<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
行ってきました 清正の井戸


台風の影響で大荒れの天気のなか行われた設営、明けて天気の回復はなくそのまま現場本番。足下の悪い中ではあったものの滞りなく現場は粛々と進みそして大過なく終了。からっと晴れ上がった空の下、来場客を見送りながら、『もう少し早く晴れてくれればなぁ。』と。そんなこんなで、待ちに待った「清正の井戸」です!(ってそっちかっ!?)

目標は北門。北門とやらのところで整理券が配られるとの事でしたが、整理券のみならず、入場料500円がかかりました。これはちょっと調査不足でした。きちんとしているんだけど愛想のまったくないオバチャン二人に、「説明をします。よく聴いてください。井戸の前で留まれるのは3分です。写真を撮ったり、水に手を浸すのはよいですが、水は飲めません。後の人の事を考えて、順番などを守って整然とお参りしてください。」(きっぱり)ですって。流石に台風の後の平日月曜というだけあって、午前中で整理券が終わってしまう事もなく、井戸に近づいても人が渋滞して3列横隊になっていると言ったようなこともなかったのは幸いでした。途中は楓の若葉や菖蒲の池などがあり、菖蒲の季節や紅葉の時期はさぞかし綺麗でしょうねー、というのが想像できました。1日と半日。殆ど立ちっ放しだった疲れた足には堪えるぬかるんだ小道でしたが、清正の井戸もさることながら、そこに至るまでの行程で、マイナスイオンやフィトンチッドなど、既にパワーを貰った感じ。と言うか、(正直な話)、清正の井戸にはあんまりパワースポットとしてのオーラを感じなかったのだ。びんびん来る感じとしては、沖縄本島南部の斎場御嶽の方がはるかに凄かった。とは言え、玉石の方まで飛び乗って覗いてみたその湧き水の表面はとても透き通っていて綺麗で、葉っぱや自然ゴミなどが一切落ちてないその清らかな感じに少なからずの神秘性は感じる事ができました。流れとか波紋とかが全く見られない磨いた鏡のような水面。覗き込んだら向こうからも誰か覗いてたりして・・・・・・。大人数で行ったのと、後ろからすでに数組の人に並ばれてしまったので、あまり落ち着いてパワーが満ちてくるのを感じる事は出来なかったんですけど、うん、確かに。東京の真ん中とは思えなかったですね。
May the force be with us.



41679
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-30 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
スマフォ (Sma-pho)
最近ずっと思っていたことをふと口にしてみた。
Smart Phoneの事なんですが、省略してあらわすのが大好きと思われる現代の日本人。省略して言うのは良いんだけど、正しく、と言うか、きちんとしようよ。きちんと、と。Smart Phoneについてもユーザーが増えていくにつれ、この省略言葉を使う人口が増えて来たのですが、口語、つまり口で言っている分には構わないと思うけど、文字で表現した時くらいは・・・・。お願いだから、『スマホ』はやめてくれ、と思うのです。『スマホ』はやめようよ、『スマホ』は・・・・・。
『どうでもいいけど、あれって、「スマフォ」だよねぇ。』とふと呟いてみると、意外に周囲での反響があった。『ですよねー。あれねー。「スマホ」はないねー。せめて「スマフォ」だよねー、「スマフォ」。』 と下唇を歯で噛んで発音する面々。よかった。解ってもらえて。
言葉は常に変化するものであって、日本語でも例えば『早急』を『そうきゅう』と堂々と読み上げる人が増え、その市民権を得ようとしてるし、英語でも一昔前は携帯電話をCellular PhoneとかCell Phoneと呼んだけど、今はMobile (しかもPhoneも付けず)だけで携帯電話を指す事になっている。(私の中で、M・o・b・i・lと続いたらそれはeなしで、ガスステーションのことかと思っちゃうもんね。)
それはそれでいいのかも知れないけど、これらとこの『スマホ問題』(大袈裟)はちょっと違うと思うのですねー。英語を義務教育でやっているまだドメスティックな子供達に間違った事を擦り込んでいるとしか思えず、嘆かわしい・・・・、と思うのです。広告って影響力大だから、こう言うところ、きちんとやって欲しいと思うんですよね。(まぁ、Friendlyな感じを出すためにわざとやったって事も考えられますが。)
ここで、冷静な意見が。『そもそもSmart Phoneって意味を成すんでしょうかねー。賢い電話、って事ですよねー。なんかちょっと・・・・。どうなんですか、それって。』 鋭い。そう、海外では多分通用しない和製英語のひとつとして、アフターサービス、ガードマン、オーダーメイド、テイクアウト、ガソリンスタンド、サラリーマン、ダンプカー、オートバイ、ジェットコースター、プレゼンテーター、ヘルスメーター、ジーパン、コンセントなどと同じリストに収まる事になるのでしょう。i-Phoneに対抗して勝手に考え出した感じ丸出しだもんね。だとしたら、スマホだろうがスマフォだろうが、大して関係ないどーでもいいものかも知れませんねー。
(でもやっぱ、何かやだな。)(んっ!? もっと正しく言うと、『スマーフォ』(Smar-Pho)になるのか?)

