LIFE LOMO 2011


三軒茶屋と言う街は、殆ど訪れた事がなかったんですが、とっても良い街ですね。住みやすそうだし、一戸建てのお家も、一戸一戸は小さいのだけど小さな庭先に植木やお花が丹精に植えてあって、コジンマリといい感じで住み成しているお家が多かったです。どうしてそんな事を言い出したかと言うと、T氏が出品しているグループ展に出かけて来て、三軒茶屋と若林の駅の間を住宅街を縫って、世田谷線沿いに行ったり来たりしていたからなのでした、線路沿いに直ぐ生活エリアがあったりして、お宅拝見などしてました。

LIFE展2011
ギャラリー世田谷233 http://233.jp
2011.1.8(sat) → 2011.1.30(sun)

2006年から始まったLOMOのユーザー達の作品によるグループ展です。それぞれのロモグラファーたちによって表現された『LIFE』です。T氏はお仕事仲間をコラージュしてましたが、彼のLIFE2010は大きく様変わりしたんじゃないかな。ポップな感じで仕上がっていて、面白かったです。(制作過程でかなり楽しんでたんであろう事は容易に想像でき、それもまた面白かったです。)
それにしても、Lomography、改めて思いますがなかなかホントにポテンシャルが高いですねー。何であのカメラであんなにブライトな色が出るのか、とっても不思議だったんだけど、このあいだその秘密を聞いたので、『私もやってみよーーーっ!』と思ってます。(今度、も一度教えてね。)
LIFE展2011 今月一杯やってます。 天気の良い日に三軒茶屋からお散歩がてら歩いてみるのもおススメです。勿論カメラを忘れないように。picturesque なプチ風景が楽しめますよー。

ギャラリー世田谷233にて。



ギャラリー世田谷233にて。



37887
[PR]
by sanaegogo | 2011-01-15 00:00 | art | Comments(2)
Commented by くみ at 2011-01-17 23:18 x
世田谷233でlife lomo展続けてやってるんですね。
実は、life lomo展は2007年に出展してました。
なんだか懐かしいです。
Commented by さなぁえ at 2011-01-18 00:01 x
>くみさん
くみさんもロモグラファーだったのですねっ!
この日レセプション(?)があったので、そこでオーナーの方とも少しだけお話してきました。
「これぞロモ!」って感じのから、「これがロモ?」って感じのまで様々でしたよ。
でも、カメラの性能やレンズの精度に左右されない、その人らしい表現が(と言うか画が)撮れるのは楽しいですよねー。

そうそう、(いつか言おうと思ってましたが)、くみさんの写真展のナチュラで撮った方の1枚に、バハマの国旗が映ってました。
日本でバハマの国旗を見たのは初めてに近いので、びっくりしました。
ご旅行でも行かれたのかな? 懐かしかったです。


<< 「チュニジアの夜」 ・・・果たして? 東京タワー >>