テーマは 「気配(けはい)」


≪2009 December Yokohama≫


昨年に続き、west_riverさんからお葉書をいただいて、ピンターズ・フォトクラブの写真展に行ってきました。今回のテーマは『気配(けはい)』。とてもソソラレる響きだと思います。グループの皆さんは毎回お題を与えられて、テーマに合わせて撮りおろしたり今までの作品の中から「これだ!」と感じたものを出展するそうですが、出展する側だとしても、観に行く側でも、どちらだとしても、とてもソソラレるテーマだと思います。なので、『どんな写真が観られるのか。』と言うのと同時に『自分だったらどんなのを出すのかな。』などと。『気配(けはい)』・・・・・。う~ん、いいですねぇ。
被写体の醸し出す気配、フレームの中に潜む目には見えないものの気配、写真に顕れる撮る人の気配、いろいろな表現の気配がありましたが、さて、west_riverさんはどんなのを出しているのかな、と思ってたけど、やはりやはり、期待を裏切りませんでした。私どもはwest_riverさんの事を勝手に『影のwest_river』と呼んでいて、巧みに影を捕らえるのに技と感性を感じるのですが、この日出展されていた写真も“殺した気配を影が語る”、と言ったようなwest_riverさんらしい写真でした。“街に出ると私は消える”とキャプションで語っていたのも印象的でした。写真はwest_riverさんを倣って写した1枚。気配、感じられるでしょうか。



案内葉書に使われていた写真。上田親男さんの≪まなざし≫と言う作品。(だったと思いますが、メモを取ってこなかったので。違っていたら大変失礼いたしました。) 葉書をいただいた時、無垢なのにまるで何かを見透かしているようなその視線に、心奪われました。

27305
[PR]
by sanaegogo | 2010-01-23 00:00 | art | Comments(2)
Commented by nack at 2010-01-26 22:46 x
私も、その日の16:00くらいに行きましたよ!
west_river氏も、会場に戻られたタイミングでした。
さなぁえさんにも会えると思ったのに、惜しかった^^

※その前には、東京都写美にいって伊兵衛&ブレッソンを見てきました。

写真、おもしろいですね。
同じところを私も撮りました。
ちなみに、west_river氏は長年狙っていたポイントとのことで、さすがの1枚を撮ってました。
みんなのを比較すると、おもしろいかも。
Commented by さなぁえ at 2010-01-27 02:00 x
>nackさん
入れ違いでお会いできませんでしたね。
しかし、皆さん、(こう言っちゃあ失礼なのかも知れないけど)、シニアなのに感覚がお若いですね、ホント。
「気配」と言うのをテーマに持ってくるところ自体、そう思いました。
だけどやっぱり、歳を重ねたしっとりさがどの写真にも顕れていたような気がします。
そう言う意味では、west_riverさんのは、写真自体も感性がお若いと思いました。
「さすがの1枚」是非今度拝見したいです。


<< Dr. パルナサスの鏡 ―Th... 年明け1発目の授業 >>