<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ヤク漬け
先週は1週間京王プラザホテルで過ごした。そこでなんとひどい風邪をひき、いまだひどい咳に悩まされてます。日曜日に最後の準備で仕事に出たけど、その辺りから実は喉の辺りが何となくsoreだったのね。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-31 00:00 | つぶやき | Comments(0)
T.T.D.
先週の金曜日、ふと思い立って昔良く聞いていたCDを買った。実は前々から『買っちゃおっかなぁ・・・』と漠然と考えていたが、何だか自分でも昔を懐かしむ感傷趣味っぽくも感じられ、ちょっと躊躇していた。あの頃の曲を聴きながら、『あの頃は楽しかったなぁ』なんていうのも・・・・。ぷるぷる、おセンチ(死語?)な回顧趣味になってしまうか? なんて、つまらない事で自問自答をしていたけど、突然にその晩、思い立ってネットで購入。あんなに長い期間、何となく躊躇してたのに決める時はあっけなく・・・・。自分でも呆れる。

(中略)

と言う訳で、購入したのは『T.T.D.』。彼は今ではすっかりと表舞台から姿を消してしまった(名前も変えちゃったしね)。

・・・・・・>全部読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-26 00:00 | music | Comments(0)
ブラッディーマリー色の空
この夕焼けを見た人が他にもいるかなぁ。まさに、夕日で空が焼ける、ですね。
おなじみになりつつある、四ツ谷のオフィスの西の窓からの風景ですが、何枚も撮っていると本当に全く同じ空は2度とない事に改めて驚かされます。この日の空は、何というか、濃度が濃い感じと言うか、どろっとした感じ。イメージ的には、ウォッカの中に流し込んだトマトジュースって言う雰囲気です。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-18 00:00 | つぶやき | Comments(0)
原宿交差点 突貫工事
土曜日に久々に愛車を駆って、横浜の部屋に冬物の荷物を搬入した。茅ヶ崎を離れてからめっきり乗ってあげる頻度が減ってしまったけど、相変わらず、よく走ります。
横浜に移って2年を過ぎたのに、相変わらず夏物冬物は茅ヶ崎の自室に収納している。それを季節ごとに車で運び衣替えをするのだ。去年やっぱり、9・10・11月は忙しく、9月は夏の気配でよかったが、10月も末になるとさすがに夏物のスーツでは見た目も自分の体感もかなり寒かった。『し、死んでしまう・・・・。』昨年凍死しそうになった反省を踏まえ、本日決行!茅ヶ崎・横浜間の35kmのドライブであ~る。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-13 00:00 | つぶやき | Comments(0)
夢を見ました
夢を見た。いつも熟睡で夢を見ている自覚がない私には珍しい事だ。そして朝方の夢。悪夢ではなかったけれど、寝覚めはなんとなくすっきりしない感じ。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-09 00:00 | つぶやき | Comments(0)
変わりゆく銀座
銀座に歌舞伎を観に行ったその晩、(確信犯ですが)、会社にNRを告げて、そのまま夜の銀座に繰り出してみた。ここは東銀座。昔、築地で働いていた私は、(註釈が多いですけど、魚市場じゃないですから。電通村の中のちっちゃなオフィスで働いてました。)、この当たりをよく歩き回っていたので、うっすらとその頃の記憶も蘇り、何だか懐かしい気持ちがしましたね。そう言えば、時々行っていたベリーニがこの辺にあったはず。ベリーニ自体はチェーン店で色々なところにあるのだけど、築地のベリーニは当時で既に今にも倒れそうなオンボロのビルで、しかも路面店。それでも精一杯飾り付けをして、パリの下町にあるような、とってもコジャレた概観でした。勇気を持ってもっと築地の方に移動すれば良かったんだけど、『確かこっち・・・・』と4丁目方面に歩き出してしまった私たち。 『あれ、もっと寂れた所にあったような・・・』と、一旦は戻りかけたけど、再び有楽町駅の方へ。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-04 00:00 | お店@銀座 丸の内 | Comments(0)
歌舞伎座の夜
ふとした事から歌舞伎のチケットをいただいて、初歌舞伎に行って参りました。言わずとしれた銀座の歌舞伎座です。『牡丹灯篭』だって。怪談でしょ?演目名だけは知ってたけど、実は歌舞伎はこれが初めてで。いつものごとく、『ちょ、ちょっと・・・』と言って会社を抜け出し、いざ丸の内線に!

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-10-03 00:00 | art | Comments(0)