カリカリした気分を落ち着かせて、オーバカナールのカフェラテです。ふうぅ。



41657
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-26 00:00 | つぶやき | Comments(2)
清正の井戸 (清正井)


この日仕事の関係で、朝から明治神宮へ。今日は夏のような天気なので、歩くのには少し暑そうだけど、明治神宮の参道は緑の樹木が茂っていて少し涼しげでした。東京の真ん中だと言うのにマイナスイオンたっぷりな感じ。実は、明治神宮の参道の方まで来るのは生まれて(から随分経つが)初めて。こんなに素敵なところだったのねー。原宿駅、表参道、代々木公園、NHKホール、オリンピックセンター、国立競技場など、この周辺には限りなく出没した事があるものの、(表参道ではない)参道の方まで入ってくるのは、実に初めてなのだ。明治神宮と言えば初詣。初詣と言えば、私の場合、超近いところで相州一の宮 寒川さん、あと、鎌倉の鶴岡八幡宮、遠出しても川崎大師や箱根神社などがあるので、明治神宮にはマジで立ち入った事がなかったのです。原宿駅から神宮内の目的地までは少し距離がありましたが、木陰の中、足どりも軽く楽しい朝の散歩(ではないっ!仕事に行くのだ!)でした。

神宮橋を右方向に入って参道の方に歩いてくると空気の感じが変わるような気がするのは、ここが東京でも名立たるパワースポットだからでしょうか。そう、それは、かの清正井(清正の井戸)の事ですが、明治神宮自体もパワースポットになっているみたいですね。『明治神宮、今まで行った事なかったけど、行ったからには清正の井戸に・・・・。』などと目論んでいたワタシでしたが、午前中に整理券をもらっても午後帯の順番になっちゃって、やっと順番が回ってきても一人せいぜい3分留まれればよいくらいの混みっぷりらしいですね。本番は午後早くに終わってしまうみたいなので、ちょろっと寄って来ようと楽しみにしていたのですが・・・・・。

下見が終わって社に戻ると、留守番組も何やら清正の井戸の事について、わくわくと色々調べていたらしく、朝5時から配られる整理券のハナシとかは社に戻って彼女らに聞いたのです。
『朝5時に整理券取りに行っても、超混んでるから午後2時からとかになっちゃうみたいですよー。』
『でもさー、午後2時とかだったら、もう現場終わってるかなー。』
『当日朝来る前に井戸のところに寄ってくればいいのか。どうせ集合早いだろうし・・・・。』
『前日の設営の日とかにちょっと抜け出して行ってみる?』
仕事そっちのけであれこれ、きゃっきゃ言う我々に、苦言を呈すこの案件のメインディレクター。
『どーでもいいけど、仕事はちゃんとやってください。井戸に行って迷って来れないとか、止めてくださいよ、ホント。』
だってさ。

東京のパワースポット、他にもこんなにあるみたいです:
http://www.goriyaku.kotomeguri.com/tokyo/spot/spot.html

