鳥獣戯画がやってきた!
人間長く生きているといい事もあるものだ。大好きな鳥獣戯画をこんな風に見る事が出来るなんて。決してマイナーではないけれど、この手のものにフォーカスが当たるとは思いもよらなかった。初めて出会ったのは日本史の教科書。兎や蛙が楽しそうに戯れるその世界に瞳は釘付け、教師の退屈な話なんてもう耳に入らない。もっと見たいよぉ。教科書の中の小さな挿絵。それが主テーマの展覧会としてやって来るんだから。

・・・・・・>続きを読む
[PR]
by sanaegogo | 2007-11-17 00:00 | art | Comments(0)


<< キッチン使用計画 橋本酒造 十代目 >>