100年記念写真展 ロベール・ドアノー


靉嘔展に出かけた日曜日は梯子をして恵比寿に移動し、写真美術館でロベール・ドアノーを観てきました。ワタシがモノクロの写真に憧れて、ぱらぱらと写真集を手にとって捲ったりとか、写真展に足を運ぶようになった頃に好きだった(今でもそれは変わりませんが)写真家の一人です。 ドアノー、ブラッサイ、ブレッソン、それらは多くの人にとっての「入り口」のような役割を果たしてきたのだと思います。

生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー
会場: 東京都写真美術館
会期: 2012年3月24日 ( 土 ) ~ 5月13日 ( 日 )

ドアノーも一度、大昔に写真展を観に行きましたが、その当時のワタシはとある写真家の撮った写真と言うよりは、作品=撮影者 みたいな見方をしていたと思います。なので、まとまった数のものを観るのは初めてで、ドアノーと言っても、かの「パリ市庁舎前のキス」と出てきてしまうのが正直なところです。今回改めてその足跡を辿りながら写真を観ていくと、「これもドアノーの写真だったのね。」とか、「こんな事もやっていた人なのね。」とか「こんな風に写真を撮っていた人だったのね。」とか、(自分にとって)新しい発見も沢山ありました。
ドアノーは、パリ郊外に生まれ、写真家となった後もパリ郊外に居を構えて、生涯フランスで過ごし、パリの、パリ郊外の数々の場面を写真に納めてきました。この当時の芸術家は大戦の後アメリカ生活を経験したりしている経歴の持ち主が多いのですが、ドアノーは一貫してパリを撮り続けていています。報道写真家としてだったり、レジスタンスと活動を共にしたり、ヴォーグ誌の専属カメラマンになった時は、社交界の虚栄に満ちた被写体を撮影するのが嫌で、夜な夜な社会の底辺近くで生活する人々を撮影して廻り、華やかな社交界とは対照的な世界に生きるパリの人々を生き生きと写しています。本人はかなり人見知りで内向的な性格の持ち主だったようですが、レジスタンスにしても、裏社会の人々にしても、そこに空気のように入り込み、カメラを意識していない様々な表情を抑えています。とは言え、全くのドキュメンタリー志向であった訳でもないらしく、「パリ市庁舎前のキス」は完全なセットアップだったと言う話です。しかしながら、ここではスナップだろうが、セットアップだろうが、あまりドアノーを語る上で重要な話題ではなく、ドアノーが紡ぎ取った、または、演出し作り出した日常の中のドラマのようなものがそこには見てとれる訳です。

ワタシがその大昔にドアノーを観に行って、とても印象に残っているのは、実は「パリ市庁舎前のキス」ではなく、「ノートルダムの怪獣」の1枚。 あまり多くの写真を観いていなかった当時の幼い私は、写真といえば、その場面を撮影者がどう見てるかを瞬間的に画に納めたもののように感じていたのだと思いますが、この「ノートルダムの怪獣」は寺院の屋根から見下ろしているパリの街並みがあり、タイトルになっている怪獣は画面の端っこに、それも後姿しか写っておらず、その写真は怪獣の見下ろしているその視線なのだ、と言うのにとても惹かれてしまったのだと、今では判ります。でも、その当時はそんな事を意識する事も出来ず、ただ漫然と「何だかこれ好き」と思っていたのでしょうね。
「国土整備庁の任務によるシリーズ」は最近の自分のトピックに准えて、とても関心を寄せました。 ひと気のない新興地をただただ記録しているそのカラーの写真は、まさに「ニューカラー」で、パリの人々や親交のあった著名人のポートレートなどとは対照的な印象です。ドアノーと言う人は色々と実験的に試みる人でもあった訳です。

≪ノートルダムの怪獣 1969年≫



ドアノーは『自分は内向的なので、人物を撮るにも正面から寄る事ができず、いつも遠巻きに撮影をしていた。 しかし、それが自分にとっては良い事だった。なぜなら、その事によって自分の写真には被写体の周りに空間が生まれて、その余白こそが自分が撮りたいものだったから。』と言うような言葉を残していますが、この言葉は印象的でした。 ドアノーの写真には確かに、彼の見つめる被写体を取り巻く空気感のようなものまで取り込んでいて、『対象物』だけではなく『場面』を鮮やかに描き出しています。

≪芸術橋の上のフォックステリア 1953年≫




49934
[PR]
by sanaegogo | 2012-04-30 00:00 | art | Comments(0)


<< GW 鎌倉の旅 靉嘔 ふたたび虹のかなたに >>