Jack Johnson
最近ハマっているもの、Jack Johnsonの“SLEEP THROUGH THE STATIC”。ハワイ生まれの元サーファーが奏でるスラックキー・ギターと低音のささやくような唄声。気持ちがゆるゆるとしてきて、まるで波のない海の上でサーフボードに寝そべって波待ちをしているようなサウンドがとても心地よい。ナッソーにいた頃、良くビーチの木陰で昼寝をした。日陰から外れると照りつける太陽があるんだけど、木陰はとっても涼しくて、下に敷いた薄手の布から砂のひんやりした感触が伝わってきて、すーーっと眠りに誘われたものだ。茅ヶ崎の浜には日陰が無いので、じりじりとした日差しとの戦いだったけど、下田の海ではいつも、パラソルの下で吹き抜けていく風に眠りへと誘われて、気が付くと夕方までぐっすりと眠ってしまったりする事が良くある。そんな気分を思い出させてくれる、そんな1枚である。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2008-03-13 12:57 | music | Comments(0)


<< 男の大盛りソース焼そば 島らっきょう >>