41347
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-19 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
大都会 PartⅡ


先日アップした新宿の写真ですが、実はこんなのもありまして・・・・。どちらにしようかちょっと迷ってあれにしたのですが、これもなかなか捨て難い。なので、禁じ手とはしりつつも、こちらも続けてアップしてしまいます。こうして見ると、やっぱりこっちの方が好きかなー。
いろいろある中で『これよっ!』と思う1枚に絞るのは時には難しく、(大袈裟かもしれませんが) 時には勇気がいるものです。例えばブックに入れる時など、どちらか選べないからと言って、仮にこの2枚を入れたとしても、見る人にとってみたら、『どっちかにしてよ。』あるいは、『ちょっと違うだけで同じ写真じゃん。』と受け取られてしまうのでしょう。同じアングル、構図で、大きさだったり、人物だったらポーズだけがちょっと違う写真を同時に見せても見る人を瞬時に飽きさせてしまうだけだ、と、とあるカメラマンの方にアドバイスいただいた事がありました。
やっぱりこっちが好きかなー。となれば、先のワタシの選択は、完全に失敗だった訳です。
・・・・プリントするのはこっちにします。
(大都会PartⅡ、これは確か、石原軍団の刑事ものだったような・・・・。)

41271
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-18 00:00 | つぶやき | Comments(0)
大都会


♪ あぁーはぁー、 果ってしないぃぃぃぃー
♪ ゆぅめ(夢)を追いぃー 続けぇー えへへぇぇぇー
♪ あぁーはぁー、 いっつのぉ日ぃかぁぁぁぁーー
♪ 大空ぁ 駆けぇー 巡るぅぅぅぅーーーー
(果てしない夢を追い続け いつの日か大空駆け巡る)

『大都会』(1979年)のフレーズが頭を過ぎるような感じですが・・・・。
大都会。クリスタルキングが唄っていた昭和の名曲(?)(ヒット曲ですかね。)で、
テレビ番組の「残したい昭和の名曲100選」みたいなのでしか聴けないので、
(カラオケじゃハードルが高すぎて誰も唄わないし・・・・。)、
若い世代の人はご存知ないでしょうねー。
せっかく(?)なので、聴いてみてください。
自慢の高音質みたいです。
ビデオクリップではないですが、画像がなかなか素敵です。

最近新宿によく行きますが、湘南新宿ラインに乗れば1本で行けるなんて、昔だったら考えられないほど楽チンになりました。思えば先週も新宿に来ましたねー。今週は航空券の残金を払うためと到着から最初の移動までに泊まるブエノスアイレスのホテルの予約に来ました。3都市巡るので、最初のブエノスアイレスでは老舗のゴシック様式のホテル、これは、HISに予約してもらいました。到着の時にもし何かアクシデントみたいなものがあったら、旅行会社のバウチャーを持ってる方がよかろう、と言う事で。そしてコルドバではB&Bみたいなおばちゃんが切り盛りしているような温かみのある宿。で、メンドーサではモダンなデザイナーズホテル。コルドバとメンドーサは自分達で予約するつもりです。いよいよですねー。旅の手配はやっぱり楽し。

