平林奈緒美の国連萌え に萌える!
平林奈緒美さんといえば、その名前をご存じの方も多いかと思いますが、MUJI、東芝dynabook、journal standardなどのグラフィックを手掛けたグラフィックデザイナーです。が、しかし、やはりこの名前を聞いて思いつくのは資生堂時代の仕事でしょう。ロンドンでの1年間のデザインスタジオ「MadeThought」への出向を経て2004年に資生堂を退職しています。 その後のアートディレクターとしてのご活躍は皆さまご承知の通りです。資生堂時代は自分の名前で仕事をしていた訳ではないのですが、その後、帰国後の2005 年1月に独立してからは、それ以降の活躍に伴って、資生堂時代の仕事にも脚光を浴びるようになったみたいです。この日は、今通っている芸術学舎の講座で、『写真集を見る、読む、楽しむ。そして作る 自分だけの写真集をつくるところまで!』の講師で「写真をレイアウトする、印刷する」と題してお話をいただきました。
---------------------------------------------------
アートディレクターという仕事にとって、写真は何かの目的のための素材であることが多い。故に、写真そのものを忠実に再現するだけでなく、印刷方法であったり、製本であったりという方法で、そこに演出を加えることもあります。写真を紙に落とし込む、ということについて、お話をしたいと思います。
---------------------------------------------------
『写真を紙に落とし込む』ですか。 これまで何度となく行ってきた作業ですが、こんな風に捉えた事はなかったので、(と言うか、それ自体を何か定義付けるような明確な目的意識とか持ってなかったなぁ。) とても楽しみにしていたのです。内容は予想に違わずとても面白く、ご本人のキュートな雰囲気とも相まって、あっという間に時間は過ぎていきました。フクヘンこと鈴木芳雄さんとの掛け合い(?)もベストマッチで、2人ともとても楽しそうにお話いただきました。(と言ってもご本人は人前で話をするのはとっても苦手で、ともすれば、たとえ少人数でも、人に会うのも気が向かない、と言っていました。)話が弾むというのは、話があちこちにぽんぽんと展開するという事で、要点を、と言われてもなかなか難しいのですが、シンプルなテーマである『写真を紙に落とし込む』と言う事は十分に伝わりました。 それにしても、この『写真を紙に落とし込む』という端的で明白なテーマのとりかたも 平林さんのお人柄を表しているようですね!

アート本とアイドル・グラビア本とフォトブック(写真集) 初めての融合
平林さんが初めて写真集というものについて意識させられた写真集。それは、マドンナの「SEX」。1992年10月にワーナーブックスより発売されて、日本では1992年11月に同朋舎出版から発売されていますが、これは修正版で輸入は事実上禁止されました。表紙はアルミで出来ていて、デザインに秀でた秀逸な装丁、これまでの常識に囚われない自由な構成、有名人の奔放な振る舞い、おまけに撮影したのはスティーブン・マイゼル、という、マドンナという超一流のアイコンを撮影して纏めた本を見て「アート本としての括りにも写真集としての括りにもなり得るんだ」、と平林さんは思ったそうです。


印刷物が好きならペン型マイクロスコープを持つべし
ポケットマイクロスコープともいい、印刷物の網点を見るものです。印刷物の網点を見るのに必要な倍率は20倍ほどなので、25~30倍くらいのものを持っていると楽しいそうです。 50倍、100倍もあって網点も大きく見えるそうですが、見える範囲が狭く扱いが難しいので、相当明確な用途がないと不要かも。 網点が見えない時はグラビア印刷で、雑誌の世界で言う「グラビア」というのは「芸術印刷といえばグラビア」だった時代の名残だそうです。網点が見えるのは、オフセット印刷で、マイクロスコープでオフセット印刷を覗いてみると、CMYKの世界が広がり、それを見ているだけで写真集を作るに伴った色々な知恵や事情が見て取れる、と平林さんは言います。「ただし、本屋でやったら嫌われるだろうなぁ」(一同爆笑) とは、平林さんご本人の談です。


