<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バルテュス 最後の写真 ―密室の対話
e0168781_1292148.jpg



上野の西洋美術館でバルテュスを目撃したのは、5月の事でしたが、その時から楽しみにしていたこの三菱一号館でのポラロイドの展示です。老齢で手が利かなくなってしまい、下絵作業での仔細な描線を描くのが困難になったバルテュスが用いていたのがポラロイドで、その自分の頭の中にあるイメージを精巧に再現し確認するために何枚も何枚も撮影されたものが、三菱一号館の展示室ではなく、資料室で展示されています。 まず、その展示室の小ささ。 今回の展示はバルテュスの作品というのではなく、制作のための資料という位置づけの展示なので、この小さな資料室で展示されているという事が、何だかバルテュス自身の秘められた内側の部分を顕しているようで、私自身は、作者が公開することを望んだか望んでいないか(没しているので確認しようがないけど)は別として、この小さな部屋は、生前は密やかに匿われていたであろう彼の秘匿のようなものを こっそりと観るに相応しい気がしています。




この企画自体はニューヨークのガゴシアン・ギャラリーで写真展として開催されたものを日本に持ってきたもので、ガゴシアンではポラロイドはマッティングをして額装されていたみたいです。 そうなると、この多数のポラロイドの見え方も全然違ったものになるのかも知れないですね。 どちらがどうとは言えないですが、この建物の横の小さな出入り口から入る裏の小さな資料室での展示の方が、このポラロイドを撮影した時のバルテュスの心情により寄っているような気がします。 実際この撮影も、グランシャレのroom107で、幼いモデルと二人っきりで密やかに行われていたようです。




展示の方法もそうですが、観る人によって感じ方が違うであろう展覧会もないように思います。女性ならば、自分の経験を顧みて、まだ固く成長の痛みを伴いながら変化しているであろう幼い胸をさらけ出す少女に何か複雑で不安で危うい思いを感じとるだろうし、男性は、この後、彼女が遂げていく女性としての劇的な変貌の兆しを見て、そこに神秘的なものすら感じられるのかも知れません。(実際ショーケースの中のモデル アンナ・ワーリーは 確実に成長して行っています。) 母親ならあまり賛成は出来ないような光景を目の当たりにしているのかも知れないし、父親ならその娘の勇気を誇らしげに思うのかも知れません。展示室にはひとりもいませんでしたが同年代の少女は? 同じようにモデルに対峙して画を描いたり写真を撮影したりするアーティストは? モデルのポーズを確認するためだけのこれら膨大なポラロイドなのですが、その先に派生していく感じ方や捉え方は多種多様で、それもまたバルテュスのunavoidableな一面を顕しているかのようです。

注目すべきはその「シツコさ」です。何枚も何枚も微妙に位置を変える手や首の角度、ガウンのはだけ具合、などなど。 バルテュスが一枚の画の中の微妙なバランスに拘り、納得のいくまで(だったのかは知る由もないですが)執拗にポーズを求める様子が展開されています。手の自由を奪われた画家の鬼気迫る制作態度と言ったところでしょうが、不思議と全体の流れは静かに粛々とした印象を受けます。 頭に大きな白い布を巻き、顔を隠すようなポーズの写真もありましたが、このシリーズは何だか倒錯めいていて、一言では言い表しがたい世界観を醸し出していました。アンナ・ワーリーは、8歳から16歳まで(1992年~2000年) バルテュスのモデルを務め、イマジネーションを与え続けました。 他の誰もが得難い特別な体験をしたのだと思います。 画家が自分の描く対象を鋭く静かに観察する眼に晒されて、最初はとても緊張したと語っていて、バルテュスも緊張していたそうです。その緊張感がポラロイドを通してこちらにも伝わって来るようです。 実際にモデルを務めた人物の語る生の言葉をテキストとして読み、展示を観ることが出来るのも、同時代に生きていた作家(しかも巨匠)ならではの事で、彼女のテキストがこの展示に一層厚みとリアリティを与えています。テキストの中でアンナ・ワーリーは自分とバルテュスの事を「共犯者」と表しています。 モデル アンナ・ワーリーから見たバルテュスとのその関係性の表現が、まるでこの展示そのものがバルテュスのひとつの作品であるかのような ドラマチックなものにしています。 上野の東京都美術館で「バルテュス展」を観た方は こちらにも足を運ぶことを強くお勧めします。


「バルテュス 最後の写真 ―密室の対話」展
The Last Studies ; Balthus in Tokyo
2014年6月7日(土) ~ 9月7日(日)
三菱一号館美術館 (歴史資料館)
http://mimt.jp/balthus/




こちらは、ガゴシアンギャラリーのもの。



GAGOSIAN GALLERY
BALTHUS
THE LAST STUDIES
SEPTEMBER 26, 2013 – JANUARY 18, 2014
http://www.gagosian.com/exhibitions/balthus--september-26-2013



68435
[PR]
by sanaegogo | 2014-07-26 00:00 | art | Comments(0)
白州の森で 夏の休日 ―その2―


よその家の子供ですが、はしゃいでる様子が可愛かったので。
楽しそうな夏休み。 宿題の絵日記に描くんでしょうね!



