<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
年の瀬に夢を語る 恵比寿~三宿
多分これが2010年最後のエントリーになるのでしょう。 いい歳をこいてまたしても帰宅難民になった夜です。この夜は2011年に計画している旅行について語りあう夜でした。これまでのワタシは自分が「ああしたい」とか「こうなりたい」「こうしたい」事とか、具体的に計画している事とかでも、かなり確証が得れるまであまり公言はしない質だったんですが、ここのところ心境が変わって、口に出してればいつかは叶うようになるのかなー、などと思ったりしています。実際自分で決意すれば計画が軌道に乗って何とかなる事が多かったので、悶々とした事はなかったのですが、もっとも適齢期での結婚とか(素敵で満足のいく)憧れの職業に就く、などは果たせずにおりますが、ま、こればっかりは縁とタイミングが大きく左右するところもあるので、そこは人智の及ばぬところとして・・・・。
さて、横道に逸れましたが、2011年は憧れの地、チュニジアに行きたい!と本気で考え始めています。是非訪れたいdestinationというのが予てからいくつかあって、その中でも与那国島、ハワイ島、Cuba、Santa Fe、Los Cabos(メキシコ)、Barcelonaなどをこれまで攻めてきましたが、最後(?)の大物、元気があるうちしか行けんだろう彼の地、チュニジアを訪れる時が来た、と感じているのです。(時は熟した!)で、その夢を熱く語っているうちに終電に乗り損ねた訳です。
そもそも砂漠や土漠が好き。荒涼としていて乾いた(時に湿った)空気が好きで。自分の中で「砂漠映画」と言うジャンルがあって、「バグダッド・カフェ」、「パリ・テキサス」、「スターウォーズ」、「シェルタリンング・スカイ」、「イングリッシュ・ペイシェント」、どれも心に残る情景です。(スティング様には申し訳ないのだけど、「砂の惑星 デューン」は見てないのです。)これも全ては、幼少期に見た「アラビアのロレンス」のインパクトが影響しているような気がします。イギリス兵のロレンスがアラブの民と結託してダマスカスを陥落させる、そのダマスカスにも是非行ってみたいし、ベルベルの民が行き交うサハラ砂漠、古から続くメイズのようなチュニスの街。チュニジアン・ブルーの窓や扉。辺境の惑星タトゥーウィン。心躍りますねー。
と言うようなハナシ、その他で恵比寿のチーズバーラ・キャバヌ エビス(La Cabane Ebisu)で盛り上がっておりました。そしてもうひとつは、ルネ(と私たちが勝手に呼んでいる)お店のご主人とおしゃべりするのが目的だったのですが、ルネは神楽坂のお店の方に行ってしまって、ここにはもう顔を出さないとの事。残念至極。折角今日はルネの写真を撮って拙ブログにアップしようと思っていたのに。アダムスファミリーのような風貌のルネですが、何と店長さんだったそうです。
夜は長い。気を取り直して、三宿へ移動。 OKAVILLAGE 。経緯は省略させていただきますが、ここで、かの黄色い魔法楽団のあの方ご夫妻とご一緒させていただきました。ご本人は想像どうり、とても寡黙な方で、我々は主には素敵な素敵な氏の奥様とおしゃべりに興じてました。とってもチャーミングな方で感激でした。(実名を出すとホントにご迷惑に思われそうなので、この辺にしときます。)
まだ体調は万全ではなく、ハナをかみかみの夜でしたが、2010年の最後(の方を飾る)酒宴としては、インパクト満載の夜でありました。三宿って、ワタシにとっては帰らないつもりじゃないと行けない街のひとつだったけど、噂どおり、三宿すげー、って感じ、でした。


37462
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-28 00:00 | お店@青山 表参道 | Comments(2)
Deracine Swing Live

珍しくも風邪をひき、それも鼻と喉の風邪、ちょっと調子が悪かったのですが、渋谷は道玄坂までライブに出かけて来ました。

『MERRY MERRY!! ~ラスト・チャンス・キャバレー~』
アイルランド、沖縄音楽をベースに越境する音楽集団、Deracine Swing。
旅の途中で出会った「目をあけて夢見る者たち」が、師走の夜に灯をともす。
アコースティック音楽でゆるやかに今年を締めくくる祝祭空間。
気楽な顔して飲もう、踊ろう!



