四谷見附の桜 満開


月曜日は冷たい冷たい雨が降っていて、週が明けたら四谷見附(上智大学の横のお堀)の桜を撮りに行こうと思っていたのに、気持ちが焦る。『またこの風で散っちゃうよー。』と。月曜日は諦め、とてもよいお天気になった本日、「青い空と桜」を狙いに行って来ました。毎日毎日本当に天気が目まぐるしく変わる。4月っていつもこんなんだっけか?



ここ四谷見附の桜もなかなか絶景で、付近の会社員や新入学や新勧に繰り出した学生たちも朝な昼な(夕な)に桜を楽しみにやってくる。お決まりのブルーシートも四谷・麹町・赤坂と言う土地柄か、何故か酒まみれのぐっちゃとした感じがなくて、いたってきちんとしている感じ。実際に夜に花見をしている人を見たことはないけど、ビール・日本酒の一気飲みと言うよりは、ビールが済んだらワイン片手に・・・・、なんて雰囲気な感じが想像できるから面白い。そう、花見の名所は色々あるけど、訪れる人々(客層)はその土地土地によってずいぶん違うもんだ。昨年千鳥が淵に行ったときは、休日(土曜日)だったこともあるけど、かなり年齢層の高いご夫婦や初老の主婦団体とかが沢山来ていた。横浜の山手公園とかはカップルかガイジンさん。隅田川には大砲のようなレンズを付けたカメラマニアが川岸に三脚をずらっと並べていたりする。ここ四谷の昼時は、みなそこら辺で買ってきたランチボックスを思い思いの場所で食べながら、きっと、『あぁ、今ビールが呑みたい・・・・』などと思いながら桜を楽しんでいました。












土手の下のこの位置からだとちょっと逆光気味かな。桜の色、イマイチ。





あ・・・・っ。 前言撤回。 いいちこ、JINROが見えますね。 焼酎、なんですね。 ここも・・・・。





29823
[PR]
by sanaegogo | 2010-04-06 00:00 | traveling in Japan | Comments(0)


<< モノポール(monopole) カラー (calla) >>