あっという間の白州滞在の今日は最終日。 山の清々しい空気と緑の盛りを満喫して、今日の夕方には休日と日常を繋ぐ中央道で帰ります。日常、と言えば、今回痛切に自分の日常を反省したことがありました。 3日目の朝、ぐっすりと良い眠りを得て鳥の声ならぬ子供たちのはしゃぎ声で自然と目が覚めました。 歳の離れた上の兄弟がいるせいか、子供の頃から夜更かしで、それは今でも変わらずその生活サイクルな私は、休日に目覚ましなしで8時台に目が覚めること自体、とっても充実感というか自分を誉めてあげたいような気分になっていたのですが、身支度を整えて階下に降りていくと子供たちの「遅いよーっ!!」のブーイングの声。 朝早く目覚め既に朝の散歩とひと暴れを済ませていた子供たちは、お腹が空いてたまらなかったようなのですが、私の起きるのを待っていた(のかな?)ようで、相対的自堕落ぶりに叱られてしまいました。自分の中に絶対的自律はあったのですが・・・・。 思えば有紀ちゃんもびしょ濡れおじさんも人の親になり、激務に明け暮れていた頃も知っているし(おじさんは今でも少しそうみたいですが)、私もそうだったし、連日遅くまで飲み明かすような生活の頃もあったのを知っています。でも、今では朝の陽ざしが似合う素敵な大人に変貌していて、相変わらず予定のない休日は午前中いっぱい眠り1週間の疲れをとるような私の今の生活をちょっと恥ずかしくも思いました。 そして有紀ちゃんが用意してくれた朝食を食べながら何だかんだと話していると、9時にワタシの携帯が鳴り・・・。 「早苗さん、まさか目覚まし?」 有紀ちゃんはどうしてこう鋭いのでしょうか。 その通り! しかも出かけた日にセットした目覚ましなので、休みの日のセット時間にしてはかなり早い時間。 「えっ?」(しどろもどろ) 「土曜日の朝に鳴るようにセットしたままで。ほら、車運転するからしっかり寝ないと・・・・」と何故か言い訳。 自分の生活ぶりを少し反省し、私も朝の陽ざしを浴びられるようにならないとなぁ、とここ数年では珍しく生活態度について真摯に考えました。 有紀ちゃんのお手製の人参のポタージュは、ちょっぴりしょげた私の気持ちに甘―く沁みわたっていきました。
しかし、あまり深刻にならないのも私の良い特徴である事も間違いありません。朝ごはんを済ませて、いざっ!、川遊びに向かいます!!






尾白川の清流。 上流には砂防堰が出来ていて川の流れは大分穏やかです。 遠くに雲を抱いて見えているのは、位置関係からすると甲斐駒ヶ岳、かな? 山の天気は変わりやすいと言うけれど、ここはこんなに晴れているのに、山にはあんなに雲があります。 またひと雨来るんでしょうかね。






水はこんなにも澄んでいます。 何もない砂地のようですが、これでも川の流れの淀みです。物凄く透明なので、まるで水面ではないように見えます。 細かく黒いつぶつぶはオタマジャクシ。 ものすごい数のオタマジャクシが生まれていました。 これがみんな蛙になるのかと思うと、ちょっと想像できない感じではないですか?





尾白川は、本当に「清流」というに相応しいほど澄みわたっていました。陽の光に水面がキラキラと輝き、景色を川面に映し出すような曇りが全くないので、陽の光は水流の動きがあるところでは反射しますが、ほとんどの光は川底まで到達してそこにある小石や砂を表情豊かに見せてくれています。 猫の眼のように表情を変える水の流れは本当に飽きることなく、何枚も何枚もその輝く様子を捉えておきたくなります。















e0168781_2415122.jpg


川の流れる音や、マイナスイオンにたっぷりと癒されて、そろそろ帰る時間が近づいてきました。 お昼をどこかで食べて家路に着く時間です。今日は本当によく晴れて、楽しい夏休み日和でした。もう少しいたいなぁ、と名残惜しさを残しつつ、尾白川を後にしました。



