竹下通り~裏原宿 撮影日和
春の日差しに誘われて・・・・・、と言う訳でもないが、原宿に撮影に行ってきました。しかも竹下通り。中野愛子さんと言うフォトグラファーが、裏原宿のデザインフェスタで何回かにわたってセミナーをするそうなのですが、その営業と言うか、生徒さん募集と言うか、無料で行われたワークショップに参加してきました。(中野愛子さんについては、こちらです。http://www.wormwheel.com/gallerysyrup/ ) 正直に言うと『タダ』と言うこともあり、お題やテーマを与えられて撮影するのもなかなか楽しいもので、そんなこんなで出かけてきました。竹下通りの事務所に集合して、簡単にその日の流れとかの説明を受けて、『原宿らしい写真を撮ってきてくださいね~!』と送り出され、1時間半ほど原宿の街をうろっとしてきました。と言っても、休日の竹下通りは私には肉体的にも精神的にもあまりにもハードなので、裏原宿に逃れ、『ここは銀座でも中目黒でも恵比寿でもないのだ。』『原宿らしいのを撮ろう・・・・。』と裏原あたりをウロつくどこかcheapな人々を撮ってまいりました。

かくして、気持ちの良い初春の日差しの中、事務所に戻って講評会となりましたが、その時の写真をいくつか・・・・・。



中野さんに結構食ついていただいた1枚です。思ったより自然光が強く、かなり飛んでしまった1枚ですが、画面に寄ったり引いたりしながら、まじまじとみていただいた気がします。それまで何人かの講評が終わっていたのですが、皆さん“きちんと”写真を撮っていて、こんなに大々的にミスった写真が出たのは多分これが初めてで、そんなところに引っかかってもらえたのかも知れないです。
他の参加者へは、写真1枚1枚を観て感想や印象を一言添えていた中野さんでしたが、私には、『さなぁえさん、今までどの位写真伸ばしたことがありますか?』『え?A4が最大です・・・。』『大きく伸ばすのにいい写真ですね!とてもいいと思います。適してます。』『ポスターくらい・・・・、えっと、この壁くらいおっきく・・・。』って壁って、いくら何でも、と思いはしたが、写真の細かな1枚1枚のとってつけたような(ごめんなさい)講評よりは、何だか悪い気はしなかったな。ただ、何がどうしてそう思ったのか、詳しいところを説明してもらえなかったのが、ちょっと心残り。撮る人の志向もあるし、観る人の趣味もある。きっとそんなところで彼女のテイストと合ったんでしょう。心からそう言ってもらえたのかも知れない、と思った理由のひとつが、『プロラボに行って大きく出力してみては?』と具体的なラボ名とその所在地を教えていただいたこと。折しも“Web上よりもやっぱりハードプリント”と関心を寄せ始めていたところだったので、これは正直励みになりました。そんな裏原宿の人々です。













29238
[PR]
by sanaegogo | 2010-03-20 00:00 | art | Comments(6)
Commented by Y男 at 2010-03-25 05:36 x
う、う、う、う、う、ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー。
さなぁえさん、なんかプロっぽいっす!
かっこいいっす!
私は、土曜日に自分の旅行写真をスライドショーみたいな形で外国人にお見せしたところ、なかなかよかったようで、褒めてくれましたぁ。
一人映像アーティストがいて、その人は「まことに自分勝手な写真だ」、、、と。いいんだかわるいんだか、、、
でも写真はみんなに見てもらうことが、自分にとってはいいなと思っただけ、非常にいい経験ができました。

桜、期待してます!
Commented by Frida at 2010-03-25 09:13 x
確かに1枚目は異色に見えるかも。すごく味がありますねー。
(いや、他がないっつうわけではないんですけどもが。)
フィルムっぽい、というか…。

さなぁえさん、フィルムに手を出す気はないんですか?
いや、写ルンデスじゃなくて。(笑)
Commented by さなぁえ at 2010-03-26 01:59 x
>Y男くん
原宿はやっぱり文化が違うねーー。 弾けてましたよ。
写真にしても、絵にしても、音楽にしても、何にしても、やっぱ、何かを形にして顕すのは楽しいです。

そろそろ桜が咲きますよ!
今年もまた、撮ってしまうんだろう、と思います・・・・・。 そして各ブログもいっせいにサクラネタに・・・・。 日本人がざわつく季節です。
昨年の桜は千鳥ヶ淵。 こちらからどうぞ!
"H"ttp://pixta.jp/@lapislazuli/works/3097
(先頭のHを小文字に変えて、アドレスバーからどーぞー。)
Commented by さなぁえ at 2010-03-26 02:05 x
>Frida
"失敗を失敗と思わない、強い心を持とうっ!"(爆)
もうひとつ、「1枚だけでは駄目駄目な写真でも、流れの中に入れると、思わぬ味を出すもんです。」と言うのも、参考になりました。

フィルムはねー、昔フィルムのコンパクトで取ってた頃買いだめていたのが沢山あるので、(ちなみにペンタックスよ!)、それを消費すべく、先日ホルガを買ってしまいました・・・・。
Commented by A.N. at 2010-03-29 18:10 x
先日はWSへの御参加を有難うございました。

> 先日の講評会で、「さなぁえさんの写真は大きくのばしたらきっといいよ」とコメントしていただいて、とても嬉しく思いました。(あ、ポジティブに捕らえてます。)
褒め言葉です!

> 写真としてはだめなものばかりだったと思うのですが、
逆!逆です!! 写真として良いものが一杯あって、ビックリしました!

> 今は偶然に頼りつつ勢いだけで撮っている感じです。
確かに今はセンスが撮らせている感じですよね。
まず、御自分のセンスを自覚して下さい!
その上で、偶然を必然にする力を付けて、勢いはそのママに御自分のセンスを活かすことが出来れば、もっと強い写真が撮れると思います。

> 何故大きく伸ばすのに合ってる写真だと思ったのか、やっぱり知りたくなってきました。
それもお話ししましたが、大きくすべきな写真なんです。
大きくした時にその良さが全開になるような作風だと思います。
逆に小さくてはその良さが伝わらない作風だとも思います。
どんな大きさで見せるかを悩むのも写真の面白いところですよね。
Commented by さなぁえ at 2010-04-01 00:04 x
>A.N.さま
ありがとうございます。
「もっと強い写真」心に響きますね。
今はまだ「作風」なんて何もない状態ですが、A.N.さんがおっしゃっていた、『写真にはそれぞれのものの視点が顕れる』、そんなところに面白味を覚えながら、続けていこうと思ってます。
またお会いできるといいですね。


<< MOMAT サイバーアーツジャ... 卒業シーズン >>