昼間の月


昼間に昇った月。あまり考えた事はなかったけど、月はいったい何時頃から見えるものなのでしょうか。 2週間くらい前の月ですが、これは2009年の月。たった2週間でも去年の月です。(そう言う意味では毎日違う月ですが。)太陽は毎日同じ太陽だけど、月は毎日変化してるんですよね。神秘的です。
上海転勤から帰国して福岡に戻ってきた友人が、年末年始のお休みを利用してこちらに帰省するというので、年末に再会の会に出掛ける時の月です。
新橋のお店を予約したので、その前に銀座にある CHANEL NEXUS HALL で開催されている PHILIPPE MARINIG (フィリップ・マリング) の写真展に寄ってから出掛けよう、と思い早めに家を出て有楽町に行きました。写真展は、『動物王国の広大な庭を巡る知覚の旅となるでしょう。音や照明、色を駆使した展示空間では、写真家自身のアフリカでの体験が表現されるだけでなく、訪れる人を異空間へと導いてくれます。』との事だったので、“音や照明、色を駆使した展示空間”と言うのに惹かれ、シャネルの前まで行ってみたのはいいものの、NEXUS HALL らしきものに上がっていく階段と言うかドアと言うかが発見できず、煌びやかなシャネルの前を何度かうろうろするも、『まさか一度店内に入らないといけないのかも。』とビビる私。資生堂ギャラリーのような構造になっている(つまり、専用の入り口が脇のほうにある)のかと思っていたので、正面からセキュリティーのドアマンのいるようなお店に入っていくのももの凄い気が惹けて、『やめた。』と少しだけ銀座をうろっとして新橋に向かうことにしてしまった。『NEXUSとは結びつきと言う意味で、皆様に、アートとの出会い、そして人々との出会いがありますように。』とHPでは謳っているが、とても結びつきにくい、排他的なアクセスのような気がしました。せめてお店の正面に『写真展 4階で開催中』みたいなサインくらい出しておいたらいいと思います。(HPをチェックしたら、年末見たときは年末までで終わりになってましたが、会期が1月31日まで延びてました。今度はそのような心構えで、時間があったら行ってみて、その“音や照明、色を駆使した展示空間”を体感したいです。

この日待ち合わせしたのは、炭DINING 快 と言うお店で、同じく新橋にYUKINO と言う時々行くとても感じがよく美味しいお店の姉妹店にです。ほの暗いコジンマリとした店内で、カウンターとかでくつろいだ感じで、お料理もYUKINO同様、美味しかったです。写真は撮らなかったので、メニューだけでもご紹介を。

しらこポン酢

豚トロのネギ胡椒焼き

たらこの燻製 クリームチーズ添え

下仁田葱の炙り焼き

殻付き空豆の炙り

今日のおすすめプリン

ビールとワインで、すっきりとした内容でした。また今度、誰かを誘って行ってみようっかな。

26704
[PR]
by sanaegogo | 2010-01-07 00:00 | お店@新橋 汐留 | Comments(4)
Commented by nack at 2010-01-08 23:25 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします^^

NEXUS HALLは 、マグナムの写真展で行きましたよ。
シャネルの店の奥だったか、2Fだかのエレベータで行くんですよね。
いつものでかいカメラバッグを肩に、入ってきましたともっっ(笑)
Commented by さなぁえ at 2010-01-09 01:35 x
>nackさん
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

そうですか・・・・。 入りましたか。
表参道のブルガリは平気で入るけど、銀座のシャネルは気が進まない。
この微妙なキャラ感の違い、解かります? ホント、微妙な感覚です。
1月中旬から、西川さんのピンターズのグループ展がまたあるので、その時にでも改めて行ってみようと思います・・・・・。
Commented by Y男 at 2010-01-10 01:59 x
白子ポン酢、、、食いてぇ~す
Commented by さなぁえ at 2010-01-10 02:47 x
>Y男くん
そちらには白子はないのーーー? あるよー、きっと。 Let's お買い物!
どうしても無い場合は、白くてふっくら、ぷよぷよした食材を見ながら想像して満足する、と言うのはいかがでしょうか。
それって、何?


<< 木村伊兵衛とアンリ・カルティエ... カイとお庭で・・・・。 >>