さて、お昼を食べようと立ち寄ったカレー屋さん(結局ここはランチの時間が終了していて入れなかったのですが・・・・)の横の野原で見た何ともメルヘンチックな光景。 きのこの森。 青々とした下草の野原にキノコがいかにもキノコらしく、にょきにょきとたくさん生えてました。 こんなの見たの初めて! 赤いトンガリ帽子を被った小人が居ても全く不思議じゃない光景です。















結局お昼は甲州街道の近くの台ヶ原宿にある古民家を改装したお食事処で食べて、子供たちは川遊びの疲れで少しお眠りモード。食事を終えて、いよいよ帰宅です。 暗くなる前に家に着きたいな、と思って3時頃に台ケ原宿を出発。都内へ帰る車ほど渋滞ポイントはなかったけれどやっぱり3連休最終日の中央道は少しのろのろ運転で、結局家に着いたのは夜の8時頃でした。





暮れ始める山並みを眺めながら。車のブレーキランプが示す通り、走行中ではなくて、渋滞でちょっと止まってた時です。

久しぶりのロングドライブ。 久しぶりの山間の空気。 久しぶりのBBQ。久しぶりの川遊び。そして、久しぶりの有紀ちゃんとの再会。 どれもこれも楽しかったです。 今年はいい夏になりそうです。

68352
[PR]
by sanaegogo | 2014-07-21 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
白州の森で 夏の休日 ―その1―
夏休みらしい休日を過ごしに、出かけてきました。 山梨県北杜市の白州です。 ここは、サントリーのウイスキー『白州』で有名なところなのですが、ウイスキーを作るのに適した山で磨かれた水は、知らなかったのですが、同じサントリーの『南アルプス天然水』としてこの地でボトリングもされています。有紀ちゃんが田舎暮らしを始めてもうどのくらいになるのか。自分の時系列もあまり解らなくなってきた今日この頃。 あまり正確には思い出せないのですが、すっかり地域に根をおろして色々と楽しそうに工夫をして住みなしています。 山や川を満喫できるように、日帰りじゃなくてお泊りで来てみたいなー、と予てから思っていたのですが、やっと念願が叶いました。

前回訪ねた時は中央本線の電車の旅。 でも茅ヶ崎の我が家からは、実は車で行った方が便が良くて、一度自分で運転して訪ねてみたかったのです。 車で遠出をするのが好きで、(かなりの)以前はいろいろ出かけたものですが、いつの頃からか新幹線や特急列車で景色をみたり、居眠りをしたり、時には呑みながら出かける事の方が多くなり。なので、個人的なことですが、自分自身が今までとは違ったサイクルに変化しようとしている予感がする今この時に、またこうして以前のように愛車を飛ばして遠出に出かけて行くことが嬉しくもあったりしています。 違ったサイクルといっても、もし人が大きな周期で、とあるサイクルを繰り返すのだとしたら、ある時期の楽しかったころに戻って行ったり、そんな時を取り戻せるのだとしたら、それはそれでわくわくするような気持ちにもなります。 ゆったりと新幹線の指定席で出かけて行って、足りないものや忘れ物は現地で買えばいいや、と思っていた自分か、車にありったけの荷物を積んで、自分で運転して出かけて行く自分か、どちらが私に合っているスタイルなのか、自分ではっきりとは解らないのですが、今回の遠出がとても楽しかったというのが素直な感触です。

さて、遠くに日本アルプスの山々を臨みながら、アップダウンの多い曲がりくねった中央道をひた走り、須玉で高速を降りて、車は北杜の市街へ入っていきます。 近くには小淵沢とかもあって、ちょっとした高原の気分を味わう事が出来ます。 空気がとっても気持ち良い! 山が近い! 着いた日は一緒にお世話になる驚異の雨男、通称『びしょ濡れおじさん』のおかげで、ワタシがお宅に着いて程なくした頃、にわかに空は掻き曇り、お約束の雨。 この日は取敢えず運転疲れを癒すべく、夜の酒宴に向けてひとりワインの買い出しに出かけました。




ご近所のワイナリー、シャルマンワインのワイナリーへ。 ここ北杜市は甲府に劣らずワイナリーがたくさんあるようで、その中で一番近所のシャルマンワイン。
シャルマンワイン: http://www.charmant-wine.com/





さっきまで快晴だったのに、これだもの。 八ヶ岳方面には 厚い雲が垂れ込めちゃってます。(びしょ濡れおじさんは 寝床の設営中)





FBにもアップしましたが、シャルマンワイナリーのイチオシがこれ、『白須』。 正式には、シャトーシャルマンカベルネフラン白須 2009年 だそうで、『柔らかく繊細、穏やかなタンニンとふくよかな味わいがバランス良く調和したワイン。抜栓してから少しづつ開いてくる華やかな香りをお楽しみ下さい。やわらかなシブ味ですので、洋食、和食を問わず、料理に合わせやすいワインです。』の事でしたが、なるほど、パンチが足りないと感じたのは、当たり前なのでしょうか。 よく見たら『1時間前に抜栓して室温(20℃)で飲むことをおすすめします。』だって。 これをやらなかったらだったのか!





