Francis Bacon @Taka Ishii Gallery Photography / Film


今、近美で開催されているフランシス・ベーコンの回顧展が熱いですね。何故か無性にこのフランシス・ベーコンが気になるかと言うと、それにはちょっとした個人的理由が・・・・。今年の1月くらいでしょうか。近美でフランシスコ・ベーコンのアジア発となる大回顧展が行われる事がニュースになり始めた頃、『フランシス・ベーコン? 聞いた事ある名前だな。』と思ったのは私です。その記事を読むと、「その人生が20世紀とほぼ重なるベーコンは、ピカソと並んで、20世紀を代表する画家と評されており、生誕100年となる2008年から2009年には、テート・ブリテン(英国)、プラド美術館(スペイン)、メトロポリタン美術館(アメリカ)という世界でも主要な美術館を回顧展が巡回しました。」とあるではないですか。私はそこでちょっと愕然とした訳です。その画を観ると見た事があるようなないような感じであまり記憶はなく、今更ながらに、この後に及んで、巨匠ピカソと並び称されるような20世紀を代表する画家と評されている作家の事をちっとも知らなかったのか。その事実に愕然としてしまったと同時に、なんかちょっと恥を知る感じがしちゃいまして。恐らくひとつの理由としては、その主要作品の多くが既に美術館に収蔵されていて、個人蔵の作品はオークションで非常に高値をつけているので、展覧会を開催するのが難しく、かつ日本には全部で5点しか作品がないそうなので、そんな事に拠るのでないかと。ま、そんな事はさて置き、この歳になってしかも大概の巨匠は知っていると思ってたのに、この段になって新しい名前を知るとは。滅多にない事なのか、果たして今後も頻繁に起こりうる事なのか、それは解りませんが、と言った理由から、このフランシス・ベーコンにはかなり興味を持ったと言う訳です。 (自分にとって全く持って新しい新規の情報とし展覧会を観ることが出来る訳ですから。)
世間がこの展覧会について色々と盛り上がっているようなので、近美を観に行く前にちょっと色々勉強していこうから行こうかな、と思い、今日はタカ・イシイで開催されている「Francis Bacon」展です。





EXHIBITIONS
Francis Bacon
Dates: March 9 – April 6, 2013
Location: Taka Ishii Gallery Photography / Film
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/7527/





色々なところで様々な人たちがフランシス・ベーコンについて何かしているのを見ると彼を語る切り口の多様性とか、薀蓄の及ぶ範囲の広さみたいなものが判る気がしますが、このタカ・イシイで行われている写真展(?)は、ベーコンが制作のアイディアの得るのに使用した数々のコンタクトプリントが展示されていて、もはや、ベーコンの作品ではなく、ポージングや状況演出の指示を出したのはベーコンでしょうけど、撮影者に至ってはこの展示では特に特定されてはいません。ベーコンは名前のある写真家に撮影を依頼していましたが、当時のニューヨークで活動していた無名の写真家にも撮影をさせてたそうです。展示されているコンタクトシートはベーコンの作品が産みだされる素の素、みたいなもので、そこには漠然としたベーコンのイメージが試み的に存在しているだけで、物理的には何も手をくだしたものではないのです。 それすらも、フランシス・ベーコン展として成立してしまうところに、底知れない凄さ(名前の大きさ)みたいなものを感じました。 リスペクトされているんですね。
また、物理的にはそうなのですが、コンタクト・シートをみていると、彼の思考、志向、嗜好、指向、と沢山の試行を垣間見る事が出来ます。言わばネタ帖のようなもので、ベーコンがモデルそのものよりも写真を基に制作をしていた事から、その『写真』の立ち居地を考えてみる、と言う事なのかもしれません。写真と作品とのある種の関わり方ですね。この事から言うと、これらのコンタクトシートは、美術館の展示でよくあるような『・・・のための習作』なんて題名がつく「彼の作品」と呼べるものなのかも知れません。 水泳帽を被った男性二人の不思議な格闘風景、やはり水泳帽を被った水着姿の女性の奇妙なポージング、ある役柄を言われ何らかの情景を再現している男女の役者の様な人たち、などがコンタクト・シートの中で跳びまわり躍動してますが、ベーコンの中で「身体」は最も重要な要素で、何を考え、何を想定してこの撮影を行うに至ったのか、などを勝手に想像したりしているとなかなか興味深いものがあります。特に『水着で格闘』『水着でポーズ』のシリーズはその捉える瞬間がかなり独特のもので、『ポーズ』の方は確実にベーコンがポーズを指示してシャッターを切っていたと思われるので、あの奇妙な肢体表現がベーコン的表現の真骨頂なのかな、と思いました。
なるほど、このコンタクト・シートの要素がどのように彼の絵画にその徴を刻んでいくのか、本編(近美のベーコン展)を観るのがますます楽しみになってきました。

e0168781_0381192.jpg




56443
[PR]
by sanaegogo | 2013-03-30 00:00 | art | Comments(0)


<< 仙台メディアテーク 「デザインあ展」で・・・。 @... >>