Flowers, first half of the 2013
e0168781_211724.jpg


最近このブログも自分で撮った写真をアップする事も少なくなってしまい、それはそれで淋しくなってしまった感じもするので、今日は2013年上半期のFlowersを。 と言っても、自分自身の生活パターンとして、最近デジカメやミラーレスを日常的に持ち歩く事がトンとなくなってしまいました。 日々のスナップの主役はこのところ もっぱらiPhon。 それも所謂カメラアプリというのを面白がって使っています。 スマートフォンに入っているから『アプリ』という括りですが、これがなかなか侮れないと思っています。 もはやこれは『カメラ』と言っても過言ではないでしょう。カメラというメディア自体、フィルムカメラ全般、ガンレフ、ミラーレス、コンデジ、トイカメラ、と、とっても多様化し、フォーマットも様々になっているので、今のライフスタイルを鑑みて、勇気を持ってこれも『カメラ』である、と言える時期に入ってきてると思ったりしてます。 まぁ、カメラ自体の再現力は全然劣るし、エフェクトが手軽にかけられるので撮影技能という点では発言力は弱いのですが、被写体だとか、画の切り取り方で充分個々の表現力は現せる余地はあると思うし、それをもって堂々と『作品です。』と言えるような市民権を得るのはそう遠い日ではないような気がします。(って、もう始まってる?) そりゃ、大伸ばしの展示作品とかには確かに向いていないのですが、解像度とかで勝負していない場合とかあるし、何より一応、解像度は低い(低いのは当たり前ですが)ながらも、サイズは2,000ピクセルを有に越えてるし、それよりも何よりも、今のトレンドというか、ムーヴメントは大きく伸ばした展示よりもフォトブックとか写真集の方が主流になってきている気がする。(と、グルスキー展を楽しみにしている私が言ってしまいますが・・・・。) それに、基本短焦点なので、なかなかこれが撮ってて楽しいし、『あぁ、これでズームが出来たら・・・・』と、頭の中で思い描いていたイメージを諦める事もしばしばですが、その心地よいストレスが快感だったりする時もあります。 巨大でピントが隅々までバッチリのグルスキーもありだし、Zineで綴じた(閉じた)世界を表現するのもありだし、ホントにたかがアプリと侮ってはいけない、と思うようになりました。 (そしていつも必ず身近にある。) 何が正解で何が不正解と言うのではなく、見た人に何か一石を投じられるようなものがあれば良いのです。 誰か早く、アートな作品としてその地位を確立するようなやつをばーんっと発表しないかな。 (と言っても、今度の旅行にはガンレフ持参で行きますけど。 それが何か?) それはそれ、これはこれ、なのです。




58260
[PR]
by sanaegogo | 2013-07-06 00:00 | art | Comments(0)


<< Francis Alÿs (フ... BRUTUS 2004年 8/... >>