次の日は、白州の蒸留所へ見学に。 森の中に醸造所があるのは世界でも(?)珍しいらしく、森の成分がウイスキーに沁みこんでいって醸造されるとのこと。 人間が浴びても心地よい森の成分。 フィトンチッドとかかしら? ウイスキーも心地よく精製されていっているのでしょう。 蒸留所の奥に広がる森はいかにも気持ちよさそうでした。





樽を寝かしてあるところは、むせる様なウイスキーの香りで、まるで自分がウイスキー漬けになったかのようでした。 私には嫌いな香りではなかったのですが、この空気だけで酔っぱらってしまう人もいるそうです。





思わず自分の生まれ年の樽を探したのですが、ワインじゃあるまいし、樽のままここにある訳もなく・・・。 完全にヴィンテージなワタシです。





工場見学の後の試飲会では、今日は運転をしないのをよい事に、午前中からハイボールをくぴりくぴりと。 とっても爽やかで喉越しもよく、外気で汗ばみ熱くなってしまった体に沁み渡っていく感じ。 久しぶりに美味しいハイボールを呑みました。 でも、その後の事が心配になったので、2杯目はなっちゃんにしました。 ははは。



川が見たい! と言う子供たちを連れてそのまま尾白川渓谷へ。 尾白川は名水百選に選ばれているそうですが、奥の方まで進むときれいな滝がたくさんあったみたい。 今度来た時は滝のマイナスイオンを浴びに奥の方まで分け入ってみたいものです。 尾白川(おじらがわ)は、古来、白州の山中に白黒で尾が白い神馬が住み、その霊験は白黒(善悪)を明らかにし、人界を律すると伝えられていて、その神馬が住む霊境を源とする川でなので、尾白川と呼ばれるようになったそうです。



ハイキングコースの入り口、甲斐 駒ケ岳神社(竹宇駒ヶ岳神社前宮)。 須佐之男命の子、大己貴命が祀られているそうです。須佐之男命は何をした神様だっけ?確か物凄い暴れん坊だったような記憶がありますが。





登山道へと続く吊り橋。 (吊り橋の場面はなかったと思うけど) 何だか ”Stand by me”な感じ。 往復してみましたが、なかなかスリリングでした。紅葉の時期とか良さそうです。 うーん。それもいいな。




e0168781_2163879.jpg


本当に夏休みらしい風景。 川の水の透明度は素晴らしいですね。 そして見るからに冷たそう。 アルプスの雪解け水です。 今回一番好きな1枚です。これが ワタシが見たかった風景かも。



--------------------------------------------------------------------------------------
この後、有紀宅に帰って自家栽培の野菜とお肉でBBQ。
しかし、何で写真撮ってないんだろ。
午前中のハイボールで まったりちゃったみたい。
あ、それとも、この時もびしょ濡れおじさんのパワハラで BBQ中もひと雨。
お肉や炭を慌てて屋根の下に。 そんなこんなで機会を逸したかな。
--------------------------------------------------------------------------------------


ワイン、ウイスキー、と来れば、最後の〆はやはり、日本酒でしょう。 水の綺麗な土地柄に相応しく、ここにもありますよ、酒蔵が、地酒が。 甲州街道からちょっと入った宿場町の風情が残る一角にある酒の王者「七賢」さんです。

名水を醸じて300年 七賢:
http://www.sake-shichiken.co.jp/concept.html

七賢の由来は、中国の「竹林の七賢人」という、晋朝の時代に俗世を 離れ、酒を好み竹林に清遊していたという七人の賢人のことだそうです。天保六年に信州高遠城主内藤駿河守より欄間(ふすまの上などにある木彫りの仕切り飾り)を貰い受けた事が由来なのだそうです。






店構えはこんな感じ。




造り酒屋の軒先に杉玉が吊られるのは新酒が出来たしるし。「搾りを始めました」という意味なんだそうです。吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているけど、そのうちにやがて枯れて茶色がかってきて、この色の変化が新酒の熟成の具合を物語る目安でもあるのだそうです。七賢さんの杉玉も枯れていい感じの渋さを醸し出してました。



