深層心理みたいなものが投影されている作品もあまりないような。決して心象風景を描いている画家ではなく、むしろどこに存在してもおかしくない場面や実際の社会現象をモチーフとした画家なのに、そこには必ず画家の心理が投影されているのです。 画面の中には必ず彼が存在しているかのようです。しかもそれはいつも第3者的な視線であり、その存在感とは別のところで画の中のストーリーは展開されていくのです。 不思議な空気があり、只ならぬ雰囲気が漂っています。この画家と画家を取り巻く世界の言いようもない距離感がヴァロットンの作品から滲み出ています。気持ちをざわつかせられるのです。シンプルで明瞭な線で描かれたその作風とは裏腹な、非常に複雑なその画家の心の機微を、観る人は知らず知らずのうちに感じ、ヴァロットンの心理(心情というには「情」を感じないので)へ無意識のうちに関心を抱きつつ、その作品を鑑賞しているのでしょう。少なくとも私はそう感じてしまいました。



        


そんな風に常にヴァロットンの冷ややかな視線を感じさせる作品群ですが、まとめて所蔵しているコレクターがほとんどいないので、まとまった作品として見られる機会は本当に少ないと言います。 大作の大きなサイズの油彩画から、新聞や本に掲載された小ぶりの版画まで、その題材とするものの目の付け処が斬新で、1世紀近く時を経た今でも決して古臭い感じがなく、そしてバラエティーに富んでいながら、一貫してブレがないその作品たちは最後まで見ていても飽きることがありませんでした。 中でも私を釘づけにしてしまったのは、版画のシリーズで、リッチなブルジョア達が密室の中で人目から隠れてこっそりと繰り広げる男女の密会の様子を描いた『アンティミテ』という版画。黒潰れしたベタ、諧調がない白と黒の強いコントラスト、「えっ!? そこを?」というような場面を切り取った斬新な構成、そして、偽善的で隠匿された上流社会を表現したその洗練された雰囲気。 ヴァロットンが冷ややかに嘲笑いながら題材として選んだそれらのスキャンダラスな密会の情景。 それらにもう魅せられてしまい、希少な油彩画とかも収録されていたので図録と散々迷った挙句、版画集を購入してしまいました。 観る度に刺激を受けます。

ヴァロットン展、もう会期は終了してしまったのですが、2014年のベスト3には確実に入る見応えのあるものでした。
http://mimt.jp/vallotton/top.php



69711
[PR]
by sanaegogo | 2014-09-20 00:00 | art | Comments(0)