41239
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-14 00:00 | つぶやき | Comments(2)
いつも同じ場所で
さて、先日Flickrに季節外れの桜の写真をアップいたしましたが、またまた桜が出てまいりました。本日、現像+プリントからあがって来たものです。
実験的試み、と言う事で、①部屋の片隅から出てきた買い置きしておいた古い古いフィルムで、②広角のトイカメラを使用し、③毎日毎日撮影して、みました。(ま、みなさまよくされているので、さして新しい試みではないのですが、自分としては・・・・。)
いつも仕事先の近くの写真屋さんに出しているのですが、仕上がりを取りに行ったらご主人(のおばちゃん)が何やら慌てている様子。「さなぁえさん(実際は苗字の方で呼ばれてますが)、このコダックのフィルム、もう製造してないのだったんですけど。なので、色も発色がよくなくて、写りも変なんですよ・・・・。」と不安気な様子でした。どうやら自分ちの現像とプリントがよくなかったかも、と思ったらしく、恐る恐る、そう言われました。「いえいえ、わざとですよ。このフィルム、相当古いんです。あと、カメラもトイカメラで撮ったので、こんな感じなんです。どんな感じになるかなー、と思って。わざとです。」と言ったら安心していた。「そうなのーっ! それならよかった。いつもきちんとしたのを撮ってらっしゃるから・・・・。」と。きちんとした、と言う表現が嬉しいかどうかは別として、いつもデジタルのプリントをお願いする時は、「色補正なしで」とか「ノートリで出してください。」とか、その他解ったような振りをしていっぱしの注文をつけるので、いつも技術者らしき息子さんがわざわざ別のところ(多分外階段の2階)から降りてきて、画像を確認しながら対応してくれていたりしていたのです。(数回しかないが)現像をお願いした時はいつもモノクロフィルムだったりするので、「モノクロフィルムで撮ってるんですねー。今でもこんなの売ってるんですか?」などと、このムーブメントを知らんのか?写真屋さんとしては完全に世間知らずと思われるそのおばちゃんですが、いっぱし風に誤解されると言うのは、何気に嬉しいものでした。
さて、その桜の写真。もう少し引きで撮れたらよかったんですが、これ以上下がると周りの雑多なものが入ってきてしまって。あと、もう少し緑の葉っぱが出て、樹が青々とするまで撮り続けたっかたのですが、この日以降は寝坊が続き、駆け足でバス停に向かう事に。毎朝すれ違う散歩のおじさんに、「毎朝ここで写真撮ってるねー。」なんて、会話もあったりもし、なかなか楽しかったです。
(まだまだ残ってる劣化フィルム。今度は何を撮ろうかな・・・・っと。)



41158
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-13 00:00 | つぶやき | Comments(0)
カシューナッツの月夜


夜空にぽつんと一粒、カシューナッツが・・・・。もっとシャープな爪の先ような月もありますが、この三日月は何ともチャーミング。可愛いっすねー。月はよく好んで撮ってますが、この三日月はなんとも美味しそうで。月夜と言えば・・・・、先日写真を整理していたら、もう季節外れではありますが、夜桜と月の妖しい1枚が出てきました。きっと呑んで帰ってきた時、帰り道で写したものだと思うのですが、こんなのを撮っていたなんてすっかり忘れてました。桜の季節もとうに終わってしまったので、唐突に1枚Flickrにアップしときました。自分としてはなかなかのお気に入り。

←こちらからclick!してご覧ください。 (どれが月だか、判りますか?)

さて、美味しそうなカシューナッツと言えば、カシューナッツはピスタチオと並んで、大好物のナッツのひとつです。以前は体調が悪いときに空腹になったりすると低血糖を起こして貧血のような症状が出た事もあったので、カバンの中には常に非常食を忍ばせているワタシ。ここ数年は幸いにそんな症状を起こす事もなかったのですが、最近ではいつ地震が来てもこれで何とか安心、と言う側面もあります。イチゴチョコレート、ソイジョイなどいろいろ経験(?)をしてますが、最近ではナッツやドライフルーツを好んで持ち歩いてます。折しも(?)今カバンに入っているのは、ドライジンジャーとカシューナッツ。どちらも美味い!もともと甘いものは食べるには食べますが、どちらかと言うと塩気のあるものの方が好きで、仕事先のデスクでもぽりぽりとナッツを食べたりしてます。(リスみたいに・・・・。) 知ってる人は笑ってやり過ごしてくれますが、『会社で酒のつまみですか?』と半ば呆れられる時もあります。まあ、そうね。あまりきちんとした社会人には見えないかも知れないですね。でも、決してお酒が呑みたい気持ちをごまかしている訳ではありませんので、悪しからず・・・・。

40980
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-08 00:00 | つぶやき | Comments(0)
ただ広い場所
e0168781_03364.jpg


