ソフィ カル ― 最後のとき/最初のとき @原美術館
e0168781_2452559.jpg


ソフィ カル ― 最後のとき/最初のとき
Sophie Calle, For the Last and First Time
2013年3月20日- 6月30日
原美術館
Hara Museum of Contemporary Art
Press Release



私がソフィ・カルの事を知った時は既に「限局性激痛」(1999年)はとっくの昔に終了してしまっていて、少しばかり、その頃の自分がソフィ・カルとも原美術館とも全くかけ離れた生活をしていた事を後悔したりしました。なので、今回再びソフィ・カルが開催されると聞き、とても楽しみにしていました。
今回の「最後のとき/最初のとき」は、かつての「盲目の人々」(1986年)の制作の際、視力を失った人々に問いかけた「あなたにとって美しいものは何ですか」という質問と、生まれつき目の見えない男性が答えた「私がこれまでに見た最も美しいもの、それは海です」という言葉から着想を得ています。海を見た事のない人の内部に横たわる海。そしてそれはその人にとって、『もっとも美しいもの』だといいます。「私が見たもっとも美しいもの、それは海です」(「盲目の人々」より) 見ることの出来ない人の見る海。その見えない人の見る海を思い浮かべる私たち。そこに沸き起こる言いようのない切ない感情がまさにソフィ・カルの作品だと言えます。展覧会の導入は、その切なさを喚起させる「盲目の人」という作品が展示されています。これは、その言葉を発した盲人男性のポートレートとその言葉のテキスト、そして杉本博司の海の写真が飾られたもので、1999年の「限局性激痛」でも展示されたものです。その男性の見ている海は永遠に私達には解り得ないものなのですが、「最後のとき」では後天的に盲目になった数人の人々に、最後に見たものの今も残っているイメージを語ってもらい、その告白をテキストにし、その最後のイメージの写真と共に提示しています。「最初のとき」では、海の側で暮らしながら海を見たことのない数人の人々を海辺に伴い、初めて海を見た後の彼/彼女らの表情をクローズアップで撮影したものです。どちらもトルコで制作されたそうです。
「最後のとき」はとても危うく、デリケートなものです。今回の展示では、以前ほどソフィ自身の痛みを曝け出したような要素はありません。『痛み』を共有する切ない同士(同志)としてのアプローチではない訳です。けれど、ともするとストレート過ぎる不躾な質問を後天的盲目の人々に浴びせ、土足でデリケートな部分に踏み込み、鑑賞者に悪戯に同情や哀れみの感情を喚起させようとしていると眉を潜める人もいるのかも知れませんが、ソフィ・カルという人のこれまでの生き方や自分の痛点の曝け出し方を知った時、そこに単純な同情や哀れみ、果ては意地悪な好奇心だけが横たわっている訳ではなくて、身体の機能だけではなく潜在的な感覚として存在する普遍性みたいなものを探り、質問の答えを得て、その感情の沸き上がる源を静かに紐解いて行こうとする彼女の真摯な態度を知る事になる訳です。これは、偏にソフィ・カルだからこそ成し得た行為なのだと思います。そこで私は考えます。『普遍性』って何だろうと。多分、ソフィもそんな風に同じように感じているのではないのでしょうか。これは、『見ることとはどういうことか』を追究し続けたソフィの、現時点での最終章となる作品、だそうです。彼女はそこに何らかの答えを見つけたのでしょうか。
「最初のとき」は、海のある街イスタンブールに居ながらにして、海を見たことのない人達に海を波打ち際へと連れて行き、人生初めての海を視覚から味わってもらった後、満足の行くところでこちらへと振り返るその表情を捉えています。『人生初めて』という言葉が示すとおり、やはり、その生きている年月が長ければ長いほど、感じ入るところは大きいようです。初老の男性が振り返り、やがてじんわりと涙を流しているのが印象的でした。きっと、海を見ながら(『眺める』という漠然とした行為ではなく、彼らにとっては『見る』、『注視する』なのです。)、そこに今まで海を見る事が出来なかったこれまでの人生を見ているのかも知れません。この時、海は『普遍性』の象徴なのだと思いました。「海は今も昔も変わらずにここにあり続けているのに・・・・。」 この作品にはテキストが添えられていなかったので推測に過ぎないのですが、そんな海を自分の人生と対比させるような感情が、視覚から呼び起こされていったのだと思います。『見る』という事は感情のひとつの入り口なのです。
唐突ですが、いくら拙い言葉を重ねても核心に触れる事はないような気がするので、終わりにしますが、ソフィ・カルという人の、斯くも深く、それこそ『普遍的』な何かに淡々と臨んでいる痛々しいまでの純粋さが伝わって来て、激しくかつ静かに心を捉えられました。

関連記事: ART iT
http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/7MLvphyuOE5ifoD0248Q/


57016
[PR]
by sanaegogo | 2013-05-05 00:00 | art | Comments(0)


<< 紡がれた言葉―ソフィ カルとミ... Francis Alÿs (フ... >>