今日では、酒屋の看板のように受け取られがちですが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものだったそうです。






有紀ちゃんが運転してくれいるので、ワタシは心置きなく生酒を試飲。 すきっとしてて呑みやすい。 美味しい美味しいお酒でありました。



この日の最後は、金精軒。 水信玄餅が有名なところなのですが、大人気で遠方から来る人が求めて帰るので、すぐに売り切れてしまうそうです。 私はお土産に胡桃信玄餅をお買い求め。
金精軒: http://kinseiken.co.jp/





何でも信玄餅は、桔梗屋信玄餅ではなく、こちらの方が本舗だということ。桔梗屋のは胡桃入りのを食べたことがなかったから、目新しい感じでいただきました!

・・・・とぶらぶら散歩風に綴ってきましたが、白州の自然と歴史と名物、たっぷり堪能いたしましたよ!


68265
[PR]
by sanaegogo | 2014-07-20 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
Ireland Trip ― Bookletが出来ました
e0168781_2134861.jpg



アイルランドにあるアラン諸島、そのうちのひとつイニシュモア島に旅したのはもう昨年(2013年)の夏の事ですが、ブログでの記事は今でも1日数件は何処かのどなたかに読んでいただいているようで、数件の訪問があります。 私にしては息の長いロングランです。 その旅行記をまとめたブックレットがやっと完成しました! と言ってもブログをそのまま冊子の形にレイアウトし直したもので、ブログのテキストに添えて選んだ解りやすい写真ばかりなので、自分の中でフォトブックという位置づけではありません。 あくまでも読み物。なので、表紙なども合わせて、なんと! 80ページにもなってしまったのですが、ブログの時と違って、写真の大きさなどにメリハリをつけて、ちょっと違った見え方になるようにはしています。 綴じ方もウェブを読んでいるようなイメージで見られるよう縦開き(短辺綴じ)にしてみました。これは自分でもなかなか気に入っています。 インデザインとか、編集ソフトも持っていないので、80ページの面付けをパワーポイントで自分で並べ替えてやったのですが、これがなかなかチャレンジングな作業でした・・・・。 そんなこんなで、内容とはまた違ったところに妙な達成感があったりします。(笑)
今まで自分なりに色々なところに旅に出てきましたが、私自身は決して Frequent Flyerとかではなく、2年に1度行くくらいのペースなのですが、行きたいdestinationが偏っているので、密度の濃い旅が出来ているのは幸せです。 今まではウェブの自分のページにアップしているくらいだったのですが、今回はふと思い立ち、ブックレットにまとめてみようと思い・・・・。さらには出来上がったらBook246に持ち込んで見てもらおう!と目論んでいたのですが、閉店のタイミングまでに完成が間に合わなかったのが悔やまれるのみです。 今、アイルランド編が完成しましたが、このシリーズでアルゼンチン編やバルセロナ編も作りたいと思っています。
ここでこの旅をブックレットの形にしたのは、それまでしてきた自分なりの旅を振り返る意味もあるし、ここ数年での自分の環境や意識の変化に伴って、次はどこに行けるのだろうか、というソコハカとない不安な気持ちがある事も否めません。 そういう意味でもある意味分岐点であったような アイルランドへの旅だったと感じています。それまで自分といものを築き上げてきた、その余波というか、残暑みたいな熱い気持ちでアイルランドへ出かけて行きました。 でも、これからはそれまでの自分とは違った領域に足を踏み入れつつあるような気がして、言わば、一から出直し的な状況でもあるので、年齢的にも経済的にも社会人としても、次の旅は、それまでの自分の蓄えてきたもの(金銭的なものと言う意味だけではなく)に頼った気持ちの旅ではないような気がするのです。これが「心境の変化」と言うものなのでしょうか。 だから、次は何を求めてどこに行くのか、今はまだ解りませんが、ここに心境の変化というものがあったのか、なかったのか、それを確かめる意味でもこのブックレットは必要だったような気がします。
と、まあ、珍しく心境を語りましたが、そんなに生々しいものでもないので、お気になさらず、と言ったところです。
「Ireland Trip」の完成を記念して今日ここに記します!!























● アイルランド旅行記、まだ読んでいない方はこちらから ・・・・・> Click!

● これまでの旅のPhoto Gallery です。 こちらから ・・・・・> Click!

67940
[PR]
by sanaegogo | 2014-07-14 00:00 | activity | Comments(0)