家の近所に工事中の一角があって、バスに乗って帰宅する度、妙に心惹かれてます。ここは公団の何棟かが建っていた場所が建て替えのために更地にされて、広大(?)な敷地が塀に囲まれた空き地になっていたけど、他の敷地はもう建て替えは済んで、新しい住人が入ってきているけど、ここだけはいつまでもこのままなんです。歩道と接するところは塀(と言うか、幌を張ったような門)で囲まれて、何故かいつもその門と言うか、幌のカーテンみたいなものは開けっ放しになってます。足場には大きなトラックの出入りに堪えられるように鉄板が敷かれてて、至極人工的な感じもしますが、こんな広々とした場所を見る事は最近の生活圏の中では滅多になくて、思わずいつも車窓から見入ってしまいます。何でもここに新しい棟が建たないのは、緑地公園、兼、広域避難場所になるそうです。と言っても、ここも海から直線距離で約1kmほどのところ。海抜も低いし、津波が来たらひとたまりもない場所ではあります。2本の樹の下には少しだけ草が生えていて、シロツメクサの花が沢山咲いてました。



40904
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-07 00:00 | つぶやき | Comments(2)
新宿三丁目で


このところ、大きな地震がない。
それがちょっと怖い。
地震がないのが怖いなんて、ちょっと変かも・・・・・。

旅の手配が本格化してきました。今日は新宿のHISに行って、アルゼンチンの国内線の手配に。ブエノスアイレスとコルドバを廻る予定にしてましたが、1都市、メンドーサを追加。ここはアルゼンチンワインのワイナリーが沢山ある街で、ワイナリー巡りとかも出来るらしい。最初はブエノスを拠点として、あっちにいったりこっちにいったりを考えていたけど、よくよく調べるとブエノスアイレスとコルドバで東京と大阪くらいは有に距離があるらしく、冬物が入った重いスーツケースを担いで、3都市を巡る事に。コルドバ―メンドーサ間のフライトが1日1便と言う事で、融通が利かず、あーでもない、こーでもないとカウンターでアイテナリーを相談する私達にHISのホンジョウさんは本当にてきぱきと対応してくれました。(それくらい相談済みでやって来いっ!って感じだったと思いますが。)そもそもいつも全くと言っていいほど情報が取れない場所に行こうとするからなんですが、前回一緒に行ったSnata Fe の時も現地でホテルを代えたり、なんだかんだ珍道中でした。それでも英語圏は何とかなると思うのですが、やはり、言葉の通じないところは日本である程度手配してった方が絶対安全だよねー、と考えるようになったのは、歳をとった証拠でしょうか。『ワタシ、バハマでランドオペレーターやってたんですよー。』ホンジョウさんにぽろっと打ち明けてみる。『えー、バハマですか。今は殆ど・・・。』そうですよねー。時の流れと共に人気の目的地も変化するのです。『ワタシがいた時は、HISのリエゾンオフィスはなかったんだけど、チエコさんって言う現地係員がいましたよ。』懐かしくなりついつい話してしまうオバチャン丸出しのようなワタシ。『と、歳が違うからさ、ホンジョウさんに言っても多分その人の事知らないと思うよ・・・・。』と制される。そうよね。仮にチエコさんがまだ日本のHISで働いていたとしても、年齢から支店のマネージャーくらいにはなってるでしょうよ。

新宿で夜呑むなんて、本当に久しぶりです。この日はGW3連チャンのワタシで、その前は、焼き鳥、和食、と続いていたので、何だかピッツァが食べたい気分で、新宿3丁目の 伊太利亜市場 B・A・R に行く事に。ここはサルヴァトーレ・クオモの原点と言うお店らしく、ハウスワインに『クオモ一押し!』と言うのもありました。ピッツァは勿論ナポリピッツァ、この日は正統派マルゲリータを。後はパルミジャーノの中でチーズに絡めたリゾット、カプレーゼ、ロメインレタスのシーザーサラダ、生ハムとサラミ、どれもスタンダードのメニューだけど旨い! ボーノボーノ、です。

