サザンオールスターズ 活動休止っ!
月曜の朝からびっくりした。正確に言うと衝撃が走ったわけではなく、『あぁ~、やっぱりなぁ・・・・。』という感じだった。 うすうす気が付いてはいたけれど、サザン・オール・スターズが結成30周年を迎えた今年、無期限の活動休止に入ると言うのだ。その記事がスポーツ紙のみならず、メジャー紙の社会面にも載っちゃってるんだから、それもまたびっくりである。でも、これは私見だけど、それこそが今回の活動休止の一因ではないかな、なんて勝手に思ってる。 活動停止は今まで何回かあった。原由子さんの産休の時以外にも何度か活動が滞る時期があったことがある。そんな時は必ずその以前に、マスコミにもみくちゃにされ、メディアに担ぎあげられる桑田さんの姿があったような気がする。 渋くもなく、切なくもなく、ブルースでもなく、ロックでもなく、エロくもない唄を唄い、曲のイメージと全く連動しないコマーシャルフィルムに使われ、なんだかやらされてる感があるよなー、なんて思っていると、やがて活動停止に入っていくような流れだ。(ったと思う。) ツウぶるつもりはないけれど、良くない流れだなぁ、なんて思っていたし、キラーストリートが最後のアルバムだと言う噂もあったし、理由はあたってないにしても予感はしていた。ダーリン、明日晴れるかな、こんな僕で良かったら、NUMBER WONDA GIRL、男達の挽歌[エレジー]なんては、いずれもソロ活動の時の曲だけど、出しても出しても、私はあまり、何処にも引っかかって来なかったなぁ。すごく商業的な、やらせ的なノリを感じてしまいました。『それで納得してる? 佳祐さん!』って感じでした。もしかしたら、こんな意見は全然ピント外れなのかも知れないけれど、いずれにしても、また帰ってきてくれるなら待ってますよ! また、『いいですかぁ~! いきますよぉ~!』と呼びかけてくれる日までね。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2008-05-19 00:00 | music | Comments(0)


<< イチデジ デ ’ビュー モナリザの微笑み >>