Thomas Ruff: photograms | TOLOT/heuristic SHINONOME


グロンスキー、ヴィヴィアン・サッセンと続いて、トーマス・ルフの写真展 「photograms」です。Photogramとは、写真作品の制作手法のひとつで、カメラを使わずに印画紙の上に直接ものを置いて感光させるというもの。1980年代にタルボットがこのフォトグラムを用いて作品を制作している事例が残っていて、それが始まり。その後1900年代に入って手法が確立されて、1920年代初頭にはマン・レイなどがフォトグラムで大量に作品を作っていて、以降一般的になっていったそうです。この秋、ルフについても2個所同時開催で写真展が開催されていて、銀座のギャラリー小柳と東雲のTOLOT/heuristic SHINONOMEで大迫力の写真展を開催しました。 ギャラリー小柳では、フォトグラムではなくて、「ma.r.s. and negatives」という、NASA の火星探査機によって撮影された火星表面の白黒の高解像度デジタル画像を使用して、画像の構図を変換したり、着色加工を施したりして、テクノロジーを駆使した臨場感あふれる作品を展開しているそうです。(私はこちらには足を運んでいないのですが、写真集「Mars」は観る機会があって、写真集もかなり豪華で重厚感があったのですが、あの写真をまとめるとなるとこんな装丁になるんだろうな、という感じで内容もかなり重厚感のあるものでした。



さて、私が観た東雲のTOLOTの方は、前述のフォトグラムの手法で、デジタル技術を駆使して、もはや写真とは思えないような超仔細な世界とその質感を、巨大なサイズの作品で展示していました。もはや写真はデジタル技術と2人3脚というか、抱き合わせというか、フィルムの画像化に現像液が必要なように、現代写真ではデジタルと切り離せない関係にあるのだ、というのを見せつけるというか、ある種証明しようとしているかのような感じです。その質感はまるでエアスプレーで描いた画のようですが、高度なハイテクを駆使して突き詰めていくと、まるでローテクなアナログの表現手法のように見えるというのが何だか矛盾めいていて面白い気がします。 しかもルフがベッヒャー夫妻に師事していたというのがまた面白いですね。 グルスキーといい、ルフといい、ベッヒャー夫妻のあのアナログで緻密な写真には、テクノロジーの芽というか、潜在的テクノロジストをインスパイアさせる何かの要素があるのだとしたら、非常に面白いと思います。 卒業論文のテーマとかにしたら、膨らみそうな感じがします。


『Thomas Ruff: photograms』
2014年10月4日(土)~11月15日(土)
東雲 TOLOT/heuristic SHINONOME

ルフの作品は、「IMA」Vol.9 2014 Autumn の表紙も飾っています。

グロンスキー、サッセン、そしてルフと現代写真を現在進行形で彩っている3人の作家がコンプレックスの3つのギャラリーで同時開催で写真展をすることは、めったにない機会で、10月4日のオープニング・レセプションは3名の作家が一堂に会して、盛況に行われたそうです。 日本の現代写真のシーンも盛り上がってきましたね。



©Thomas Ruff, r.phg.11_Ⅰ, 2014



70889
[PR]
by sanaegogo | 2014-10-18 00:02 | art | Comments(0)


<< ふたつのNerhol展 ―IM... ふたつのVivian Sass... >>