新宿三丁目の辺りは、学生時代にちょっと不健全でアンダーグラウンドなクラブみたいなところに時々行ったりしていて、懐かしさのあまり少しだけ徘徊してみたけど、当時とは比べ物にならない程健全な感じになってました。(って言うか、行ってないから店知らないし・・・・。)あとは、当時よりかなーりオトナになってるから、もうそんなにインパクトがないんでしょうね。時は流れるのですねぇ・・・・。

HISのホンジョウさん。顔見せは本人未承諾ですが、マズかったら、取り下げときます。(今度行ったとき、申告します。) きびきびとこちらの意をすぐに汲んでくれて、とても頼もしかったです。ちょっと安達祐実似の可愛らしい方でした。南米・北米にお出かけの方はおススメいたしますことよ。


40880
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-04 00:00 | お店@新宿界隈 | Comments(0)
ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー
東京オペラシティー アートギャラリー
2011年4月9日(土) ― 6月26日(日)
http://www.operacity.jp/ag/exh129/
http://www.asahi.com/event/homma/

楽しい、そして何だか少し考えさせられ、気持ちが少しざわざわするような感覚で観終えた写真展だった。ホンマタカシさんは、言わずと知れたコンテンポラリーの写真家であり、そのバックグラウンドは藝大卒であったりするアカデミックな芸術家的側面とか、木村伊兵衛賞を受賞した正統派写真家の側面であったりとか、超老舗の広告代理店に勤務経験があるアドマンであったりとか、モード誌のゴージャスなモデルを撮影するスタジオカメラマンであったりとか、今は大学院の客員教授をしているようなマルチな人で、コンテンポラリーの美術家として名を馳せているけれど、巨匠と言う近寄り難い雰囲気も(多分)なく、その作品はとてもシンプルで、この写真展は是非観てみたかったのだ。

ニュー・ドキュメンタリーと言うテーマは、聞いた時、始めは、何かな? と思ったものの、観終わってみてその意図が判ったような気がした。ドキュメンタリーのようで、ドキュメンタリーでない、とも言い切れず、ドキュメンタリーかも知れない・・・・、のような空気感をファウンド・フォトの手法を織り交ぜながら醸し出していく。詳細なレビューはプロの方が(ネットや雑誌の)色々なところで原稿を寄せているので、そちらを読んでいただいた方が良いと思うけど、人の家の家族写真を、見知らぬ人の思い出の写真を、その中から展示されている写真達を選び出すその行為がホンマの写真作家としての表現であり、「撮影」とはまた異なった写真家としての仕事なのだ。当たり前の事だけど、写真展が1枚の秀逸な写真の集合体として成り立っているのではなくて、複数枚を並べて、展開させて何かを問う、何かを顕す、事で成立するのだー、と言う事を目の当たりにした感じ。ピックアップする嗅覚をお持ちなんだよねー。何気ない風景が、何と言うことも無い子供の所作を写した写真が、ホンマに選ばれ並べられていく事により魅力的な光を放つようになる、フィクションか? ドキュメンタリーか? どちらともとれる光景をフィールドワークと言う架空ではない条件の中で意味有り気に撮影し展示する。既にある写真をなぞる様に撮影し直す、とか、面白いなーと思いましたねー。(折しも夏に予定されている作品研究会の発表会に出す写真をいままでのものの中から選ぶ作業をしているワタシ。自分としてはすごくタイムリーな感じでわくわくした。)

とは言え、ヒトコト。これが写真展として、作品群として成り立つのは、やはり、ホンマタカシと言う人の学術的裏打ちのあるバックグラウンドとフィールドを限定しない精力的なアウトプット、つまりこれまでの彼の実績があるからこそ、成り立つものなのだ、と言う事はひしひしと感じられる。(あ、否定的な意味ではなくね。) 遅筆なワタシには珍しく、会期はまだたっぷりあるし。(長いからね。) 小難しい事は忘れて自然体で観るととっても面白い不思議な写真展だと思う。是非。


40843
[PR]
by sanaegogo | 2011-05-03 00:00 | art | Comments(0)