Ryan McGinley 「Reach Out, I'm Right Here」 @Tomio Koyama Gallery
e0168781_183369.jpg
ライアン・マッギンレー 展 
Reach Out, I’m Right Here 2012
2012年9月1日(土) - 9月29日(土)
小山登美夫ギャラリー東京 7F

今日までだったのですが、駆け込みで行って来ました。 そしてそして、今までに観た事も無い世界(写真)を観る事が出来た、と感じています。衝撃をもって。Set-upと Natural Situationの狭間と言うか、融合と言うか。今までとは全く違う感覚をもって、 しばしその"今までに観た事のない場所"で群れている、どうしてそこにいるのか、何所から来たのか、何所へ行くのかも解らない若者達。その数枚の写真は脈絡のない数枚の風景でありながら、まるでロードムービーのようで、不思議なその若者達があてどもない旅をしている、そのドキュメンタリーのようにも感じられ、自分の観ているその写真達の時間軸がこの世の中のどこに合っているかが解らないような、感覚を覚えました。





これは、説明しても観た人にしか解らない感覚のような気がします。 ライアン・マッギンレーの写真を観ていると、視覚から体が持っていかれてしまうように惹き込まれる感覚を味わう事が出来ます。ヒカリエの「animals」もよかったけれど、やっぱりこちらでした。
ライアン・マッギンレーの撮影手法はセットアップでありながら、自分が得たい状況を全て作為的に創り出すのではなく、被写体は放たれた彼の用意した至極幻想的な世界の中で自由に動き回り、マッギンレーはその中で決定的瞬間を狙っています。その世界の中で躍動し、感情を迸らせている若者が全て素っ裸、と言うのが非日常的で非現実的なエッセンスを多分に与えていますが、そこは確実に、この世の中に存在する「どこか」なのです。誰かが試みていてそうで、実は誰も出来なかったような情景を具現化できるのは、偏にマッギンレー天性の瞬発力と言うか、漠然と広がる視界の中から一瞬の昇華した瞬間にフレームを与えて1枚の写真として切り出す天性の俊敏性というか、そんなものを感じざるを得ません。その情景は、裸と言うともすればグロテスクになりがちな被写体にえも言われぬ美しさを与えています。その写真を観ると、今までに自分が使ったことのないような感覚を感じる部分が刺激されているような気さえします。その情景の美しさに、しばし茫然としたりします。



百聞は一見にしかず、と言うので、是非にとも言いたいのですが、残念ながら今日でお終い。最終日でしたが、ギャラリーで観る事ができて、嬉しかったです。2012年の「とびきり!」になろうかと思われます。 今日も小山登美夫ギャラリーは沢山の来場者で賑わっていましたよ。







52596
[PR]
by sanaegogo | 2012-09-29 00:00 | art | Comments(0)


<< 青山ブックセンターで写真集 展... "Animals&q... >>