Over the Rainbow ― 8月31日の虹


今頃、虹の橋を渡っているのかな・・・・。

台風一過のこの日、快晴、とはいかなかったけれど、神奈川県の風雨もだいぶ峠を越して、風も収まってきてました。ふと外を見ると例の団地の壁が、何とも言えない不思議な桃色のような、橙色のような色で染まっていたのを見て、ドラマチックな空の変わりようを期待して、庭に飛び出した。すると空には大きな虹が・・・・。大急ぎで2階の自室に駆け上がりイチデジを手に取るやいなや、再び庭へ。雲が流れて、不規則な雨とも言えない雨粒がぼたぼたと落ちてきてしまっていたけど、消えてしまう寸前の虹を捕まえました。もっともっとくっきりと出ていたんだけど、ほんの少しの時間だったんですね。カメラを片手に庭に戻ると庭続きの隣家に住んでいる伯母が興奮気味で、『虹があんまり綺麗なので、一人で見ているのはもったいなくて、知らせに来た』と。母と3人で消えていく虹を雨粒にぽちぽちと打たれながら、しばし見とれていました。5月の大きな虹は、仕事をしていたので自分では撮れなかったんだけど、今度は辛うじて、です。でも、少しばかり雲が切れて青みが差した空にもっともっとくっきりとした虹だったんです。

23751
[PR]
by sanaegogo | 2009-08-31 00:00 | art | Comments(0)


<< Baru恵比寿にて集う 柳 >>