『行くね、行くねー。』と言いつつも、なかなかタイミングが合わず。12月26日、クリスマスの翌日と言うこの良き日に果たす事が出来たという訳で。
アコースティックな三線とギターの調べに揺られながら、ゆるゆるとしつつも Hotな時間でした。楽曲もさることながら、個人的には、久しぶりに聴いた三線のチューニングの音に聴き入ってしまって。とーさんが三味線(細棹)を弾く人だったので、調子笛に合わせて弦を巻き上げながら三味線をチューニングしているのを子供の頃からよく聴いたりしてたから。何だかとても懐かしくて優しい気持ちになってしまい。(とか言ったら、ステージの皆さまには怒られそうですが。)

アイルランド民謡にインスパイアされた曲も、いいですね。新鮮でした。自分の中でアイルランドと言うと『Once ダブリンの街角で』と言う映画が頭に浮かぶんだけども、あの映画の中で見たダブリンの冷えて張り詰めた空気の感じ、寒い街角では無表情だけど心に熱い何かを抱えた主人公たちと唄の情景が被ったり。
飛び入り(?)のモハメッドfrom Tunisia の「童神」、「安里屋ユンタ」の意外性も面白かったです。


ふと、何で沖縄とアイルランド何だろうねー。もちろん音楽の耳触りの感じに惹かれているんだろうけど、熱い熱い湿潤な琉球と寒い寒い荒涼としたアイルランド。対照的な風土から奇しくも産まれたこのふたつの世界の共通点。みたいなところに惹かれてるのかも知れないですね。(あまり思い込みで言うのは無粋というものですが。)
寒い季節も捨てたもんじゃないな、と、店を出て寒い外気にあたりながら駅に向いつつ思ったりしました。また来るね。


はすとばら にて。

37371
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-26 00:00 | music | Comments(2)
montoak


(実は、お店レポートもブログでやってまして・・・・。)
HERB & DOROTHYを観た後、何処かでちょっと落ち着いていこうよ、と言っても、意外にあの辺りってそんな時のお店を知らなかったりする。で、青山、ちょっと足を伸ばせば表参道と言う事で、
気分はすっかりミッドセンチュリーな感じを求める気持ちになり、
予めお店を漁った結果表参道のmontoakに出かけることにした。歩くのは平気な私らなので、
15分ほどテクテク寒空を散歩。 見落としそうになりながらも賑やかな表参道沿いにひっそりと佇むガラス張りの建物を発見。お店は満員で、複雑な構造の店内の階段の踊り場のようなスペースにコジンマリとしたスペースにあるソファーに通された。建物はコルビジェの設計と言う噂もあったけど(そう書いてあったブログがあった)、それはガセのようで、でも建物もインテリアもとてもシックで素敵。
お店のdescriptionについては、ワタシが彼是拙く書くよりも、下記のサイトを読めばバッチリというもの。

● 東京カフェマニア:http://homepage3.nifty.com/cafemania/01cafe/omsd_montoak.html

● Shift: http://www.shift.jp.org/guide/tokyo/bar-restaurant/montoak.html

● heads:http://www.heads-west.com/montoak.html


なので、ワタシは『ウニのピザ』についてコメントしておきたいと思います。これは良いっ! 新しい感じ。ウニのピザ。ウニとピザ。斬新でしかも美味しかった。チーズとウニの濃厚な感じがよく溶け合っていて、でもしつこくなく、放射状に切った各ポーションにトリュフのようなものがトッピングされているのを見て一瞬心躍ったけど、これは実は海苔。でもこの海苔がとても良いアクセントになっていて、かなーり、イケました。ウニの瓶詰めでも作れそうなので、試しにやってみると良いかも知れない。勿論、各ポーション、本物のウニもちゃんと乗っかってました。


(この記事はバックデートで書いてますが)、
montoakで楽しんだ翌日もまた某忘年会。そして終電近くでの帰宅。バスを30分待ってるんだったら、その間家まで歩けちゃう、と散歩がてらの深夜帰宅。月が綺麗で思わずカメラを取り出し・・・・・。表参道のイルミネーションにはカメラを出しもしなかったんだけど、この日の月の方が全然心惹かれる感じだったな。


