林ナツミ展 「本日の浮遊」


林ナツミ展 「本日の浮遊」
会期:2012年6月16日(土)- 7月16日(月・祝) 7月29日(日)まで会期延長
会場:MEM (NADiff A/P/A/R/T 2F)

この前の週の木金曜日は仙台に出張だったので、『やばいっ!見逃すか?』と思っていたのですが、無事、滑り込みで最終日に観に行って来ました。楽しみにしていたので、スケジュールを遣り繰りした感にちょっぴり達成感を覚えたりして・・・・。(お手軽な達成感だな、こりゃ。) ワタシが訪れたその前日、28日の土曜日にはサイン会が行われていたとの事で、普段はあんんまりその手のものには触手は動かないのですが、ちらっと、それに行ってみようかな、とも思いつつ、やっぱり体が動きませんでした。 最終日と言うのに(だからか?)結構な人が観に来てました。話題なんですねー。
ワタシが出かけたこの日曜日も、制作者の林ナツミさんが会場に現れ、観に来ててそこに居合わせた人たちと(ワタシを含め)気さくにいろいろお話をしてくださいました。敢えて『制作者』と表したのは理由があって、最初の頃、ブログでプロジェクトを始めた頃、林さんは自分でオートシャッターで毎日の浮遊を撮影してたそうなのですが、段々エスカレート(笑)してきて、雑踏や人ごみで浮遊するようになり、それからは固定カメラのオートシャッターでは無理が出てきて、誰かシャッターを切る人が必要になったそうで、そこで登場したのが林ナツミさんがアシスタントを勤める写真家にして現代アーティストの原久路氏だったそうです。この日は原さんもおみえになっていて、原さんとも少しお話が出来ました。なので、敢えて『制作者』。これはまさにホンマタカシ語るところの『自分で撮らない』ってやつです。(← 感化されてるなー。)
展示されている作品の中にクロスビューを楽しめるものがひとつあって、これは2台のカメラで対称の位置からずらして撮った並べられた2枚の写真(見た目は殆ど同じ)の真ん中辺をぼーっと見てると写真の中の風景が浮かび上がってくると言うもの。ま、言わずと知れた3Dの原理なのですが、その見方を原さんは熱心に教えてくれました。専用の3Dのゴーグルみたいので調節しながら見ると、寄り目をしたり焦点をぼーっとさせたりせずにずばっと3Dで見えるのですが、それで見る林さんの浮遊っぷりは、まるで突然ぽっとその場に現れたようにも感じられ、とっても効果的でした。
撮影場面の選択のセンスの良さもさることながら、林さんご本人に『写真の素晴らしさもさることながら、このジャンプ力、スゴイですね。』と話しかけると、場はしばしそのハナシで持ちきりに。何でも力いっぱい跳べば、人間の眼では確認できなくてもカメラの眼ではこれくらい実は跳んでる事が露わになると言う事で、特に跳ぶためのトレーニングとかはしてないみたいでした。でもワイヤー芸のような角度で前に向っての跳躍は時に危険がいっぱいだそうで、前のめりでつんのめって顎から着地、何てこともあったそうです。前方が広々とした原っぱのようなところならいざ知らず、写真のような前が壁のところとか、驚いたのはお葬式の祭壇の前で浮遊した写真。『これって、イチカバチカ的な感じですよね。』『祭壇に突っ込んでおばあちゃんが出てきちゃうとか。』『おばあちゃん浮遊。』(爆笑)など、冗談も炸裂して。1/500のスピードが醸し出す、何とも不思議なヒトコマを楽しんで来ました。
アイディア、突飛な発想を形にする素晴らしさもさる事ながら、次々とSituationを変えて継続する事のその発想の持続性にも脱帽です。次々と新しい場面が頭に浮かんでくる、ご本人に聞いた訳ではないですが、きっとそんな感じで、それは乗っている状態、きっとポジティブな連鎖の真っ只中なんでしょうねーと察する事が出来ました。
林さんご自身も(師匠の原さんも)とても気さくでとっつき易い感じの方で、最近は作品を発表するアーティストと言っても、人柄的にイッちゃってるところがなく、感じの良い人が多いわ、とそんな事も思いました。 (ま、まだまだイッちゃってる感じの人も多いけどね。特に巨匠系に。) 表現者は人として会話で自分を表現できる事も、とっても大切、と、林さんのとっても感じの良い人柄に、そんな風に感じたりしました。
跳躍の最高到達点で、表情に力みを滲ませる事なく、重力に縛られて地上を移動する人たちの雑踏の中で浮遊する、着地の時を感じさせない『瞬間』だけど『持続』な感じ。たとえ写真の中にしろ、そんな瞬間を味わえるのはある意味至福なのではないかな、などと思ったりしました。林さんは今日も何所かで素敵な浮遊をしている事でしょう!

51691
[PR]
by sanaegogo | 2012-07-29 00:00 | art | Comments(0)


<< RRREECCONNSSSTR... 面影 omokage >>