梅佳代写真展「ウメップ」


表参道を歩いていて、それでもこの日は少しは涼しかったんだけど、ちょっと冷房の中で涼もうと思い表参道ヒルズに入ったら、地下3階のギャラリー・オーで梅佳代さんの写真展をやってて、ちょっと覗いて来ました。梅佳代さん、その作風は自分の憧れているものではないのですが、思わず眼が行ってしまう写真の典型と言うか、代表格と言うか、そこいら辺にいるような、何と言うこともない人々の表情をイキイキと捉えてるその写真たちは、作り込んで撮られている訳ではないのに力と言うか活力と言うか、そんなものを大いに感じさせてくれます。偏にこれは、梅さんの人柄によるものが大きいのだと思うけど、カメラの前で構えることなく自然にその姿をさらす町のおばちゃんや子供たち。カメラがコミュニケーションツールのひとつになっているデジカメ世代の土門拳、ってところでしょうか。(ちょっと誉めすぎ?)写真の中でカメラ目線満載であったり失笑風景をさらけ出す普通の人々、レンズの向こうからそれを見る人と真っ直ぐに向き合っていて、その弾けた一瞬を導き出す梅さんの行動力とコミュニケーション能力みたいなものに乗っかって、真っ直ぐにこちらに向ってきます。素人が撮ったような普通の写真。でもインパクトが違う。う~ん、不思議です。大概はオートで標準レンズで撮ってるんですって。これぞある意味「力技」なんだと思います。ただのスナップと「彼女の作品」の曖昧なようでくっきりとした境界線。それを自然に飛び越えたんでしょうねー。
写真展は昨日から始まっているようで、遅筆な私にしては珍しく会期はまだたっぷりあります。
梅佳代写真展「ウメップ」 シャッターチャンス祭り in うめかよひるず
Umep : Shutter Chance Festival in UMEKAYO HILLS

22日(日)までやってます。

33382
[PR]
by sanaegogo | 2010-08-08 00:00 | art | Comments(0)


<< 明媚 茜空の富士山 納涼 花火大会 於 茅ヶ崎 >>