ここ一番のミーハー根性 [ハーブ&ドロシー]




早いもので、2011年ももう8月で、3分の2が過ぎようとしてます。ワタシは毎年、年賀状にて昨年のReviewと今年のResolutionを述べているのだけど、今年の年賀状には『数年後に振り返った時、この1年は後になって記憶に残る1年にしたい。』と書かせていただきました。
これからの、今後の、この先の自分が振り返ってみた時に、
『あぁ、あの頃は・・・・』と、
後になって忘れられない珠玉の一時期にしたいなー、などと思ったりしてます。

と。何となく、2010年をローラーコースターのように駆け抜けた感があったのですが、その感覚に比べると、今年は何かこう、スピード感がないというか、今、ここまでを振り返って、そんな感じもしています。そんな今年の夏は、秋の仕事に向けて、「猛烈」とは行かないまでも、「鋭意邁進」と言う言葉がぴったりのような気がしています。今年の秋のこの案件は、ワタシが現役社員としてばりばり(よれよれ?)と働き、少なからず受注に携わった最後の案件です。そこに再び立ち返って完成形を見届ける事が出来る事には、それなりの幸せと悦びを感じたりしています。
そんな理由もありつつも、もうひとつの理由としては、芸能人にはさして興味がないのですが、「文化人」とか「芸術家肌」とか呼ばれる人に極度にミーハーなワタシのこのミーハー根性を大いに満たしてくれる案件だ、と言う事があるのです。いつもは硬い政府や官公庁の仕事も多いこの業界ですが、今回のトピックはかなりどんぴしゃであって、公式Websiteも既に立ち上がっているので、案件名を言いたい~、と言うところですが、ま、私的なブログなので、それは避けておきます。映画「ハーブ&ドロシー」でインタビューを受けていたコンテンポラリーアート界の重要人物のあんな人、日本を代表する「世界の~」と言われる奇才(鬼才?)のあんな人、それに、今をときめくあの美術館を造ったり、各国のヴィエンナーレやトリエンナーレにインスタレーションを出品しているあんな人、などが一堂に会すのです。仕事でなけりゃ、サインでももらって一緒に写真を撮りたいくらいです。
今日は、その、かの「ハーブ&ドロシー」も彼が売れない頃からずっとコレクションしていたと言うあの方のRepresentativeの方との打合せです。テンションが上がります。何故か、『何か言わなきゃ。』と気負っています。ここは青山。多分このビルも世の中がミッドセンチュリーだった頃に立てられた素敵な建物。NYからやってきたそのRepresentativeが5階で待っています。自分の作品を記録した画像の質にはとても厳しいと言うので、機材の事とか、何でも即答できるよう、映像の担当者も連れてきました!
・・・・さて、実務的、事務的な打合せも済んで、色々と雑談な感じに座がなってきた時、Representativeの方が、『彼ももう80歳を越えているので、日本への長旅をして、講演をして廻って、たった3泊で帰るなんて、本当に元気ですよ。』と言ったので、その時、私はぴぴぴっと反応した。『え?もうそんな高齢でいらっしゃるのですか?では、数年前21_21にいらした時には70歳も半ばだったんですか。ホント、若々しくて精力的でいらっしゃいますね!』と。そして、続けざまに、『ワタシ、「ハーブ&ドロシー」も拝見しました。あの時、インタビューに答えていらっしゃった頃の風貌とそんなに変わっていらっしゃいませんね!』と。そして、ワタシは満足したのです。何だか遣り遂げた気がしました。「何か伝えなきゃ。仕事以外の事で、伝えなきゃ。」と、そう、あの気負いは漠然としたそんな思いから沸いて出てきていたのです。Representativeの方は、ちょっと微笑んで、「あ、観てくださったんですね。」と言ってくれました。
その事だけでも、少なくとも後になって忘れられないエピソードになり得るかも知れませんね。名刺交換もさせていただいたのですが、社用のじゃなくて私用のも渡しちゃいたいくらいでした。秋の本番の講演に向けて、気合を入れてコーディネートしちゃいます!
(写真はその会館の中庭ですが、うっすらと蔓延った水苔がとってもいい感じ・・・・。)

44080
[PR]
by sanaegogo | 2011-08-04 00:00 | art | Comments(4)
Commented by Angelagogo at 2011-08-20 18:59 x
え~っ!クリスト氏のこと?そんな年だったんだ?(違ってたらスマヌ)
ジャンヌさんは亡くなられたよね。
あと一ヶ月ちょっとなんだね。ラストスパートがんばれ!!

あ、コメント遅くなったけれど、アルゼンチン旅行記楽しませてもらいました。
まるで、自分も参加していたかのように。
いや、ほんっと、アルゼンチン行った気になった(爆
Commented by さなぁえ at 2011-08-21 02:56 x
>Angela
一生懸命ボカしてたのに、あらら、言っちゃったのね・・・・。
他にも沢山魅力的な方々がKeynote Speaker やGuest Lecturerとしていらっしゃるのよ。
でもそのワクワク感を社内で感じている人は多分、ワタシくらいなもんで、
残念ですねー。
惰性でなく取り組める事は、大変でも何となく楽しいものです。
Commented by Charko at 2011-08-30 10:26 x
久しぶりにお邪魔しました。たまりすぎてゆっくり読んでます。さっと目を通したときに、この上段の写真、すごい気に入りました。薄い色合いなのにピンクや濃い緑が映えていて、優しい感じでいいですね~。
Commented by さなぁえ at 2011-08-31 01:29 x
>Charkoさん
あは。 ありがとうございます。
ここのビルは、とってもボロ(古)いんだけど、隅々にいい感じの趣がある素敵な建物なんです。
うっかりしていると通り過ぎてしまいそうな、何気ない場所を発見した時は、
嬉しくて心躍るよねー。
またちょくちょく観に来て、感想聞かせてくださいねー。


<< イタリアンバル UOKIN アルゼンチン便り >>