予算のない中での仕事との向き合い方
「製作費」というちょっと生々しい話も出ました。 いつも予算が潤沢な仕事ばかりではないので、常にlow-cost/high-qualityの工夫をしているそうです。それは、ただ安く上げることを目標とするのではなく、high-costを承知でもある部分は譲れないものがあり、それを実現するために他の費用を抑えるといったもので、ページのPP貼り、写真の上だけにPP加工を施したもの、バーコ印刷、金銀の発色をきれいにしたいなら比較的廉価な女神インキのものを指定せよ、など、第1線で制作にかかわってきた人ならではの四方山話を聞くことが出来ました。 ご自身の信念としている「今までのノウハウに頼らず 一から仕事に向き合う」というのもこの姿勢の顕れなのですね。


写真集とアート本の境界線
写真集とアート本との明確な違いは、自分で調査や掘り下げの作業をしてその結果というか集大成として生み出されるものが写真集なのではないか、と語っていました。期せずして平林さんの口からも、カメラを使用しない写真とか、ファウンドフォトの話が出ました。 平林さんご本人はベッヒャーの給水塔のような写真集が好きだそうです。 カタログのように同じカテゴリーの対象物が同じ調子で撮影されたものが淡々としかもしつこいくらいに収められている写真集に萌えるそうです。 ティルマンスのコンコルドや杉本博史のジオラマシリーズについては、フクヘンと大いに盛り上がっていました。 そして、最近は医療系の博物館にハマっていて、人知れず素材を集めて全国各地の医療系の博物館を巡っているそうですが、そんなのあるんですか? 見たことないですが・・・。(笑) この時ティスマンスの写真集『FESPA Digital / FRUIT LOGISTICA』についても楽しそうに語ってました! (私も好き!)


e0168781_324138.jpgさて、そんなこんなですが、今日最もフォーカスしたいのが、この平林奈緒美さんの考えるカタログ的写真集の具体的事例 「(fig.1) UN UNITED NATIONS - COLLECTION, TEXT and IMAGES」です。 これは、普段は仕事としてのアートディレクションはしているけど、自分の作品は創った事がない、という平林さんの処女作(笑)で、BCCKSが立ち上がった時に依頼されて無理やり創った写真集だそうで、国連萌えでもある平林さんの「淡々としかもしつこいくらいに収められている写真集」というワールドを具現化したものです。 これが物凄くイイッ! ワタシ的には、その萌えている姿に萌えました。これには平林さんが密かに収集した国連軍の車両や兵器、それにNYの国連本部の中の様子、代々の国連総長などの肖像写真が収められていて、国連のツアーで参加したという国連軍の出で立ちをした コスプレ中の平林さんまでいて、内容は笑えるのですが、実際は笑えないほどスタイリッシュです。 唸ってしまいます。 これを冗談っぽく作れるなんてすごすぎる。 ミニカーを撮影した平林さんご本人による写真もまた素晴らしい! 写真は普段から趣味、というスタンスではなく、あまり撮影はしないそうなのですが、国連軍の車両などが同じ光で、同じように淡々と羅列されている様はミニマムで構成されるカタログ式写真集として充分に成立しています。 写真そのものに訴えかける力がないとなかなかこれは成立しないと思うのですが、「国連が好きすぎて」という平林さんの気持ちの顕れなのだと思うのです。






































実にブレや迷いがない明確なテーマを持った写真集です。 実に潔い。 こんな写真集もやっぱり「あり!」なんだなぁ、と今更ながらに気づかせてくれる貴重な出会いでした。一方で、手の込んだ構成やともすれば難解な制作理念みたいなものがなくても、作品として通用する機会は充分にあるんだ、という編集というもの重要性を改めて目の前に提示されたような気もしたりしました。

66720
[PR]
by sanaegogo | 2014-05-14 00:00 | activity | Comments(0)


<< 目撃してしまった!! バルテュス 「食」が楽しい!! いちはら ... >>