37136
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-17 00:00 | お店@青山 表参道 | Comments(2)
HERB & DOROTHY (ハーブ & ドロシー)


渋谷 宮益坂の上にあるシアター イメージフォーラムにて、HERB & DOROTHY (ハーブ&ドロシー)を観に行ってきました。素直にシンプルにただ、『何だかとってもよかったぁ・・・・。』と言うのがぴったりとした感じのドキュメンタリー映画です。NYに住んでいるアーティストのT嬢にメールした中で、映画についてババーッと書いてしまったので、精根尽き・・・。失礼ながらそのメールを引用しちゃいます。

T嬢へのメールより
― 前文省略 ―
『成るべくして』と言えば、この前、ハーブ&ドロシー(HERB & DOROTHY)と言うドキュメンタリー映画を観てきました。
渋谷の宮益坂の上のシアター イメージフォーラムと言う小さなフィルムシアターで上映されているもののなのですが、ヴォーゲル コレクションを築いたなんとも可愛らしいご夫婦のドキュメンタリーで、ご夫妻本人と彼らと親交を厚くしているコンテンポラリーのアーティスト達へのインタビューで内容はつづられてます。
T嬢はヴォーゲルコレクション、知っていた? 私はその存在すら知らず、映画を観てその事を知り、とても感激しました。 ただ好きだから追いかけていたら、ナショナルギャラリーに2000点あまりを寄贈するようなコレクターになっていた、まさに、『成るべくしてなった』の極みです。彼らの買い集めていたものは当時誰も見向きもしなかった新進のアーティストの作品で、勿論作品研究とか評論とかされてもいないし、付加価値もない。だけど、HERBが気になった作品をこつこつと集め、引越し用のトラック5台にもなったそうなんです。最近では早めに売り出し中の作家の卵を学生の中から探し出して、投資するみたいに青田刈りするギャラリーも多いようだけど、彼らは決して先物投資的感覚でコレクションをしていた訳ではなくて、純粋に好きだったから。そう、その純粋さ、にじんわりと来ました。また2人ともいい顔をしてるんですよ。決して美男美女だとか、裕福でお洒落だとかではないんだけど、とっても幸せそうなのよねー。そしてとっても知的。優しい知性が溢れ出していて、そしてお茶目。ただ単に好きだから何かを蒐集するのは誰でもやるんだろうけど、2人のすごいのは、それに時代が付いて来るような天性の『目利き』だった事。でも、さっきも言ったように、その時を待ってコレクションしたと言う狡い気持ちでいたわけではないのよねー。自分の気持ちだけで向き合っているんですね。なので偉業を達成したとは全然思ってないの。
DOROTHYなんて、インタビューで作品の意味を聞かれると、『意味はありません。視覚的なものなので。』と言い放ち、『私はよく判らないの・・・。』と正直に感想を述べたり。そしてHERBがとにかく作品を観る。観察と言っても良いくらいに。そして作家の作品をシリーズで観る。まるで虫の観察をしている子供のようでした。どうしてそんなに好きなのかは、彼自身にももしかして判らないんじゃないかな。それに理由なんて気にしてない感じ。
インタビューに答えるお2人の様子が本当に仲睦まじく、それを観ていてこちらまで自然と微笑んでしまうし、どうしてこの映画が多くの人に愛されて大ヒットと言う形ではなくてじんわりと広がってきたのか、とか、理由を考えるのもアホらしいほど一目瞭然な感じです。
2人は若手の作家自身を愛してたし、2人もまた彼らに愛されていたし、その絆みたいなものが大きなネットワークというか、輪をつくったんですね。コレクターとアーティスト、立場は違うけど、T嬢のメールに書いてあったさっきの話と照らし合わせて、感じ入るところがあります。
とにかく、とても良いものを観た感じがして、思わずまたどーーーっと書いてしまいましたが、機会があったら観てみてください。(または、既に観た?)(NYでも17週のロングラン上映だったらしいですよー。)
(クサイけど)純粋な心を思い出させてくれるような、そんな映画でした。
それでは。

さなぁえ

37085
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-16 00:00 | movie | Comments(2)
出かけるのをやめなさい


