Crystallize


吉岡徳仁の「Crystallize」を観て、吉岡徳仁の世界を堪能。 その後、ミュージアムショップに行って、「Crystallize」の図録をみていたら、その時に初めて知りました。今回の図録、川内倫子さんが撮りおろしたものだったんですねー。
吉岡徳仁の作品の硬度のあるクリスタルや結晶を素材に、川内倫子がふわっとした柔らかな表現で撮る。それは、吉岡徳仁の作品でもあり、川内倫子の作品でもある贅沢な図録です。2人のともすると相反するそのマチエール(というか何というか・・・・)の融合、もしくは化学反応が眩いばかりです。 どちらも光と透明感があり、時にはほの白く、時には虹色にきらきらと、そしてじんわりと輝いています。
きっとお互いの作品にお互いがインスパイアされているんでしょうね。 認め合った作家同士のジャンルを越えた仕事という感じがとても素敵です。


Phpto: Rinko Kawauchi

≪Swan Lake≫
白鳥の湖を聞きながら、白い展示室の中で 結晶はだんだんと成長していきます。




Phpto: Rinko Kawauchi

≪ROSE≫
結晶に取り込まれ、自身も結晶になっていきそうな薔薇
かすかに確認できる色彩は 「永遠」に臨む薔薇の最期のかすかな声のようです。





≪ROSE≫
周りを取り巻いているのは、無数の白いストローで創られた≪Tornado≫。





≪Spider’s Thread≫
白い結晶は雪のように冷たくも見えるし、どことなく温かみも感じます。




Phpto: Rinko Kawauchi

≪Rainbow Church≫
クリスタルのプリズムから柔らかく溢れ出る虹の光。





≪Rainbow Church≫




Phpto: Rinko Kawauchi

≪Rainbow Chair≫
虹色の光玉。 なんて素敵・・・・。姿を変えた虹の形です。





≪Rainbow Chair≫





≪VENUS≫
パリで開催されたMaison&Objetで開催された個展でのRose。
ショパンの練習曲ハ短調作品10-12 「革命のエチュード」、「幻想即興曲」、「バラード1番」による結晶絵画





≪VENUS≫




62241
[PR]
by sanaegogo | 2013-11-24 00:00 | art | Comments(0)


<< 「ヤッテミヨウ!」 吉岡徳仁 クリスタライズ ―自... >>