ISO 100 に粉砕


この金曜日の日中のスケジュールはかなりタイトになるだろうなー、と漠然とは予想してましたが、予想通り、と言うか予想以上のもので、この日に上がって来るモノクロを撮りに抜け出す時間すらなく。先の状況を予測して先回りして予定を調整し、物事が計画通りに進むことに注力する性分であるワタシは、何となく、こうなる事を予測してはいました。でも、多分、翌日参加予定だったモノクロの暗室実習には参加出来そうにないなぁ、と。早めの措置を打つべく、夕方学校に電話をして『暗室の授業を2回とも、来期の受講に振り替えて欲しいんです。必要なものは全部持ってますが、肝心のネガが現像から受け取れなくって・・・・。』と懇願したところ、結論は直ぐに出せないと言うことだったんだけど、後日快諾をいただきました。
この秋のスケジュールでの山場の仕事で26日から10月2日まで出張に行きます。25日の暗室実習に出るために折角仕事の予定を調整したのに、ま、仕方ないですね。
25日、上がってきた写真を受け取りに行って、見てみると、このネガを持って暗室に行っても結局ダメだったかも、と思われる写真ばかりで、ワタシのワクワク感は無残にも飛び散りました。結果オーライ、です。やっぱISO100は難しいですね。ホルガでは太刀打ち出来ない感があります。次の実習の時までには、『とりあえず』のお座なりの乱れ撮りではなくて、学校のご厚意を無駄にしないよう、きちんと態勢を立て直して、落ち着いて実習に臨めるようにしたいな、と思いましたねー。(ちょっとはいいヤツ撮らないと・・・・。)
やっぱ早めの方針転換と切り替えは大切ですね。早めに潔く実習参加を諦める方向で動いて、結果、効を奏した感じです。



庭の信楽焼きの狸。モノクロで撮っただけで、ちょっと土門拳っぽい感じ?いやいやいや・・・、滅相もない。
しかし、密度のあるみっちりみちみちした感じの黒は、やっぱいいですね。

34901
[PR]
by sanaegogo | 2010-09-25 00:00 | art | Comments(0)


<< 写真展 東京(+) のお知らせ モノクロフィルムをホルガ135で >>