本日、平成の大工事 2期工事を推進するため、また歯医者に行って来ました。前歯の根元の治療が依然と続いています。先っちょにブラシのようなものがついた、小さな細い細い歯間ブラシのような器具で、前歯の神経が通ってた空洞をガリガリガリガリ、掃除をしています。『何か、おトイレとか、配水管の中を掃除するのにこんな道具があったよなぁ・・・。』などと思わなくもない、感じ。『どんな感じですか?』『嫌な感じです。』そんな抽象的な会話で良いのだろうか?歯医者に行くといつも思います。神経がないので痛みは全く感じないのだけど、「無感」と言う訳ではないから面白いですね。痛みではないけどイヤ~な感じはするのです。このイヤ~な感じが取れないと本歯(と言うの?)は刺せないそうです。トラウマがあるので、なるべく自分の感覚を研ぎ澄ませ、適当な答えはしないように心がけてますが、ガリガリガリ、『どうですか?』『嫌な感じです。』、一体どのくらいこのやりとりを繰り返せば直るのかと思うとちょっとメゲてきます。
今日は薬を入れてもらったのですが、相変わらず仮歯のまま。しかも、今日はそれまでつけていた仮歯をそのまま刺して補強したので、その出来の悪さと見た目のマズさはそれまで以上となり、これにもちょっとメゲています。殆どのものを鳥の餌並み(とまではいきませんが)に小さく箸やフォークで切って、前歯は一切使わず食事をしてます。たまに、その前歯にむにっとある種の感覚が走り、『と、取れる・・・・。』とびくびくしてます。何があっても良いようにマスクも常に持ち歩いてます。
『これから忘年会とか、出歩く機会が多いですけど、なかなか直りそうにないですね。』としょげて言う私に、『そうですね。フランスパンを噛み千切るような事はしないでくださいね。』と優しく言う先生。先生、でも私、最初の仮歯はケンタッキーフライドチキンを食べてる時に脱落したんですけど・・・・。
『あまり気になるようでしたら、出かけるのは控えた方が良いかも知れませんね。』
あぁ、先生。そこは気持ちが沈んだ私を和ませるためにも、是非、

『出かけるのを、やめなさい・・・。』

と、恍惚とした表情で言って欲しかったです・・・・。

36935
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-13 00:00 | つぶやき | Comments(4)
Band Aid と USA for Africa


12月に入ると一斉にクリスマスツリーの点灯式が始まります。LEDの普及でもっぱらクリスマスイルミネーションにはLEDが使用されてるんですが、どうも好きになれません。青いLEDはLEDで、それはそれで綺麗なのですが、ちょーーっと毒々し過ぎるかなぁ・・・・。数年前ミッドタウンのイルミネーションを見た時も、「綺麗」と言うよりもケバさを感じてしまいました。電力はかかるのかも知れないけど、やっぱり白や黄色の優しい光が好きだなぁ。

クリスマスシーズンになると思い出されるのが、"Do they know it’s Christmas?" Band Aid の楽曲です。チャリティー ソングで言うとUSA for Africaとかと良く比較されるけど、(と言うか、Band Aidは完全に喰われてましたね。)、私はBand Aidの方が好きかなぁ・・・・。暫く前に拙ブログで出演者チェックをして遊んでた事があって、久々に振り返って見てみたらなかなか面白かったので、再度ご紹介しちゃいましょう。お好きな方はきっと楽しんで、そして懐かしんでいただけると思いますよー。

Do they know it’s Christmas? Band Aid
We are the worldUSA for Africa
( をClick! )

36809
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-08 00:00 | music | Comments(2)
浜辺の風景 ― 茅ヶ崎海岸にて


日曜日、近所の浜に出かけて来ました。とある事情(9月末に行けなくて振り替えてもらったモノクロのレッスンの素材を撮る)があったのですが、モノクロだけに妄想は膨らみ、ブルース・ウェーバーちっくなのが撮れたらよいな、と。ホルガの中に入ったままだったモノクロフィルム。調子が出てきた時にはフィルムが終わってしまい・・・・・。あぁ。またロクな感じじゃなかったら、どうしよっかなぁ・・・・。翌日現像にまわしました。

