三人展 ― 写真・和紙・版画 ―


この3連休は、バタバタと駆け足で過ぎていきました。残暑がまだまだ厳しい中、プライベートや今携わっている仕事など準備しなければいけない事が山積で、平日は忙しく過ごしている今月、平日出来ないことを片付けようと東奔西走しておりました。
少し前に友人から展覧会のお知らせが。本日20日から始まると言うので、ご紹介をしたく。

難波 辰巳・カネコ ミユキ・門馬 達雄 三人展
― 写真・和紙・版画 ―
2010年9月20日(祝・月)~ 9月26日(日)
世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

カネコミユキさんはワタシの高校時代の友人で、(歳がバレるけどさ)オリーブ、シスター世代の我々は、茅ヶ崎から東横線に乗り、原宿、渋谷、代官山や自由が丘を目指し、時には六本木で始発を待ち、ま、そんな高校生時代を過ごしたもんです。トンプソン・ツインズをこよなく愛し、(あ、彼女はデュラン・デュラン派だったかしら)、文化祭でのクラスの出し物は("クラブ"じゃなくて)ディスコ。好きな曲をかけ捲くった、なんて事も思い出されます。懐かしき良き80年代、です。
どっちかと言うとポップな感じを好んでいたと思っていたのに、美大に進んで和の世界を表現するようになるとはちょっと意外でした。毎年和紙で作った素敵な年賀状をいただきます。ワタシが写真を旅行やイベントのスナップではなく、日常茶飯事的に撮るようになって、『いつか作品展に出品してみたいなー。』なんて事をつぶやいた時に、『そんなの、やろうと思ったら簡単だよー。』とあっさり言っていたのがとても印象に残ってます。流石だなぁ、と感心したもんです。昨年までワタシが横浜に住んでいる間も住民票は移してなかったので、『茅ヶ崎市民なら、茅ヶ崎市の美術館とかでスペース申し込んでみたら?』などと教えてくれたりしました。
ま、そんなこんなですが、実は彼女のきちんとした作品は拝見したことがなく、今度の休みの日にでも顔出せたら・・・・、と思っちょります。関心のある方は是非。



写真は以前撮ってスルーしてた水仙。「和」っぽい写真で、まだ載っけてないヤツの中から見繕ってみはしましたが・・・・。きっと違うんだと思う・・・・。 枯れた(枯れかかった)花。ワタシにとって、とても魅力的です。

34549
[PR]
by sanaegogo | 2010-09-20 00:00 | art | Comments(2)
Commented by カネコ at 2010-09-22 22:20 x
一番はDURANDURANのジョンだけど、トンプソンツインズも行ったわよ~。ども、お久しぶり!お知らせしてくださってありがとう!写真好きなら難波氏の写真はきっと感動すると思うから是非お待ちしてます。また近々ゆっくり呑もうね!
Commented by さなぁえ at 2010-09-23 02:24 x
>カネコー
感激です! 「ブログに乗せたよー」とメールでお知らせしようと思ってたのに、先に見つけてくれたのね!
時々見に来てくれているのかしら・・・・・。
相変わらず、精力的にやってますね。 毎年かしら?
難波氏の写真、是非拝見したいと思います。


<< モノクロフィルムをホルガ135で 『麗しき女性たち』 マルティー... >>