Abercrombie & Fitch/Bruce Weber


本棚を整理していたら、『おやっ!?』っと思うような懐かしいものが出てきた。Abercrombie & Fitchのカタログ、である。ここには全部で6冊。最近ではメルマガが届くのみでめっきりカタログの送付はなかったので、久々に手に取った感じ。最後に送られてきたのが多分、2007年かな。それ以降はメルマガのみの情報提供となり、ずっと前に絶版になった2003年あたりのカタログがコレクターの間でオークション取引されているのを見かけた事がある。(ここにあるのは全然プレミアではないけど。)
ワタシの家にアバクロのカタログが送られてくるようになったのは、多分、1900年代半ば以降、96年とか97年とかかな。経緯は、ナッソーに住んでいた当時、マイアミに買出しに行くと必ずビクトリアシークレトという妖しい下着屋で下着を購入していた。色が綺麗で比較的丈夫。そして当時華奢だったワタシのサイズに合う下着としてたいへん重宝してた。日本に帰ってきても、今ほど若者が細身ではなかったので、買うことが出来る歳相応の下着がなく、どうして電話番号を手に入れたのか、ビクトリアシークレットの電話注文センターみたいなところにカタログを請求し、国際電話して購入してた。するとすると個人情報が業者間でやり取りされたのか、BANANA REPUBLICを始め、LL Bean、Eddie Bauerなど色んなショップからカタログが送られてくるようになった。その中のひとつがアバクロだったのだ。ただ、その頃は(今もですが)バナリパが好きで、実際に購入するようになったのは、だいぶ後になってから。そんな風にどしどし送られてくる海外のカタログの中でも、アバクロのヴィンテージっぽい写真の感じが気に入って、当時の中綴じの簡素なカタログは茅ヶ崎の部屋のどこかに仕舞いこんである、と思う。(それが今出てきたら凄いね。)



思えば、写真は、ブルース・ウェーバーだったよね。これらの写真がそうなのか、ウェーバーっぽいテイストで他の人によって撮影されているものなのかは、不明。(もうやってないと言うハナシもあるし、過去に撮影したウェーバーのを使っているのかもしれないし。) クレジットを探してみたけれど、それらしき表記はなし。(とは言え、ウェーバーが撮ったものにせよ、そうでないにせよ、このアバクロのカタログの写真は好きなのだ。表紙だけでなく、中も写真満載です。) ブルース・ウェーバーの写真、好きである。(エロいとか、ゲイ丸出しとか言う意見もあるけど)、ちょっとノスタルジックでもあり、まだ若くて青いアメリカの群像が鮮やかに切り取られている。眩しそうな表情で見つめるウェーバーの写真の中の人物は、はにかんだような様子がありつつも真っ直ぐに自己顕示している。(若かりし頃のマット・ディロンや今は亡きリバー・フェニックス、鮮烈でしたねぇ。) 2005年に来日して個展も開かれたけど、多忙につき行くことが出来なかったのはとても残念だった。

話は戻るけど、アバクロ、今年(2009年)中にはいよいよ日本に進出、と言うもっぱらの噂。過去に1回ポシャッた事もあるし、景気も悪いので、ぱったり進捗を聞かないですが。Gapしかり、バナリパしかり、何でもかんでも日本に進出してしまうのは、残念な感じですが。しかし、体型的にはなかなか無理のある感じになってきたので、購入機会も減るのかなー。

22765
[PR]
by sanaegogo | 2009-07-15 00:00 | art | Comments(6)
Commented by powermom at 2009-07-18 15:20
Bruce Weber が監督した映画でね、彼の愛犬にあてた手紙形式のがあるんです。「A Letter to True」。ストーリーがなくて音と映像がとてもいいので家事するときとかに流しっぱなしにしてると、気分よくできるの。
あとね、一昨年の夏アバクロNY店に行ったときね、店の前で素人モデルの男の子が日替わりで立ってて一緒に写真を撮らせてくれるんだけど、力が一緒に撮ってもらった写真もあるよ。店員も可愛い子ばかりでした。
さなえちゃんのPCメアドを教えて。店ブログ私にしか見えないように入れておいてもらえたら写真送るよ。
あ、あとね、Bruce Weber が監督したChet Baker の映画があるんだけど、昔NYにいたときに映画館でみたことあって、また見たいんだけど借りようとしてもどこにもないわけぇ・・・
Commented by さなぁえ at 2009-07-19 23:55 x
>powermom こと、mayumiさま
2005年の個展の時に、「A Letter to True」の上映もやってましたよー。
ワタシは行けなかったので、個展の詳細はわかんないんだけど、その時は『愛犬家』としての彼がクローズアップされていたようでした。
(Tureは、ゴールデン。そう言えば、貴家のMs. Girlyもゴールデンの血が入ってましたよね。お茶目でとても人懐っこかったけど、元気にしてますか?)
Filmも是非、観てみたいなぁ・・・・。
そうそう、Filmと言えば、Chet Baker のやつは、Let's Get Lost でしたよね。
Chet Baker の『Sings』ってアルバム、聴きました? 全曲彼が囁きvoiceで唄っていて、大好きな1枚です。 そして、切ない・・・・。
あーー、mayumiさんといろんな話、会ってしたいなぁ。
Commented by イシザカ at 2009-07-20 02:28 x
アバクロ大好きです。今年の冬に銀座第一号店が
出来るという事で、きっと行列になるに違いないと
思います。本当に楽しみです。

ホリスター、ルールなど、今までネットしか
買えなかったものが、日本に進出してくるんでしょうね。
Commented by Angela at 2009-07-20 04:48 x
ゴールデン呼んだ?
当時よく目にしていた写真の数々がWeberとは知らずに、
True目的で個展に行きました(笑
ゴールデンに囲まれてあんな生活をしたいと思ったよ。

さなぁえ、アバクロが似合う体系だよね~。維持よ!維持!
Commented by さなぁえ at 2009-07-21 01:31 x
>イシザカさん
も、アバクロ好きでしたか。 ワタシはどーも、メンズのアバクロの方が自分の好みらしく、
殿方がヴィンテージっぽく着てると羨ましくなってしまいます。
銀座進出は決まりなのですね。
嬉しいような、残念なような気もします。
銀座店にもオーディションした素人モデルの男の子がドアマン、やるのかしら?
Commented by さなぁえ at 2009-07-21 01:36 x
>Angela
も、とうとうゴールデンが降りてきちゃったのね!(爆)
trueのfilm、ワタシも観たかったわぁ。
そうそう、お土産に買ってきてくれたうちわ、まだ大切にとってあるわよん。
庵も海の畔の田舎に移住計画、いかが?


<< 茅ヶ崎のソウル 浜降祭 前夜! エドワード・ホッパー風 >>