それにしても上の写真。こうして並べてみると、自分の中の一番好きなバランスと言うか、自分なりの黄金比みたいなものが、にょ、如実に顕れてて面白いですね。狙った訳ではないのですが。
本当はもう暫く前に廃止になって、廃墟になっている茅ヶ崎市営プールを撮りたかったんです。少し前までは、海岸を廻るバス路線に乗ると水の入っていないガランと口を開けたプールのうすら寂しい風景を見る事が出来たと思っていたのですが、行ってみたら既に更地になっていて、プールや売店の跡は跡形もなく消えていて、全然気づかなかっただけに愕然としました。でも、ワタシが気づかなかっただけで、もしかしたらかなり前に取り壊されていたのかも。ここにもなにか建つのでしょう。134号線と浜の間の狭い狭い土地にここまで住居や店舗が立ち並ぼうとは、子供の頃は考えてもみませんでした。潮や砂、結構大変なんですよ。

← 上の小さくしてしまった写真も含め、Flickr にもアップしました。












36748
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-05 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)
HUIT(ユイット) along 目黒川
中目黒のHUIT(ユイット) に行ってきました。ふらっと行く度に入れない人気のお店なので、そんでは、今回は予約をしてしまいましょう!と言うことにしました。7時にお店に入った時にはちらほらだったお客さんも夜が更けるに従って段々と混んで来たのですが、予約のお客さんを追い出すような事も無く、居心地が良い時間を過ごさせていただきました。お料理、カンパーニュなどパンともとても美味しく、最後にいただいた豚ばら肉とひよこ豆の煮込み、とってもとっても美味しかったです。桜の季節には是非来てみたいけれど、予約って一体どの位前に言ったら入るのかなー。カフェは居心地の良さが重要なポイント。とっておきのお店として大切にしたい感じですね。おススメです。
(因みにHUITの写真はお店のWebからお借りしてきました。)


さてさて、7時にHUITで待ち合わせをする前に、馬車道の歯医者に寄って来ました。実はあの前歯脱落の憂き目にあった日から数日後、昼食を食べていたら仮歯がむにっと取れました。その感触がうっすらトラウマのようになっていて、前歯脱落の時よりもかなり精神的ダメージが大きかったのですが、この日、歯医者さんは状況について丁寧にいろいろ説明してくれました。
刺し歯をするために神経線維を全部取り除くんそうなんですが、どんなに歯の中の神経を取り除いても顎の骨と接してるところに神経は残るらしいんです。で、状況によってその部分が炎症を起こしたり膿んだりするらしいんですが、ワタシの場合は何らかの原因で神経線を取った後の空洞に詰めた薬剤が抜けてしまって、それが根元の炎症を引き起こして・・・・、みたいな。『そうならない人もいれば、体調によって、例えば疲労とかで、そう言う症状につながる人もいます。』との事。体調不良・・・・・、何だかんだ言って今年は頑張っちゃったからな。前歯を犠牲にしてまで頑張ったつもりはないんだけど・・・・・。


写真はバルセロナ旅行の中で好きな1枚。サグラダ・ファミリアの塔の上に上る螺旋階段の中から見た身廊の壁に刻まれている文字です。『sacrifice』。今の状況にうってつけ(?)。今夜のcompanyの1人がスペインに長く住んでいた彼女だった事もあって・・・・。また行きたいです。



≪2008 El Temple Expiatori de la Sagrada Família≫


36691
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-04 00:00 | お店@恵比寿 中目黒 | Comments(0)
小夏日和


昨晩からザーッと降った豪雨が上がり、街は高圧放水されたみたいに何だか綺麗になっていたような気がします。空もまるで台風一過のような雲の動きでした。昼間は24℃ですって。小春日和どころか、小夏日和くらいいっちゃってますね・・・・。

もう12月になっちゃいました。2010年もついに残り30日を切ってしまいました。やり残した事はないですかねー。ずっと手付かずになっているあんな事とかこんな事。これ以上持ち越さずに順々に片付けてしまいたい気分になってます。それと同時に、来年2011年は是非実現させたいあんな事とかこんな事。情報収集を始めました。時間に余裕が出来るって素敵!

36639
[PR]
by sanaegogo | 2010-12-03 00:00 | つぶやき | Comments(4)