「田中一光とデザインの前後左右」 @21_21 DESIGN SIGHT
e0168781_18504271.jpg

企画展「田中一光とデザインの前後左右」
会期: 2012年9月21日(金)〜 2013年1月20日(日)11:00〜20:00
会場: 21_21 DESIGN SIGHT

田中一光と言えば、日本におけるグラフィック・デザイナーの魁であり、2002年に他界された後、今もなお、グラフィック・デザインを志す者にとって、空の高いところで輝いている星のようであり、その星が教えてくれる方角と道筋を辿っていけばいつか素晴らしいところへ導いてくれるかのようです。1930年のお生まれなので戦争も経験されている時代を生きた方です。終戦後の殺伐とした風景の中、来るべきデザインの時代をいち早く予感し、その道を駆け抜けて、と言うよりはじっくりと丁寧に歩を進めていった方です。巨星のように重鎮然としていているようなところは全く無く、その暖かい人柄のエピソードはこれまでこの展示との連動企画で展開されている「私の一光さん」でも存分に知る事が出来ます。その数々の作品は日本文化への深い愛情に溢れていて、そこには日本固有の美を熟知していると言う自負を垣間見る事が出来ます。 会場は作品を展示する展覧会と言うよりも田中一光さんの生きた歴史、その仕事の足跡を辿る一光資料館の様相を呈してました。
展示の内容は、
  1. プロローグ
  2. ギャラリー1 田中一光 本の世界
  3. ギャラリー2 田中一光:グラフィック表現の多様性
  4. エピローグにかえておくる作品とメッセージ
のセクションで展開されていて、やっぱり面白かったのは、「ギャラリー2 田中一光:グラフィック表現の多様性」です。一光さんのグラフィック表現の広がりそして奥行き(まさに前後左右ですね)をテーマ別に、完成品の縮刷とともに原画や校正紙などの貴重なアーカイブを10 のテーブルに配置して紹介されているものです。壁面にはオリジナルポスターやグラフィックアート(版画)70点あまりが展示されていました。ギャラリー2の中のテーマと各テーブルの内容は次のとおりです。

「ヴィジュアル表現の発想と表現」
1. 文字、タイポグラフィーの追求 ― フォントの誕生へ
2. 立ち上がる文様 ― 古典に親しみ、つくる楽しみ
3, 4. 日本の仕込み人 ― 海外への、日本からの発信
「ライフスタイルの基盤」
6. アートディレクションと社会 ― 市民、企業の活動とともに
8. 場づくりー人の出逢いがクリエーションにつながる
10. 生活美学:無印良品 ― 生活者の視点でものづくり
「アートとともに」
5. パフォーミング・アーツとー演劇、ダンスの表現のために
7. ミュージアム、グラフィックアート ― 芸術の表現を支える
9. 墨戯 ― 筆と墨の自由に任せながら、つくる行為の展開

一光さんが自分が追求したタイポグラフィーを用いて、ポスターや本の装丁の仕事をしていたのは存じ上げていましたが、その集積の最終形として「光朝」なるフォントまであったと言うのは初めて知りました。『欧文書体のボドニーを念頭に、明朝体のエレメントを様式としてつきつめたモダンな造形は、極限まで細く鋭い横画、三角形のシャープなウロコ、たっぷりとしたおさえ、太く力強い縦画で構成され、洗練の切れ味をたたえています。堂々とした品格と繊細な美しさを兼ね備え』ています。(モリサワのHPより抜粋) 伸びやかで大らか、端麗でありながらどこか親しみのある構成は、一光さんの人柄そのものだと思い興奮しました。これでも以前、フォント作家になりたい、とちらっと思っていた事があります。「さな明」とか「さなゴシ」と呼ばれるような日本語フォントを作ってみたいと夢のような事を考えていた時期もあるので、これは全くの個人的高揚感なんですが。あとはやはり、多くの来場者を魅了する「日本文化をオリジンとした仕事ぶり」と「生活におけるデザイン的思考の伝播」でしょう。

日本文化をオリジンとした仕事ぶり: 日本文化の中にはもともと「グラフィック・デザイン」の要素はあったか、なかったかと言えば、あったのだと思います。家紋や屋号、商標、着物の柄や和菓子など、いろいろ。それを丁寧に紐解いて、近代の「グラフィック・デザイン」の文脈に載せ、日本ならではのものに発展・確立させたのは一光さんの大きな仕事のひとつでした。今では、グラフィック・デザイナーと言うとPhotoshopやillustratorを駆使してバーチャルな世界で制作しているデザイナーが殆どだと思いますが、一光さんのアーカイブの中には、鉛筆書きの雲形定規で描いたと思われる曲線や、ペンやポスターカラーや墨で描かれたものもあり、彼の生きた時代としては、現代の私たちの世代に近いのに、その手法としては、もしかして、江戸の円熟した手仕事、丁寧な手作業の文化に近いものがあるのだとしたら、自分も少なからず経験した現代の日進月歩のテクノロジーの発展について、少し考えてしまいました。現在現役で活躍される若手のグラフィック・デザイナーの一光さんに対する立ち位置はよく解らないのですが、この展覧会にしても、レトロな感覚で過去の一時代を築いたものとして触れるのではなく、その中にある、伝統を踏まえて尚も新しい気概を見て取れる感覚は期待したいものだと感じました。

生活におけるデザイン的思考の伝播: そう言う意味では、今の私たちに多大な影響を残し、今も受け継がれ続けているのは、『無印良品』の精神だと思います。一光さんの無印良品に対しての提唱の精神、その美学は、『田中一光と無印良品』のサイトで見ることが出来ます。一光さんが無印良品に思いを込めて残した数々の語録を見ることが出来ますが、示唆に富んでいて、嫌味じゃない含蓄があります。暮らしの中にデザインを取り込み、それを楽しむ気持ちを持つこと。経済的に裕福と言う事ではなく、生活が豊かであると言う価値観。北欧がお手本になってよく取り沙汰される事ですが、日本でも、一光さんの「モノづくり」へ込められた思いが、今でもじわじわと広がっています。

最後に一言。
一光さんが自分のスタッフに、本の装丁やポスターの制作の仕上げをする時は、必ずそれに触れて触角で感じてみる事、と常日頃言っていたと言う話は面白かったです。 視覚のみならず、触覚を稼動させて仕事を仕上げていたんですね。
あと、山口小夜子さんの姿を、この展覧会で超久々に拝見しました。


55075
[PR]
by sanaegogo | 2013-01-13 00:00 | art | Comments(0)


<< 内田ユキオ氏が語るPHOTOG... PHOTOGRAPHY @表参... >>