カレセン (枯れ専)


唐突ですが、数年前(?)『カレセン』なる言葉が一瞬流行りましたよねー。

カレセン(かれせん)-社会-2008年4月3日
漢字で書くと「枯れ専」。50~60歳の「枯れたオジサン」たちに惹かれる30代の女性をさす。いわゆる「ちょいワルオヤジ」ではなく、本当に枯れているオジサンが好きなのである。彼女たちが「枯れた男の魅力」として挙げるのが、「一人の時間をもてあまさない」、「路地裏が似合う」、「ビールは缶より瓶」、「ペットは犬より猫が好き」、「一人でふらりと寄れる行きつけの店がある」、「さりげなく物知り」、「金や女を深追いしない」、「人生を逆算したことがある」、「自分の年齢を受け入れている」などである。若いときは自分の世界に没頭して独身だったのが、老いて輝くのである。
(Yahoo!辞書より引用)

写真展でいただいたお花が枯れてきてしまったので、休日に『待ってました!』とばかりに愛機を取り出し・・・・・。
生き生きと咲き誇った花も綺麗なのですが、枯れてもなお色鮮やかで、妖艶なフォルムを醸し出す枯れ行く花を撮るのが好きです。花びらを捻らせて、役目を終えてしなだれる花冠は、どことなく自然体のようにも見えます。

お花の撮影では、断然『カレセン』なのかなー。









いかがでしたか?

36429
[PR]
by sanaegogo | 2010-11-23 00:00 | art | Comments(2)
Commented by おみ at 2010-11-25 12:07 x
こういう姿のお花もステキですね!
Commented by さなぁえ at 2010-11-26 00:05 x
>おみさん
「枯れてなお華」 こうありたいもんですねー。


<< 宇宙戦艦ヤマト談義 平成の大工事 2期工事始まる >>